FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


さてさて本日の夕方の首都圏の突然の雷と豪雨には驚かされましたね。
昼過ぎまであんなに天気が良くて、死ぬほど暑かったのに、
夕方過ぎから突如空が真っ暗になり、雷がかなり鳴っていましたね。
うちの会社と駐車場は大体3分程度の距離があるのですけど、
車から降りて会社に向かうわずか3分程度の間に豪雨にあってしまい、
一瞬の内に服がずぶ濡れになってしまいました・・・
何か昔似たような経験をしたなと思っていたら、
高校時代、私は片道約12キロの道を毎日毎日自転車通学していたのですけど、
確か夏が終わりかけのある日、
突然黒い雲が空を多い、次の瞬間に雷が轟きはじめ、同時にすさまじい豪雨となり、
雷とすさまじい豪雨の中、無我夢中でペダルをこいで家路を急いだ古い記憶が何か唐突に
蘇ってきました・・・
やはり人間は「過去の似たような経験」をする事で、遠い過去の記憶を蘇らすものなのですね。

そうそう、本日もそうでしたけど、高校時代のあの雷雨の際も
何かやたら頭の中のBGMで脳の中を駆け回ったのが
グローフェ/組曲「グランド・キャニオン」~Ⅴ.豪雨でした。

組曲「グランド・キャニオン」は言うまでもなく作曲者のグローフェが
「グランド・キャニオン」という自然の偉観に感動し心を奪われ、作曲されたものです。
何となくイメージとしては、
R.シュトラウスの「アルプス交響曲」と雰囲気が似ていなくもないのですけど、
「アルプス交響曲」の場合、構成が精密で複雑で、
単なる描写曲の域にとどまらず、
ある部分を音楽で描写する事で、その後のイメージ・感じ方を聴き手に委ねるという感じも
するのですけど、
グローフェの場合、R.シュトラウスのような「面倒くささ・理屈っぽさ」は全く皆無で
「とにかく目の前の光景をそのまんま音にしたので、皆さんはそれを理屈無しに楽しんでください」という
感じが濃厚です。
曲自体難しい表現は皆無ですので、
音楽自体を何も考えないで「娯楽的」に楽しんで貰えればそれで全然OKという
感じの曲だと思います。

グローフェというと思い出すのは、以前も少し触れた事があると思いますが
むかーし日テレで放映されていた「アメリカ横断ウルトラクイズ」ですよね。
あの番組のテーマ曲は、
実はグローフェの「ミシシッピー組曲」のⅡ.ハックルベリーフィンとⅣ.マナディ・グラなのですよね。
何かこのミシシッピー組曲もグランド・キャニオンも「古き良き時代のアメリカ」という香りもしますね。

私自身、この曲を知るきっかけは
またまた吹奏楽なのですけど、
1982年の仙台第一高校の吹奏楽コンクールの自由曲でしたね。
最初に聴いたのは仙台市内予選大会だったのですけど、あの時の一高の演奏は大変素晴らしく
感銘度が高いもので、
ま、確かに吹奏楽部同士では敵対関係にあったものの、
「敵ながらあっぱれ・・・」という感じのものでした。
ちなみに一高は、この年全国大会に初出場を遂げています。

この組曲は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.日の出

Ⅱ.赤い砂漠

Ⅲ.山道を行く

Ⅳ.日没

Ⅴ.豪雨

Ⅰの日の出は、いきなり「圧巻」ですね・・・
曲のラストにかけて金管セクションがグイグイと追い込みをかけてきます。
Ⅲは一番有名な箇所ですね。
ロバがひょこひょこ歩くさまが見事に表現されています。
Ⅲの冒頭のヴァイオリンソロも中々お見事です。
Ⅲの再現部間際に、チェレスタによるカデンツァもありますけど、この部分も中々美しいものがあります。
また、パスクラリネットとしては珍しいソロがあったりもします。
Ⅳはひたすら美しい曲ですね。
美しいけどすごい通俗的な感じがして、俗っぽい香りがぷんぷんするのですけど、
20世紀にこうした単純明快な美しい曲がある事自体何か「奇跡」だと思います。
Ⅴの「豪雨」は出だしは静かに開始されるのですが、
徐々に不安が広まり、ピアノがその不安を更に加速させていきます。
特に「ウインドマシーン」による効果は抜群ですね。
ラストは感動的にコラールが鳴り響き、印象的に豪快に閉じられます。

ホント、分かりやすい曲です。

この曲をCDで聴く場合、お勧めしたいのは、誰が何と言っても
ドラティ指揮/デトロイト交響楽団ですね。
音楽の構成美も迫力も申し分ないと思います。
この楽しい組曲は意外と生の演奏会で演奏される頻度は少なく、今まで一度しか聴いたことがありません。
だけどその唯一の経験である1994年の小泉和裕指揮/都響はホント聴いていてわくわくさせてくれる演奏であり
とても良かったです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

夕立ちのテーマ

突然の豪雨、災難でしたね。

最近は、暗くなってきたと思ったらすぐに降り出しますもんね。それも尋常じゃない降り方で。

そういう時に私の頭の中でエンドレスリピートされるのは、ヴィヴァルディの「四季」の「夏」です。
ベタといえばベタです、ね。

Re: 夕立ちのテーマ

ゴーヤーサンド 様

コメントありがとうございます。
それにしても本日も暑かったですね・・・こういう日こそ「夕立ち」が欲しかったのですけど
残念ながら降らず、今晩は「蒸し暑い夜」になりそうですね・・
ヴィヴァルディーの四季/夏は、確かにそうしたイメージはありますね。
四季というと「春」が定番ですけど、「夏」も中々魅力的な曲ですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1395-874776c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |