fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
34位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


今度の日曜日の「プリキュア10周年おめでとうメッセージ」は
キュアビートのようですね。
まだ「おめでとうメッセージ」に未登場の歴代プリキュア達も少なくなってきました。
残りは、ホワイト・ミルキーローズ・マリン・ミューズ・サニー・ピース・ロゼッタ・ソードだけです。
このメンツだと「オオトリ」はホワイトで間違いないようですね・・・
マリンとピースにはすごーく期待しています。
マリンは是非「顔芸」をして欲しいですし、ピースは当然「ぴかりんじゃんけん」をして欲しいし
サニーは是非関西弁で挨拶して欲しいものです。

以前何度か書いた通り、テレビ埼玉は「スイートプリキュア」を再放送中なのですけど
高校野球中継とそれに伴う番組変更のあおりを受けて
「スイート」は現在お休み状態です。
せっかくあと少しで「キュアビート」の誕生なのに、何か水を差されたような感じなのですけど
ま、今回の「おめでとうメッセージ」でビートを見る事が出来ますから、
ま、よしとしておきましょう・・・・





よく指摘されるように、ビートとパッションは共通点が多いというか、
プリキュア誕生の経緯とか似ている側面も多いのだと思います。
両者ともプリキュア覚醒後に、敵幹部時代の自分自身の行ってきた罪について悩み苦しむ点も
非常に似ていると思います。
だけどよーく見てみると少し背景が違うのかなとも感じました。

パッションの場合、
ラビリンスから人間社会へと異世界へ来た過程の中、
異世界のラブ達のぬくもり・温かさに気が付き、徐々に心の変容が展開していった背景がありますが、
ビートの場合は・・・・

①元々妖精の世界にいたのに、「嫉妬・妬み・絶望」から反妖精陣営に寝返った。
 だけど、本来は妖精出身なので、根本は妖精のハミィを守りたいという気持ちがあくまで主であり
 異世界の人間との交流から心の変容が起きた訳ではない。

②マイナーランドからもメジャーランドからも「裏切り者」という側面があり、
 いわば二重の裏切り者

③裏切り以上に、マイナーランド時代の自らの悪行に対する贖罪意識がパッション以上に強い

という点が相違点なのかなーとも感じました。

いわば、ビートは、パッション以上に「自分は本当にプリキュアになってよいのか。
プリキュアになれる資格が本当にあるのか」という自問自答に苦しんでいたのだと思います。

フレッシュの場合、
ラブ達の回答は、
今までの罪を認めた上で、「皆で幸せをゲットすればいいじゃない」、そしてやり直せばいいじゃん・・」
という実にシンプルかつ前向きなものでした。
スイートの場合、
エレンの過去の罪を認めた上で、
「ごめんなさい」と大声で泣き叫ぶ事で、
過去に対する思いを全て吐き出すことで、過去を清算させるという実に王道を歩む展開だったと
思います。

ビートが懺悔していたものとは何かと言うと、
歌姫に選出されなかった事でハミィに対する嫉妬の芽生え⇒音楽を憎むようになる⇒人との絆を
壊す悪行の数々ですが、
これは正直自分を含めて誰にでもあるような「ココロの弱さ」なのだと思います。
その弱さを認めた上で、自分の過去の清算として、
どうすれば良いのか、という事を追求したのがビート誕生の一つの意図だったのではないかと
今にして振り返ると、そのように感じます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1394-6bb89746
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |