FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


我ながら、またしても全然脈絡が無いタイトルですね・・・(苦笑)

なんというか、最近の「ハピネスチャージプリキュア」のキュアフォーチュンの「タンバリン」のインパクトが
あまりにも強すぎたのかもしれませんよね・・・
何か最近「クラシックカテゴリ」は、タンバリン絡みの記事が多くて
毎回これを記事にするごとに我ながら「またか・・・」と思ってしまいます・・・

だけど今回もキュアフォーチュンではありませんが「タンバリン」絡みの小ネタを少々・・・





吹奏楽コンクールの課題曲の歴史の中で
一番難しい課題曲は、私が思いますに1994年の課題曲Ⅲ/饗応夫人だと思います。
だけどその次にくる難しい曲というと、
1988年の課題曲A/吹奏楽のための「深層の祭り」を推したいですね。

この曲は本当に技術的にも表現するにも難しいと思います。
この課題曲は、私が大学を卒業し社会人としてスタートを切った年の課題曲のため、
この課題曲は吹いたことがありませんけど、
大学の吹奏楽団の後輩のクラリネットのパート譜を見た時は、
あまりの難解さに思わず絶句してしまいました・・・
そのくらい技術的にも表現する上でも難解極まりないやっかいな課題曲です。
だけど作曲者の故・三善晃氏は、この課題曲をきっかけとしてその後何曲か
吹奏楽オリジナル作品を残してくれましたので、
その意味でもこの課題曲の功績は大だと思います。
内容的にも深いものがありますしね・・・

この課題曲の最後は全体でのffで閉じられるのですけど、
よーく聴いてみると、
実はタンバリンだけ、全体のバン!!というffの閉じられ方よりもほんの0.1秒程度瞬間的に早く
閉じられますので、
何もしらない人が聴くと、
「あれ、このタンバリン奏者間違ってフライングしてしまい、全体が閉じられるより0.5拍早く叩いてしまった・・」と
誤解される可能性が濃厚と思います。
だけどそれゆえこの部分のタンバリン奏者はものすごーく神経を使ったと思います。
かなりのプレッシャーがあったと思います。
だって全体で閉じられるよりほんの0.1秒早く叩かないといけないその緊張感と技術的な難しさは
同情に値します・・・

ま、中には、ヤマハ浜松の全国大会とか都大会での乗泉寺吹奏楽団のように
タンバリン奏者がついついうっかり間違えて
全体が閉じられるのと同時に叩いてしまったような「うっかり」のケースもありました。

だけどこの「深層の祭り」は打楽器奏者も大変でしたね・・・

基本的には、ティンパニー・トムトム・小太鼓・大太鼓を4人の奏者が担当し
残りのサスペンダーシンバル・タムタム・トライアングル・タンバリンを一人の奏者が担当しているケースが
多かったような気もします。
だけど確か東芝府中だったかな・・・(記憶は非常に曖昧です・・・)
タンバリン奏者が左手でタンバリンを持ち、右手にタムタムのマレットを握りながらタンバリンを叩き、
次の瞬間にタムタムを鳴らし、それを三回程度反復した後、
ガラガラを鳴らし、トライアングルを鳴らし、
次の瞬間コンサートチャイムをカンコン鳴らし
サスペンダーシンバルの位置までダッシュし、サスペンダーシンバルをロールし
ラストは例の0.1秒全体とずれるタンバリンをズバンと叩き、
見事に「決めてくれた」女性奏者が今でも大変頭に焼き付いています。

いやいやあの打楽器の掛け持ちはすさまじかったな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1393-2fd77cd7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |