FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


この交響曲は終楽章のみ、ソプラノソロが入ります。
マーラーの交響曲は「大地の歌」は除外すると、2~4番と8番に「コーラス」が入ります。
2.3.8番はかなり大規模な合唱隊とソロ陣を必要としますが、
4番はソプラノソロのみ・・・
前回書いた通り、この交響曲はトロンボーンセクションとチューバを外し、
マーラーのほとんどの曲が4管編成が多い中、珍しく3管編成と言う
非常にコンパクトなスタイルを採用し、合唱もソプラノのみ・・・
やはりこうしたメルヘン的要素が大きい曲は、ある程度毒とか重厚感は抑制する必要がありますので
マーラー自身もこうした編成に
何かしらの意図があったようにも感じられます。

クラシックの世界で「ソプラノ歌手」というと、
私の誤解もあるかもしれませんが、何となくぽっちゃり体系というか比較的がっしりとした体格の方が
多いような印象があります。
だから数年前にソプラノ歌手の「森麻季さん」が現れた時は
何か彼女が「天使」のようにも見えたものですけどね・・・・(笑)

このマーラーの交響曲第4番は、生の演奏会でも色々な指揮者、色々なソプラノ歌手の演奏を
聴いてきましたけど、
第一楽章から第三楽章で受け継がれてきた「メルヘン」の要素を
第四楽章に入って、いきなり大柄なソプラノ歌手の方が貫録たっぷりに歌われても
正直「違和感」を感じる事も無くはありませんでした・・・
ま、大抵の場合、そのソプラノの方もプロですから、それなりに「子供らしさ」は表現出来ていたと
思いますけど、
どこか「わさ゜とらしい」という感じもなくはなかったというのが正直なところです。
森麻季さんのマーラー/4番は残念ながら聴いたことがないのですけど、
何となくそうした意味ではイメージに合っているような感じもします。

CDで聴く場合、ソプラノ歌手の体格を気にしないで(?)
雰囲気だけを味合う事が出来ますのでその点では、生演奏で聴くよりは意外とこの曲は
CDで聴いた方が合うのかもしれません。
個人的には、テンシュテット指揮/ルチア・ポップのソプラノの演奏が一番しっくりきます。

この交響曲でかつて面白い試みがありました。

1987年のバーンスタインの録音ですけど
あえて大人のソプラノ歌手を使用しないで、ボーイソプラノを使用したのです。
この演奏、私もCDで聴いたことがありますけど、
「なるほど・・・その手があったか・・・」と妙に感心したものです。
何がいいかと言うと、声質が自然体と言うのか、無理して子供っぼい演技をする必要が無いし
そのまんま、普段の会話のまんま歌っているという感じがして
印象としては、
「何かマーラーの意図した事をうまい具合に表現している」ようにも感じたものです。

正直、これは「一本取られた・・・」みたいな感じでしたね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1390-c335e8c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |