FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


最近の「ハピネスチャージプリキュア」では、何か知らないけどやたら氷川いおなが
変身前も変身した後もキュアフォーチュンとして「タンバリン」を叩いているのがすごーく
印象的です。
ま、このテの話は本来「プリキュア」カテゴリなんでしょうけど
あえて「クラシック音楽」カテゴリで書かさせて頂きます・・・(笑)



一般的には、タンバリンは「利き腕」でタンバリンを持ち、利き腕ではない手の方で楽器を叩くという奏法が
スタンダートです。
だからこうやって見ると氷川いおなは右利きなんですね・・・
だけどタンバリンの持ち手・奏法というのに特に「決まった方法」もありませんので、
自分が叩き易いようにやるのが一番のような感じもします。
事実、私が幼稚園の頃の「お遊戯発表会」の写真を見てみると
左手でタンバリンを持ち右手で叩いていますけど、
別に私は左利きではないのだけど、要はこの方が叩きやすかったのでしょうね・・・
(周囲の園児たちはほぼ全員右手にタンバリンを持っているようですけど・・・)

タンバリンの奏法・叩き方は、以前も書いたことがありますけど
基本的には
①皮の部分を叩く

②全体を左右に揺すって振る

③皮の周囲の鈴の部分をこすってのロール奏法

の三つがありますけど、
何かハピネスチャージのいおなのあのタンバリンの叩き方は妙に上手いというか、
打点を適格に捉えたリズムの決まった奏法のようにも見えなくもありません・・・
いおなは、実家の空手道場に普段通っているのですけど、
案外学校では吹奏楽部に所属し、打楽器セクションを担当しているのでは・・・??なーんて言う
妄想も一時抱いたこともあります・・・・(笑)

前回、タンバリンが活躍する曲を幾つか列挙しましたけど、
何か抜けているなと思っていたら、確かにそうでした・・・
クラシック音楽ではベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」が抜けていましたね。
この序曲では、タンバリンは2台使用され、
曲が騒々しくなってくると、この二台のタンバリンと一台のトライアングルがトリオとなって
華やかな響きを演出しています。
特に序盤のコールアングレの長大なソロの後で、このタンバリンがシャカシャカと出てくるあたりは
何かいかにも「祭りがはじまるぞー」みたいな雰囲気もあり、
私は結構好きですね。
あとコダーイの組曲「ハーリ=ヤーノシュ」の第Ⅳ曲・合戦とナポレオンの敗北の部分と
第Ⅵ曲・皇帝と廷臣達の入場でもタンバリンの華やかな響きが実に曲にマッチしていて
素敵ですね。
特に第四曲の凄まじい叩き付けは、同時に鳴っている金管セクションの激しさとも重なり
かなりインパクトがありますね。

吹奏楽曲では、バーンズの「アルヴァマー序曲」のタンバリンの軽快さが実に楽しかったですね。
途中一か所だけですけど、タンバリンの強烈な叩き付けがあったと思いますが
あれはホント聴いていて惚れ惚れするものがありました。

外来オケの日本公演の場合、
あまりにも打楽器奏者を要する曲をプログラムに入れてしまうと
その分打楽器奏者を増やしてしまい、余計な経費が掛かってしまうという事情があるのかどうかは
よく分かりませんが、
こうした外来オケの場合、何度か「無茶」とも思える打楽器奏者の複数楽器の掛け持ちシーンを
目撃しました・・・
一番印象的だったのは、1994年来日のプレトニヨフ指揮/ロシアナショナル管弦楽団の
ダフニスとクロエ第二組曲の「全員の踊り」かな・・・
普通この曲は最低でも打楽器奏者は7人は必要なのですけど
この楽団は来日経費抑制のためなのか(?)打楽器奏者は5人しかおらず、
ダフクロの「全員の踊り」では、言葉にすると面倒なのですけど、
ある場面で打楽器奏者の一人は、片手に皮がないタンバリンを、もう片手に皮付きタンバリンを持ち、
両手で上下に両方のタンバリンを揺すりロールさせ、
確か右手の皮なしタンバリンをパッと放し、
皮が無い為ドーナツ状に空間が空いている部分にさっと右腕を通し、
次の瞬間、左手で皮付きタンバリンを叩いていましたけど
いやーー、あれは格好良かったな・・・
この奏者は、確か記憶では、その後、
左手にトライアングルの撥を持ち、タンバリンを叩いた次の瞬間にトライアングルをチーンと鳴らしていましたけど
まさに「曲芸」の領域でしたね・・・

ラハティ交響楽団の「オールシベリウス」プログラムのアンコールで「フィンランディア」を演奏した際、
大太鼓・シンバル・トライアングルの三つの楽器を一人で掛け持ちした打楽器奏者も
結構大変そうでしたね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

結構、目立ちますよね。

タンバリン。
小っちゃい楽器なのに、演奏中はとても目立ちます。
そして、ミスった時の目立ち方もハンパではない…。
パーカッション担当の生徒たちが、必死で練習していたのを、Wは遠くから眺めていたそうです。

Re: 結構、目立ちますよね。

mama.ikuko 様

そうそう小さい楽器ですけど、音楽をリズムから支える大変重要な楽器でも
ありますね。
でも打楽器奏者の中には、結構おマヌケさんもいて、
定期演奏会でのある曲は、打楽器の出番が少なく最後の数小節しかなかっのに、
ついつい本番でもボケっとしてしまい、その数少ない自分の担当打楽器の出番を
スルーしてしまった・・・なんてことも昔あったりしました・・・

タンバリン

パーカスのタンバリン
めっちゃ目立ちますよv-237

ローマの祭り

ゆう 様


例えばレスピーギの「ローマの祭り」~Ⅳ.主顕祭のタンバリンのあの華麗なる響きは奏者はとてつもなく
目立ちますし、
リードのアルメニアンダンスパートⅠのあのロールは見ている人に「見せる=魅せるパーカッション」を
印象付けると思いますよねっ! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1388-83357578
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |