fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
34位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


7/20の「ハピネスチャージプリキュア」は完璧に「恋愛モード」突入の感が
ありましたね・・・
うーーん、個人的にはプリキュアの世界にはあまり「恋愛要素」は強く入れないで欲しいという希望は
ありますね。
よく歴代では「プリキュア5」が恋愛要素が一番濃厚と言われますけど
あれは、のぞみとココ、こまちとナッツという一対一の関係であり
しかもその恋愛問題の本質は、
ココとナッツの最大の願いである「パルミエ王国復活」時には、ココとナッツは
異次元の世界であるパルミエに戻ってしまい、二度とのぞみとこまちの世界には帰ってこれない
といういわば「二律背反」の問題という事でしたけど
今回の場合は、簡単に書くと
ひめ→誠司→めぐみ→ブルーという展開によっては
「プリキュアの崩壊」という事にもなりかねない要素をはらみ、複数のメンバーの利害関係が
交錯するという要素もあるので
何だかややこしいですね・・・

ま、ホントできれば「淡い恋要素」にとどめておかないと
肝心要の「プリキュア」が空中分解しかねない危険性も秘めていますからね・・・
この辺りはプロデューサーと長峯監督の腕の見せ所ですね。





さてさて今回の「10周年おめでとうメッセージ」は
待望の六花さんというかキュアダイヤモンドでした。
「ドキドキ」が最終回を迎えてから半年程度しか経過していないのですけど
何だか「懐かしい・・・」という感覚もありましたね。
それは逆にいうと、現在では自分の中にすっかり「ハピネスチャージ」の物語が入り込んでしまった
結果でもありますけどね・・・(苦笑)

でも今回の「ダイヤモンド」は随分と「美人さん」に描かれていましたね。
最初に見た時、
「あれ、随分と大人っぽい・・」という印象を持ちましたけど
これはこれで素晴らしい仕上がりだと思います。

キュアダイヤモンドというとよく「イラりつ」のカップリングがネタにされているようですけど、
やはりこの方は「マナりつ」ですね・・・
歴代ではよく「百合キュア」と言うべきカップリング、例えばなぎほの・のぞりん・ラブせつ・ひびかな等
色々ありましたけど、
ここまでお互いの自立度が高いというか大人の関係と言うのか、
「対等のパートナー」としての関係が確立されたコンビは他の追随を許さない不動のものがあったような
印象がありますね。


d8cdddd3_convert_20140722145525.jpg

さてさて、ハピネス本編では、
どうやらいおなとゆうゆうには「恋愛モード」の話は廻ってこない感じですね・・・(笑)
だってただでさえ「ドロドロ」の展開にもなる可能性があるのに
ここで更に「実はゆうゆう(またはいおな)は誠司が好きだった・・・」みたいな要素が入ってしまうと
これはさすがに物語が崩壊してしまいますからね・・・
ま、もっともゆうゆうは「花より団子」という感じで
今は「彼氏」よりも「ご飯を美味しく食べる事」の方が興味津々という感じですね。
だけど、今回のゆうゆうのあの「流し目」は、既に「恋の味」を熟知しているという感じも
しますね・・・
でもゆうゆうは、めぐみ・ひめ・誠司・ブルーのこうしたドロドロ関係を外部から
傍観して楽しんでいるような雰囲気もありますね・・・
うーーん、本当に最近のゆうゆうはあまりにも万能・・・
4人の中では実は一番デキル子だったりして・・・・??

いおなの場合、
まだ「恋と言う響きに恋する」という感じなのかな・・・
だけどいおなは結婚すると「可愛い奥さん」になりそうな気もしますね。
この4人を「結婚相手」として考えると、
意外といおなは可愛い奥さん系、ひめはワガママで相手を振り回しそう、
めぐみは、頭が悪く鈍感なので、浮気をしてもまずバレそうもない安全タイプなのかな・・・・(笑)
ゆうゆうは、一筋縄ではいきそうにないですね・・・


35a88438_convert_20140722145357.jpg

さてさて、今回の「一番気の毒な人」は
誠司に告白して見事に振られたうえ、二度目のサイアークにされてしまった石神りんちゃんですね・・・

なんか「りんちゃん」というと、プリキュア5の夏木りんを思い出してしまいますが
こちらのりんちゃんも「男運」に全く恵まれず、
好意を抱いた相手とはことごとく「悲恋」に終わってしまう可哀想な要素もありましたけど、
何だかシリーズの枠を超えて
「りんちゃんの悲劇は続く」という感じでしたね・・・・

さてさて今回の話で目立たなかったのですけど
何か「ナマケルダ」が妙に気になりました。
何かこの人はマヌケ三幹部の中では、一番まともな人のような感じもしました。
この人も昔、何か「恋愛関係」で嫌な事でもあったのかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1386-c32bc86d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |