FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


一つ前の記事で、パーシケッティーの吹奏楽のための「仮面舞踏会」という
ウルトラマイナーな曲を取り上げてしまいましたので、
同じ「仮面舞踏会」というタイトルで、また少しは知名度が高い作品を罪滅ぼしに
少しだけ取り上げたいと思います。

ハチャトゥーリアンというと、
バレエ音楽「ガイーヌ」とかヴァイオリン協奏曲に代表されるように
アルメニアの民族音楽の血を色濃く残した作曲家というイメージがありますが、
この「仮面舞踏会」は、比較的「西欧系」に近いというか
あまり民族色は感じさせません。
その分曲自体、ハチャトゥーリアンにしては珍しいほど洗練されているというのか
「すっきりとした」という印象があります。

この組曲は歌劇でもバレエからの音楽でもなく
戯曲というのか劇付随音楽から5曲を抜粋し、作られた曲です。
正直、最近まで、あまり演奏頻度は高くなく知る人ぞ知る曲と言う感じも無くはなかったのですけど、
2007年にフィギュアスケートの浅田真央選手が、このハチャトゥーリアンの組曲「仮面舞踏会」の中の
第一曲・ワルツをBGMとして使用してくれたおかげもあって
以前よりは馴染みがある曲になったようにも感じられます。
確かにこの5曲の中では、Ⅰの「ワルツ」が一番聴きごたえがありますし、
何やら妖しい雰囲気もありますし、ほのかな情熱・ややどす暗い情念なども感じられ、
フィギュアスケートのBGMとしては適しているようにも思えます。

この元々の戯曲のあらすじを記しておくと・・・

腕の立つ賭博師として知られたアルべーニンとその妻ニーナ。
連れ立って出掛けた仮面舞踏会で、妻は腕輪を失くしてしまう。
その腕輪を拾い上げた男爵未亡人は、自分に言い寄って来る公爵に、
その腕輪を渡してしまった。口説いた女性からの贈り物だと自慢する公爵。
帰宅後にニーナは夫に腕輪を失くしたことを告白すると、
アルべーニンは妻が公爵と愛人関係にあると疑惑を抱き、激しい嫉妬に苦しんだ末に妻の殺害を決意する。
再び仮面舞踏会に出掛けたアルべーニンとニーナ。
アルべーニンは妻に、毒を盛ったアイスクリームを差し出す。
帰宅後、ニーナの体には徐々に毒が回り、不貞の疑いを否定して潔白を訴えながら、彼女は息絶えた。
途端に不貞の根拠の頼りなさに狼狽えたアルべーニンの元に公爵と男爵未亡人が現れ、真実が明かされる。
ニーナの潔白を知って自責の念に駆られたアルべーニンは、気が狂れてしまうのだった・・・

ま、一言で言うと帝政ロシア時代の貴族社会と社交生活の中での悲劇という
感じですかね・・・
だけど、このストーリーは、ある意味天真爛漫で、恋とか友情を真正面から取り上げた「ガイーヌ」との
違いにある意味愕然としてしまいます・・・

この組曲は以下の5曲から構成されています。

Ⅰ.ワルツ

Ⅱ.夜想曲

Ⅲ.マズルカ

Ⅳ.ロマンス

Ⅴ.ギャロップ

Ⅰのワルツは、ニーナが生前最後に踊った曲でもありますので、
そうした背景がこの曲の「薄暗さ」・「怨念」みたいなものに通じているのかもしれませんよね。
Ⅱのニーナの漠然とした不安がヴァイオリンソロで切々と歌われています・・・
Ⅲは、途中で何かネコが「にゃおーん、ニャオーン」と甘く鳴いているようにも聴こえる箇所もあり
何だか面白いです。
この部分は何だか、ルロイ=アンダーソンの「ワルティングキャット」みたい・・・
Ⅳは、トランペットソロが切なくて実にいいです・・・
パーシケッティーの「仮面舞踏会」もトランペットのソロが実に妖しげだったから、
意外とこの楽器と「仮面舞踏会」の舞台裏での雰囲気は合っているのかもしれませんよね・・・
Ⅴは、ラストを飾るのに相応しいどんちゃん騒ぎです。

この曲、吹奏楽にもアレンジされ、よく自由曲としても演奏されていますが
やはりオケの演奏の方が魅力的です。
個人的には、ネーメ=ヤルヴィ指揮/スコットランド国立管弦楽団の演奏が
お気に入りです。
この曲は一度だけ生の演奏会で聴いたことがあります。
確か1990年2月のNHK交響楽団の定期でしたけど、
前半にこの曲とガイーヌを演奏していましたけど
N響の真面目な雰囲気とこの曲のミスマッチ振りが微妙で何か聴いていて面白かったです・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1373-fd041bf7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |