FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


歴代プリキュアにおけるバトルシーンでは、敵幹部とウザイナー・コワイナー・デザトリアン等の怪物がその戦闘の相手となる
パターンがほとんどなのでけど、シリーズによってはそこに無数の雑魚戦闘員が加わる作品もあったりします。
2020年時点で雑魚戦闘員が登場したシリーズというと、2010年のハートキャッチ、2014年のハピネスチャージ、
そして2019年のスター☆トゥインクルの3作品です。
そうした無数の雑魚戦闘員は毎回毎回性懲りも無く(?)プリキュア達に小気味よくやられ続けているのが実に爽快なのですけど、
少しはプリキュア対策とか作戦を考えないのかよ~とツッコミをいれたくなってしまいますけど、
それをやらないゆえの雑魚キャラといえそうなのルン・・

歴代プリキュアの戦闘シーンを振り返ってみると
大抵の場合、ザケンナー・ウザイナー・コワイナー・アカンベエ・ジコチュー等の怪物と敵幹部達が相手だったのですけど、
ハートキャッチとハピネスチャージとスター☆トゥインクルは、これに加えて雑魚戦闘員が入ることが一つの特徴だったと思います。
ハートキャッチとハピネスの監督は長峯ディレクターですので、これは長峯監督の一つの方向性みたいなものなのかも
しれないです。
雑魚キャラというと仮面ライダーとか戦隊ものではお馴染みのやられ役要員ではあるのですけど、
それをプリキュアの世界にまで応用させたその発想は素晴らしいものがあると当時思っていたものでした。
ついでに書くと、長峯ディレクターによるこの二つの作品においては、いずれも歴代プリキュアにおける
青系プリキュア=冷静沈着で物静かで聡明で、やんちゃなピンク系のよきサポート役というイメージを完全に打破し、
ハートキャッチではマリンを、ハピネスではプリンセスというこれまたある意味破天荒な青プリキュアを登場させた
あの変化球には当時、「あっ・・!」と驚かされたものでした。
スター☆トゥインクルは長峰ディレクターの作品ではありませんけど、青キュアとしてプリ級史上初の宇宙人プリキュアでもある
ララちゃんを登場させたり、ララちゃんの語尾は常に「・・ルン」であったりなどなどララちゃんの登場はえりかやひめ以上の
変化球青キュアといえそうですけど、ララちゃんはえりかやひめと違ってうざかわキャラではないところが
長峰作品との違いともいえそうです。

上記の3作品において、たいして戦闘能力を持たない雑魚戦闘員が相手の時は、
かなりの大技を駆使して、その雑魚共を吹っ飛ばしていましたので結構な見栄えはあったと思います。
後述しますけどそれが最大限発揮された大技としてはハートキャッチの「プリキュア大爆発」における雑魚戦闘員の
凄まじい吹っ飛ばしはリアルタイムで見ていた時は相当なインパクトがありました。
ハピネスチャージの場合、各キャラがその場で思いついた技を必殺技としてすぐに使用できる大変便利な?機能を
有していましたので、本当にこの技がサイアークや幹部に対しても有効なのか見極め・試す意味で
まずはチョイアークに対してお試し使用しているような感じもしますのでかなり面白いものがありました。
特に序盤でラブリーが、怒りのあまりチョイアークを首根っこでふんづかまえてわしづかみにし
ブンブン振り回して攻撃している様はまさに怒りの「キュ荒プリー」に相応しい様子だったと思います。





ハピネスチャージのチョイアークは、ハートキャッチのスナッキーよりは見た目的には少し悪い雰囲気はありました。
サングラスと黒衣装が少しは威嚇効果があるかもしれなかったですし、
ハートキャッチのスナッキーの場合、何の武器も必殺技もない正真正銘の雑魚戦闘員なのですけど、
チョイアークは一応ビームは放つことが出来るというのが違いなのかもしれないです。
誠司のような普通の中学生がチョイアークに素手で勝ってしまうほど戦闘能力はお世辞にも高いとは言えませんし、
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではないですけど、数にモノを言わせる戦闘スタイルを取っているせいで、
プリキュア達にかるーく撃破され、そのやられっぷりがあまりにも逆にコミカルなので
かなりいい味を出していたと思います。

毎回毎回やられ続けているので、チョイアーク本人たちもさすがに
「あーあ、どうせ今回もやられちゃうんだろうな・・」と半分いじけながら出撃しているのかもしれないですね・・

ハピネスの場合、プリキュア達は(特にラブリー)思いついた瞬間に新しい技をポンポンと繰り出していくのですけど
そのお試しの相手がチョイアークであり、毎回毎回新しい技のお披露目の度に吹っ飛んでいくチョイアークがいい味出しています。
例えば「マミさんのロケット」の回でも怒れるキュアラブリー(キュ荒プリー)にヒビリまくって
戦闘前から逃げ出すチョイアークがいたのもとても楽しかったですルン!

チョイアークはたまにプリキュア達を完全包囲したりしていますから、スナッキーよりは少しは強いのかもしれないです。




img_44_convert_20140930024029.jpg


チョイアークは、スナッキーやノットレイ同様に全員が姿・形は同じではなかったです。
よーく見てみると、小さいのもいますし大柄なのもいますし、やせているのもいれば太っているのもいるし
結構体格はパラパラだったりします。
基本的に、「チョイチョイ」としか喋らないのですけど一度だけオレスキー登場時に、「あ、オレスキー将軍だ」という言葉を
発していましたので日常生活において普通に喋っていたのかもしれないです。

チョイアークの正体は判明しませんでしたけど、ハピネスの3幹部三幹部たちはそれぞれ元々は普通の人間でありましたので、
幻影帝国によって鏡に閉じ込められた元・人間達がチョイアークの正体なのかもしれないです。
初期の頃、ホッシーワが誠司に対して「私のチョイアークにならない?」と勧誘していましたので
チョイアーク=元々は人間説というのもあながち否定は出来ないのかもしれないです。

チョイアークというと、ハニーの「ごはんのうた」が歌われるときに毎回毎回ほっこりと浄化される様子が楽しかったですし、
フォーチュンのパインアラビアンが繰り出されるとき、なぜかチョイアークたちは毎回毎回いつも手にタンバリンを持って
いましたけど、チョイアーク元は人間説に立つと、チョイアークも実は心情的にはプリキュア寄りなのかもしれないです。


155036-08_convert_20201118171750.jpg


2019年放映の「スター☆トゥインクルプリキュア」には雑魚戦闘員としてノットレイが登場していました。

ノットレイは敵組織、ノットレイダーの戦闘員で、銀系のスーツに顔を含めて覆われていて、顔面には「NO」という文字が、そして
首筋から胸にかけては「T」の文字があしらわれていました。

ワープ航法で現れる無数のUFOから数人ずつ外へ飛び出し、宇宙空間では靴底からロケット噴射させて襲いかかる集団戦法を
取り、一人一人がレーザーガンという武器を有していましたので、一人一人は弱くても集団でレーザーを発射されると
さすがのプリキュアも時に足止め程度の効果を与え、少なくてもスナッキーよりは強いと言えそうですルン!

敵幹部の一人のテンジョウはノットレイの指揮に長けた軍師でおり、地形や天候など周囲の環境を利用して
陣形戦術を行うことでララちゃんたちプリキュアに苦戦を強いたこともありましたし、
やはり敵幹部のカッパードが指揮する場合はキュアスターと一騎討ちをするために、他のプリキュアに邪魔されないように
ノットレイを足止めに使っていたシーンもあったりしたものでした。

ララちゃん=キュアミルキーの必殺技等でノットレイが吹っ飛ばシーンはよくありましたけど、大のララちゃん好きの私だったら
ララちゃんに吹っ飛ばされるのならば一時的にノットレイになっても全然OKなのルン~♪と思ってしまいそうなのルン!


hpvol39-snacky03_convert_20140712234742.jpg


「弱い」だけならスナッキーもノットレイやチョイアークの比ではありませんけど、スナッキーは弱いけどタフなのが売りでしたルン!

スナッキーの体の中身が砂で出来ていて、やられて怪我を負っても絆創膏で砂の流出を防止できればすぐに戦闘再開できる
便利さは一部でスナッキー不死身説まで囁かれていたものでした。
あの不死身さは「邪神ちゃんドロップキック」でゆりねから壮絶なお仕置き食らって体が裂けてしまっても瞬間接着剤で
くっついてしまう強靭な?肉体の持ち主でもある邪神ちゃんに極めて近いものがありそうです。

ハートキャッチの最終決戦時に、マリンとサンシャインがスナッキーから砂を抜いてしまい、
スナッキーの皮を被って敵中に紛れ込んだのはとても楽しかったです。

ハートキャッチでもスナッキーは出撃するたびにいいようにブロッサムやマリンたちにボコボコにされていましたけど、
そのやられっぷりで大変印象的だったのは第10話で登場していた「プリキュア大爆発」でした!
プリキュア大爆発はブロッサムとマリンが手をつなぎ、技名を叫びながら自分たちを中心にエネルギーを解放して
爆発のようにスナッキーや障害物を吹っ飛ばす大技でしたけど、第10話においては無数のスナッキーだけに留まらず
敵幹部のサソリーナまで軽く吹っ飛ばしていましたのであの威力は絶大なものがあったと思います。
最終決戦の47話でマリン&サンシャインの組み合わせでもこのプリキュア大爆発はお披露目されていて、
必殺技初同時に変顔することはそれまで一度もなかったサンシャインが凄まじい顔をしてあの大技をマリンと共に決めていたのは
大変な見映えがあったと思います。

一度スナッキーが、自らの組織「砂漠の使徒」を辛気臭い組織と評したシーンがありましたけど、
さすがに下級組織は、上層部をよーく見ているという事なのかもしれないですし、それはサラリーマン社会と似ているのかも
しれないですルン~♪

辛気臭いといえば、何となくですけど「不幸の香り」を全身から発する月影ゆりの方が似合っているような気もします・・


002_20101115224020_convert_20140930023856.jpg


そうそう、ハートキャッチにはボスナッキーというのもいました。
スナッキーもチョイアークやノットレイ同様に体型は全員均一というのではなくて、大小さまざまでした。

ボスナッキーも体格だけは人一倍大きかったけど、やはりポンコツで
マリンタクトを奪ったところまではよかったけど、結果的に簡単に取り戻され、
しかも最後はボスナッキー自体浄化され、体が真っ白になっていたのはとても楽しかったですルン~♪


db22ee33_convert_20140707174120.jpg


辛気臭いと言えば、月影ゆりという紫系プリキュアの後輩のいおなもそうした面が多少はあったのかもしれないです。

ハピネスのいなおとひめの和解回で、いおなの1円でも安いスーパー探しとかクーポン券使用を
ひめに「けちんぼう」と言われて固まっていたいおなはとてもお茶目でしたし、ハートキャッチのゆりに比べたら
辛気臭さは全然少ないのかもしれないですね~♪
(ゆりは辛気臭いというよりはとても現役JKさんとは思えないあの老けた感じと陰気さは私自身も実はとてつもなく苦手です・・)

いおなの場合、幻影帝国の侵略で、とても子供たちを空手教室に通わせる余裕が無くなり
収入が激減した(?)氷川流の家計のやりくりを考えると
いおなの「節約は美徳」というのも何か妙な説得力があるのかもしれないですルン~♪

最終的にはいおなは辛気臭いという感じはほぼゼロになり、ハピネスチャージとしてメンバー入りして以降は
時にかわいかったりお茶目な側面や意外と「お姉ちゃんっ子」みたいな別の面を見せてくれていたのは
いおなとしての成長がそこにはあったということなのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

戦隊モノみたい

仮面ライダーや戦隊モノではこうしたやられキャラとしての雑魚キャラはお馴染みですけど、
プリキュアにもこうした雑魚戦闘員はいたのですね。

戦闘シーンにもかなり見映えはしそうです。

戦隊モノそのもの

通りすがり 様

初期のプリキュアは2~3人でしたけど、プリキュア5以降は5~6人がメンバーということも多くなり、
既に戦隊ものそのものといえそうです。

戦隊モノでの雑魚戦闘員のやられっぷりは爽快ですしとても迫力があると思います。

雑魚戦闘員の存在はプリキュアでは珍しい方ですね。戦隊とかもよく見てたのでプリキュアにも敵戦闘員がいてもいいんじゃないのとは思っていました。スナッキーやチョイアークのようなやられ担当がいるとプリキュアの見せ場も増えますし、悪の下っ端の日常みたいなのも描かれることがあって面白いです。敵サイドなのにデザインもコミカルで悪事をやるにしてもどこか抜けてたりして、可愛く見えてしまうのがいいですね。
立場上悪の組織ですしきっとパワハラや切り捨ても横行していていることでしょうけど、それでも毎週彼らが挫けずに蹴散らされてくれるおかげで戦闘に派手さが出るのもまた事実。雑魚戦闘員たちをけしかける組織が今後新たに登場したら、プリキュアにミラクルライトを振りながらこっそり彼らにも称賛の拍手を贈りたいですね。

雑魚戦闘員

schwert 様


現在再放映中の「スター☆トゥインクル」でもノットレイたちが小気味よくララちゃんたちの必殺技で
吹っ飛ばされていきますけど、ああいう雑魚キャラ戦闘員がたくさん存在して気持ちよくやられて吹っ飛ばされていくと
爽快にもなりますね~♪
歴代プリキュアでも最大級の吹っ飛ばされがキュ荒プリーであり、ハートキャッチの「プリキュア大爆発」なのだと
思います。

チョイアークの雰囲気からその正体は元は人間?」と思ってしまいそうですし、チョイアークはなぜか??
ゆうゆうのお店で弁当も買っていましたので
チョイアークもゆうゆうのお弁当食べてほっこりしながらも「うちの組織はやってらんねーよ」と愚痴っていたのかも
しれないですルン・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |