FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


シロフォン

クラシック音楽の演奏でも吹奏楽コンクールでも
打楽器セクションの中では、「シロフォン奏者」の華麗に木の鍵盤を叩く動作が非常に大好きで
この楽器が使用される曲を聴く一つの楽しみになっています。

シロフォンというのは俗にいう「木琴」の一種なのですけど
見た目が良く似ている「マリンバ」とはどこが違うのでしょうか・・・?

一応専門的に書いてみると・・・

〇音域が違う

 シロフォンは3~3.5オクターブぐらいですけど、マリンバは5オクターブの音域が出せます。

〇音質が全然違う

 シロフォンの音は固め甲高く、動きの速いリズミカルな曲に威力を発揮し、しっかりはっきりとした曲の
 イメージに合う感じなのに対して、
 マリンバの音は優雅で柔らかく音自体は優しく控えめ。
 管弦楽の音に優しく溶け込むような雰囲気があります。
 マリンバは、低音も高音も幅広く表現できることが可能です。

〇音板・共鳴管の太さ・長さが全然違う

 音板といった鍵盤の太さは、マリンバの方が断然太く、
 マリンバには、下に伸びている「共鳴管」がシロフォンよりも全然長く
 全ての音板に付いているというのも大きな違いなのかもしれません。





だけど私なんかは「シロフォン」のやや甲高く躍動感あふれる「駆け抜ける」ような元気さが
好きですね。
オケの演奏会に行っても、
正直オケで「マリンバ」が使用されることは極めて稀ですけど、
「シロフォン」は20世紀以降の作品では、完全に市民権を獲得しているような感じもします。

さてさて、この「シロフォン」が使用されている曲ってどんなものがあるのでしょうか・・・
目立つ曲を列挙してみると・・・

〇カバレフスキー/組曲「道化師」~Ⅱ.道化師のギャロップ

〇ハチャトゥーリアン/バレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「ペトルーシュカ」~第一場・ロシアの踊り

〇  同上  /バレエ音楽「火の鳥」~魔王カスチェイの凶悪な踊り

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第5番・交響曲第7番「レニングラード」

〇オルフ/世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」

〇ガーシュイン/ボーギーとべス

〇矢代秋雄/交響曲第二楽章

あたりかな・・・??

特に矢代秋雄の「交響曲」より第二楽章は、シロフォンがソロ的にかなり長丁場で活躍する場面が
二度あるのですけど、一度はシロフォン単独て、二回目はピアノとのデュオで
展開されるのですけど、
これが実に素晴らしいのです!!

私なんかは、矢代秋雄の「交響曲」の「二大スターの競演」は、
第二楽章のこのシロフォンとピアノ
第四楽章のピッコロとファゴットではないかと勝手に思っています。

吹奏楽では、何と言ってもネリベルの「二つの交響的断章」でしょう・・・
ま、あれはシロフォンに限らず「魅せるパーカッション」を絵にしたような曲ですけどね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Yes!

「やや甲高く、躍動感溢れる駆け抜けるような音」

同感です!
私も大好きです!!
元気になりますよね(笑)

シロフォン

mama.ikuko 様

元気溌剌さを表現するにはピッタリの打楽器ですよね。
対照的にマリンバの「深みのある渋い響き」も中々素敵ですね・・・
吹奏楽にアレンジされた「ガイーヌ」~剣の舞のシロフォン奏者は
かなりのテクニックを要するけど、あれはかなりスリリングですよね。

シロフォンの音って凄く心地いい音色ですよね。
自分が小学生だった頃、音楽室に行ってはよく叩いて遊んでいた覚えがありますw

シロフォンが活躍する曲と言うと、サンサーンスの動物の謝肉祭の「化石」のイメージがありますね。
化石ほどではないですが、原曲の「死の舞踏」にもシロフォンが使われていたような…?

独特な魅力のある楽器ですよね。

シロフォン

gaean 様

そうそう確かにシロフォンは元気溌剌というイメージがありますよね。
音楽教室の倉庫内には、大抵この楽器が置いてありましたね。
一般的にシロフォン奏者は右手と左手に撥(マレット)を一本ずつ持つのが普通ですけど
曲によっては左手と右手に2本ずつ持って鍵盤部を叩く事が求められる曲もあるので
そうした場合の走者は本当に大変そうです。
組曲「動物の謝肉祭」ですか・・・
なかなか目の付け所が素晴らしいですね。
この楽しい組曲で使用される打楽器はシロフォンのみです。
あの「化石」の楽しい部分があるからこそ、次の曲の「白鳥」のチェロの独奏にウルウルし、
ラストの終曲で再度盛り上がることが出来るのですよね。
そういう意味では中々考えられた構成だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1354-8ba6bd8a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |