FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


クラシック音楽の領域における「タムタム」とは「銅鑼」(ドラ)の事であり、
直径80㎝~110㎝前後の円く平たい大型の金属製打楽器であり、
マレットで叩くと「ゴーン」とすさまじい大音響を放ち、管弦楽曲で激しく盛り上がる部分で
使用されると大変な演奏効果をもたらすことが多いです。





なぜかこの楽器、弓の的のように、中央部と周辺が真っ黒に塗られていることが多いです。

ジャズとか軽音楽のジャンルでは、「タムタム」とは「銅鑼」の事ではなくて
大小の太鼓(ドラム)の事を指します。
一方クラシック音楽でのそうしたポコポコ叩く大小のドラムセットの事を「トムトム」と
呼んでいます。
何かこの辺りは少し混合してしまいますけど、現在では銅鑼にタムタム、太鼓にトムトムという使い分け
が定着しているとは思います。

タムタムは、普通の打楽器の瞬間的な打撃音とは異なり
ゴーーーンという余韻が持続することに特徴があります。
普通は少し大きめの撥やマレットで叩きますが、
金属棒とか弦楽器の弓とかブラシでタムタムの表面をこすると、何やら神秘的な音になる場合もあり
現代音楽の作曲家達がよくこうした奏法を指定しています。

この楽器は、例えばレスピーギの交響詩「ローマの松」~アッピア街道の松など大音量を発する曲に
特に威力を発揮します。
反面例えば、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲壮」終楽章のように
最弱音で使用されることもあり、この場合は「不気味さ」・「死」を暗示するものとして
とても弱い音なのですけど、大変な演奏効果をもたらす場合もあったりします。

だけどこの「タムタム」は一般的には大音量時にその威力を遺憾なく発揮しますね。
叩き方としては、
例えば「ローマの祭り」~チルチェンセスのように単音で強打する場合もありますし、
ハチャトゥーリアン/交響曲第3番「シンフォニーポエム」とか
マーラー/交響曲第2番「復活」終楽章とか
ウェーベルン/六つの管弦楽曲などのように
「ロール奏法」としてppからfffに時間を掛けて盛り上げていく場合もあります。

中には面白い例として
レスピーギ/教会のステンドグラス~大天使聖ミカエルのように
曲のラストでタムタムのソロがゴーーーンと強打され終わるような曲もあったりします。

この「タムタム」(ドラ)が大活躍する曲って何があるかな・・・

思いつくだけでも

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」

〇オルフ/世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」

〇ホルスト/組曲「惑星」~火星

〇ムソルグスキー=ラヴェル/組曲「展覧会の絵」~キエフの大門

〇レスピーギ/交響詩「ローマの松」・「ローマのの祭り」

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第5番終楽章

〇マーラー/交響曲第1番「巨人」終楽章

など色々ありますけど、ほとんど20世紀以降の作品ばかりですね。

吹奏楽の分野では、
個人的にはなんといってもネリベルの「二つの交響的断章」かな・・・・
リードの「オセロ」では、第一曲「前奏曲」においては、その閉じられ方は
タムタムのすさまじいロールで閉じられるのですけど
例えば1981年の天理のように、楽章の終了と同時にタムタムの音を遮断させた場合もありますし、
87年の札幌白石のように、ロールのすさまじい盛り上がりから
10秒程度余韻を残した場合もあり、
そのあたりは指揮者の好みによって色々と解釈の余地はありそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1349-26f59f0b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |