FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


市立川口高校

私は実は埼玉県の川口市に在住しています。

生まれと育ちは東北でしたが、大学進学以降はずっと関東に住んでいます。

田舎が嫌いで、早くから親元を離れたくて仕方が無く、
「東北では自分の行きたい学校がない」ともっともらしい理由をつけて
親から一日でも早く独立したいという気持ちが強かったものでした。

ただ昔から住むなら「川口市」がいいなーと漠然と思っていた大きな理由は
「市立川口高校吹奏楽部」の存在が大きかったと思います。

この学校の全日本吹奏楽コンクールの全国大会出場は1979年で、
初出場・プログラム第一番というハンデを乗越えて、堂々金賞を
受賞します。
この年の課題曲B/プレリュード
自由曲/二つの交響的断章は、正直今聴いてもゾクゾクする程のインパクトが
ありますよね。
特に二つの交響的断章の、パーカッションのセンスの良さと切れ味
ドラの威圧的な響き
サックスのデュエット
圧倒的なフォルテの迫力とそれでも音が割れない透明な響き
本当に今聴いてもため息ものです・・・

二つの交響的断章に関しては、30年以上経過した今でも、この演奏を超える演奏は存在していないと
思います。

1981年~82年にかけては
指揮者自身による自作自演シリーズが始まります。
曲のタイトルがまた泣かせますよね・・・→「無言の変革」

聴いた当時は、10人以上の打楽器奏者・法螺貝の響き・グランドハープ・本物の鐘
などに圧倒されたものですが、
今改めて聴くと、別に曲自体に目新しいものは何も無く
音楽をどっきり仕掛けで驚かせるだけという感じもします。

市立川口を始めて生で聴いたのは1984年の全国大会でした。

正直べら棒にうまいとか、独特の表現をしているとかの感じはしませんでしたが、
予想以上にppの静かな部分の表現力を重視しているような感覚がありました。

1986年以降は、オセロ・神話・ハムレット・仮面幻想など
どちらかというと普通の選曲をするようになり、
常総学院・埼玉栄などの新興勢力の前に押され気味になり、
1992年以降静かに表舞台から去っていきました。

この学校の定期演奏会を聴いたのは1989年だったと思いますが、
ダッタン人の踊りなんかは「えー、本当にこれがあの市立川口?」と頭を抱え込む程度の
演奏でしたが、エル・カミーノ・レアルの躍動感溢れる高校生らしい演奏は
普段のメンバーを垣間見れて、何かホッとしたものでした。
でもこの当時でさえ、演奏会場は、ボロボロの川口市民会館だったのが
何か笑えて気の毒でした・・・

1979年が全国初出場と記しましたが、その前年までこの学校の自由曲は
ローマの謝肉祭・どろぼうかささぎ・ジェイガー/第二組曲と、正統派的な選曲だったのに
この年で何がメンバーを生まれ変わらせたのでしょうね。
どういうきっかけがあったのでしょうか?

今となっては知る由もないのかな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

現代音楽への転向の謎とき

市立川口吹奏楽部1980年3月の卒業生です。
盗むかささぎ、ローマの謝肉祭から突然現代音楽に変えた理由は、オケの曲をブラスでどんなに上手く表現しても、審査員はオケの弦楽器のなめらかな演奏が耳に残っていて、ガチャガチャと聞こえてマイナスになると顧問が言っていました。
それに、現代音楽はミスが目立たない。全国大会のネリベルの演奏。ファゴット2本掛け合いで演奏するところが、1本が吹いていない・・・やばい!と思ったけど、金賞でした。
サミュエルバーバーの曲が最初の候補だったんですが、それにしなくて良かったみたいでした。

ありがとうございます!!


かささぎ大好き様

市立川口高校吹奏楽部のOBの方よりコメントを頂き、大変ありがたく思いますし、
恐縮しています。
ローマの謝肉祭から二つの交響的断章への路線変更には、そうした事情があったのですね。
信国先生のそうした考え方なんて部外者の自分にはわからないだけに大変参考になりました。
ありがとうございました!!
確かにバーバーは、「悪口学校」・「メディア」等が候補だったかどうかはわかりませんが
それにしなくて確かに良かったと感じます・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/13-e11d417d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |