FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


6/15(日)に4月から毎回楽しみに見ていた「デート・ア・ライブⅡ」が最終回を
迎えてしまいました・・・
まだ第10話を迎えたばかりなので、
何だか少々物足りないというか、少し「消化不良」みたいな感じもありました。

前作のⅠも第11話が最終回で、この際も
何かすごーくいいい所で第一期が終わってしまい、消化不良を感じたものですが
その点は今回のⅡも同じでしたね・・・

今回も三か月クールという話は聞いていたので
八舞姉妹→美九→七罪を各一か月ずつで消化していくと思っていたら
何か最初の頃と八舞姉妹あたりが
随分と「グダグダな印象」になってしまい、
あまりスピード感とか切れが感じられず、少し中途半端な印象も与えてしまいました・・・
結局、進行スピードが遅いため、七罪まで全くたどりつげずに
最終回を迎えてしまった感じです。

だけど、ラスト近くで再度私が大好きで大好きな「時崎狂三」が登場し、
少したるんだ物語を一気に締めてくれたのが良かったと思います。
でも狂三の見せ場も意外と少なく、
このあたりも少し物足りなさが残りましたし、
結果として第二期でも「時崎狂三」の本質と真の狙いまであまり触れられずに終わってしまったので
ここでも少し欲求不満気味です・・・

何かこのアニメは「夜刀神十香」が主人公なのですけど、十香の視点で描かれると物語がたるんで
しまいます・・・
やはり「狂三」の視点で描かれないと何か単に「デレデレ物語」の雰囲気で終わってしまうのですよね・・・

その意味で少し勿体ない・・・




だけど、士道は「モテモテ」ですよね・・・

こんなにも精霊達からモテれば、羨ましい限りですけどね・・・

だけどこれら精霊の中で唯一デレさせることが出来なかったのは
やはり「狂三」だけなのですよね・・・


cba0a46d_convert_20140617205738.jpg


「美九」は典型的なツンデレキャラでしたね・・・(笑)

でも最後のシーンが美しかったから
何かぜーんぶ許されちゃう感じでしたね・・・


192e25ec_convert_20140617205646.jpg

やっぱり「デート・ア・ライブ」はこの人、「時崎狂三」なのですよね・・・

そうそう「デート・ア・ライブ」は映画化も決定したようですね。
これは七罪以降のストーリーなのかオリジナルなのかは分かりませんが、
自分としては、「時崎狂三」を主人公格にして構成をして欲しいものです・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1290-e65517f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |