FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


本日5/26の午後、仕事で次のアポの顧客宅を行くまでの時間がかなり余っていましたので
「時間つぶし」という訳ではありませんが、
その顧客宅のすぐ近くにある「大宮・氷川神社」にお参りに行ってみました。




「大宮・氷川神社」はかなり広いです。
また参道もかなり長いです。
埼玉県内の初詣客は、この「大宮・氷川神社」が毎年一番多いですし、
花見の時期の夜桜はとても綺麗ですし、毎年花見客で大変にぎわっています。


003_convert_20140526172307.jpg


「大宮」と言うと、埼玉県では「浦和」以上ににぎわいのある街なのですけど、
大宮駅から歩いて10分前後の場所に、こうした自然豊かで落ち着いた神社があるだけで
何かホッとするものはありますね。

他の神社同様、周囲は樹木で囲まれていますので
繁華街なのに、「空気が凛としている」というか何か微妙に空気が張りつめている感じがするのも
いいものですよね。
私が、たまーにこうした神社の事を記事にするのも
こうした「凛とした空気」に何か触れあいたいというのか、大きな樹木の中に囲まれていたいという
気持ちが時折自分の中で沸き起こる瞬間があるからなのかもしれません・・・




004_convert_20140526172353.jpg


本日は、いかにも雨が降りひそうな空模様だったし
夕方4時半を廻っていたし、
特に行事もなく、屋台等も出ていないから
何か人通りも少なく閑散としていましたけど
この「ひそやかさ」がまたいいなーと感じます。都会の中の片隅のちょっとした自然の中に一人たたずむ自分と
いうのもたまにはいいものだと感じます。

001_convert_20140526172134.jpg

それにしてもここは参道がすごーく長い・・・

さいたま新都心駅と大宮駅の中間の吉敷町という町からずーーっとこの参道が続いていますし、
国道2号を超えると、けやき等の樹木が参道にずらーりとそびえていますので
何か「自然の偉観」みたいなものも感じます。


005_convert_20140526172436.jpg


境内に巨大な「和太鼓」もなぜか置いてありました。

何かこういうものを見てしまうと、「吹奏楽」育ちの自分なんかは
ついつい撥を手に取って和太鼓を鳴らしてみたい誘惑にかられてしまいます・・・
ま、実際は撥も置いてありませんし、
叩くことは厳禁ですけどね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント


訪問ありがとうございました!^^

神社とかお寺のひっそりとした感じが
とても好きです。
なんか解放された気分になってしまいます!

リンクに追加させていただきます!

神社は落ち着きますよね・・・

ebeet20 様

コメント頂きありがとうございます。

そうなんですよ、神社はたまに訪れてみると、
そのひそやかな感じ・凛と張りつめた空気・荘厳さを感じ、
来ただけで何か不思議な「安心感」があるのは何とも言えないですよね・・・
この感覚は日本人固有なものに由来するのかも・・・

リンクに追加して頂きありがとうございます。
私も後ほど追加させて頂きます。
どうぞ今後とも宜しくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1230-b177d019
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |