FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


5/18の「ハピネスチャージプリキュア」は
再度「増子美代」が登場しましたけど、
この方は、フォーチュンの姉のテンダーに昔助けてもらった過去があるみたいですし
「情報交換」・「サポート」という意味で今後もちょいちょい出てくるかもしれませんよね。
「プリキュア5」の元祖(?)「増子美香」が「プリキュア5」では結構頻繁に登場していたのに
「5GoGo!」ではくるみの登場時以外はほとんど登場しなかった事を考えると
何か「一つの役割」を持たせてもいいような気もしますね。

今回の話では、ラブリーがまたまた「ポンコツ振り」を遺憾なく発揮し、
楽しませてくれました・・・





今回は、「プリキュアの秘密は家族でも喋ってはいけない」というルールがあるのに、
それを簡単に忘れて
まさかの自分から秘密をばらしてしまい・・・・


8da7d31f_convert_20140520194754.jpg


同時に、自分の部屋で「プリキュア」に変身してしまいます・・・・

いやいや、これは何気にすごい・・・

歴代プリキュアで、過去に戦闘以外で自室でプリキュア」に変身した事例って
今回のラブリーと
過去においては、「ハートキャッチ」のマリンが、
自室の汚い部屋を
「プリキュアに変身し、マリンタクトで浄化すれば、汚い部屋も綺麗になるかも・・・」と
勝手に解釈した例があるだけかもしれませんよね・・・

よく言われる事ですが、
「マリン」はプリキュアの中でもかなり「異端」の範疇に入るプリキュアで
かなり珍しい部類だと思うのですけど、
意外と「ラブリー」もマリンほどの「茶目っ気」とか「いたずら心」という訳にはいかないにせよ
その「おおらかな天真爛漫さ」によって
今後も何かと色々とやっけくれそうな予感もありますね・・・

何かそうした意味でも、今後が色々と楽しみではありますけど、
物語自体が色々と「ややこしい問題」を抱え、
恋愛にメンバー間の確執という問題も出てきそうな中、果たしてこの天真爛漫な「愛」の
プリキュアがどういう活躍を見せてくれるのか
楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

それでもめぐみの行動に違和感がないので自然にギャグとして楽しめるのがいいですね。

これまでの話で、キャラクターの設定がぶれていないということですから。

今後、どこまでパターン破りをしてくれるか楽しみ(^_^)

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツ 様

確かにその通りですね。
めぐみは第一話から全くぶれずに「天真爛漫」であり、
名前の通り「愛」を語るのに相応しいプリキュアですよね。
頭が少々悪くて、後先考えずに「誰かの役に立ちたい」と自然に体が動く点は
歴代のピンク系の伝統を見事に引き継いでいますよね。
今後のストーリー展開も含めて、
フォーチュンとの和解、恋愛禁止令とどう絡むのか
大変楽しみです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1217-bf10ff8b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |