FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


性格分析

元々5/19(月)は休みだったのですけど
この日は社内で全員参加の「社外勉強会」でした・・・
うちの会社の上層部の人って、なんか「船井総研」系の研修会好きなんですよね・・・
こうして年に1~2回程度こうした研修が開催されることがあります。
ま、「休み」の日に「休日出勤扱い」にならないで出勤させられる身としては、
「面倒くさい・・・」が本音なのかな・・・??

要は、以前に受けた勉強会の延長戦というか、
「他人とのコミュニケーション」がテーマなのですけど、
内容はホントに一言で述べると
「過去と他人は変えられない、変えられるのは未来と自分だけ・・・」
「自分を変えるためには、他人にどうやって自分と言う人間を知ってもらうか・・・」
「そのためのコミュニケーションとは・・・??」という感じでした。

その過程の中で、「性格分析テスト」みたいなものがあって
その分析によると、
私は「親分的-分析型」というタイプに属すという事になりました・・・
要は、

〇自分にも厳しく他人にも厳しい

〇「仕事が楽しい」とはまるで思っていない。「仕事」に楽しさを一切求めない

〇自己を厳しく律するあまり、他人への寛容度が低い

〇他人と協調するくらいなら、荊の道であっても「我が道」を歩む・・・

〇現況はかなり無理をしている・・・、仕事の立場上、自分をオープンには出来ず
 何かしらの事情により、自分自身を抑え込み封印している

そんな感じでした・・・

「当たっているような当たっていないような」という感じもなくはないのですけど、
全般的には「本質を突いているかな・・」という感じもありました。

だけど明らかに違っている点は、
「家に戻っても、特に没頭できる趣味が無いので、仕事の事を悶々と考えふさぎ込む」という
点かな・・・
ま、一応は、音楽、特に吹奏楽とクラシックという分野は「ライフワーク」に近いくらい
長期間のめりこんでしまっているし
結婚して以降は、アニメ関係、特に「プリキュア」かな・・・
だから「無趣味」・「仕事オンリー」という訳ではないのですけどね・・・

自分の場合、仕事中は仕事、家に戻ったらもう一つの自分、ぐーたらで怠け者の自分と
ある程度「使い分け」をしているつもりだったけど、
心の深層としては、
やはりどこかに「無理」をしているという事なのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1216-e7dedb3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |