FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


「ガールズ&パンツァー」のあんこうチームのメンバー全員は、ホントまじで個性豊かで
魅力的な人ばかりですね。
昨日の月曜に、先週ツタヤでレンタルしたガルパン第二巻を返却しに行き、
何かレンタルされていないのが何か無いかと探したところ、
第6巻のプラウダ戦を収録したDVD以外は、全てレンタル済でした・・・
さすがに「ガルパン」人気は現在も健在という感じなのかな・・・??

この第6巻の西住殿の活躍は、誠に目を見張るものがありますね。
建物内に籠城する事を余儀なくされ、メンバー全員の士気が下がっている中で西住殿の
取った行動が「あんこう踊り」というのも、
何かうなずける気がしますし、非常に共感度が高い場面だと思います。
また、吹雪の中、夜空を背景に敵部隊を眺めるシーンは、
「西住殿、マジ軍神・・・・」という言葉以外出てこない、非常に魅力的なものがありましたね。

だけど他のメンバーもいい味出していますよね・・・

冷泉殿のそどことの偵察シーンは、何か「トムとジェリー」の世界ですよね・・・
(仲良く喧嘩しな・・・)
また、華さんの展示会における母親との和解の場面も勿論いいのですけど、
第一話から示唆されるように、華さんの何気の「大食い」キャラは、意外なだけに何か
笑ってしまいますね・・・
(とんかつが一人だけ、特大大盛り・・・)

だけど、やはり止めは秋山殿ですね。

秋山殿の「西住隊長、大好き、ラブ」というのが第二話から痛いほど伝わってくるのですけど、
対プラウダ戦になってくると、
「大好き」を超越して、「畏敬・尊敬」の域にまで達しているのが面白いところ・・・
秋山殿が吹雪の中、一人偵察に出て、フラッグ車を発見するあたりからの激戦は
まさにエキサィティングでしたし、全12話の中で、一番印象に残る戦いぶりだったような気がします。

ホントに、秋山殿って人見知りで、
中学の頃まで友達が一人もいなかったというのが信じられないくらいですね・・・

「ガールズ&パンツァー」って見方を少し変えると
「ハートキャッチプリキュア」の主人公、花咲つぼみの「自分を変えたい、過去の自分を乗り越え、
新しい自分を新しい環境で発見していきたい」というのと結構共通する要素は
あるのかなーとも思ったりもします。
西住殿も、一度は「戦車道」から身を引き、過去の「友軍を助けるためにフラッグ車の車長、そして
全体の副隊長という立場を一時的に抜きにしても、自軍のフラッグ車から離脱し、それが原因で
敗北した」というトラウマに悩まされていたものの、
大洗女子という新しい環境で、自分なりの戦車道を求め、結果的に自分自身の変革と繋がっていったのだと
思います。
秋山殿も、高校入学までの「ひとりぼっち」というマイナスの側面を見事に仲間と出会う事で
変化に繋げていったと思います。

華さんの
「戦車道は一つではない」
「私たちが歩いてきた道が私たちの戦車道」という言葉が
この「ガールズ&パンツァー」の全てを物語っていると思います。





話は全然変わりますが、
昨年の今頃、
5月27日付オリコンDVD総合週間ランキングで、まさかの自衛隊のDVDが一位になっています。
空自は5位。海自は7位。
オリコンベストテンに陸海空ってなんじゃこりゃ・・・・???

これにはちゃんとわけがあります。
今回このDVDのオーディオコメンタリーを、「ガールズ&パンツァー」の秋山殿が担当しているからです。

うーーん、こういう所にも
ガルパン人気が出ているのですね・・・
秋山殿、恐るべし・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1214-2b37d7a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |