FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


本日5/15の埼玉は雨が降ったり止んだりと天候不順で少し肌寒く
暑い日に慣れつつあった身としては少し辛い感じ・・・
だけどこういう日って意外と仕事がうまくいくもので、午後3時頃は、
ほぼ完璧に仕事がこなせたし、Good!!な情報も色々入手したしで、たまたま通りかかった
「ハード・オフ」(ブック・オフの姉妹店みたいなもの)に寄ってみました。
ここは、主にパソコン・電化製品の中古品をメインに扱っているのですが、
何か商品の大半は「ジャンク品」という感じで、何かマニアの方が部品集めに寄る店という雰囲気も
ありました・・・
だけどなんでこういう店に寄ったかというと、
最近よく「ハードオフ内で色々と掘り出し物のフィギュアがたまーにあったりもする」という情報が
あったもので、以前から気にはなっていたのでした。

店内に入ってみると確かにフィギュア関係も色々ありましたね。
だけど、ほとんど自分が知らないか興味がないものばかりでしたので
「ふーん、こんなもんか・・」と思って帰ろうとしたら、
一つ面白いものがありました・・・

何かというと、昨年の1~3月に放映されていて、自分も結構好きだった
アニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のメイン主人公の
春咲 千和(はるさき ちわ)と夏川 真涼(なつかわ ますず)のフィギュアが置いてありました。
しかも一体、250円でしたので、思わず買ってしまいました・・・
(ま、箱無しでしたし、真涼の靴が壊れかかっている状態でしたけど・・・、でも状態は綺麗で良い感じでした・・)





こちらは、「夏川真涼」です。
いかにも頭とスタイルが良い「美人さん」という感じですね。

だけどこの学校の制服がとても可愛らしいと思います。


CIMG6923_convert_20140515225303.jpg

こちらは春咲 千和、あだなは「チワワ」
小柄で不器用でさびしがり屋で、とっても可愛らしく
自分なんかは、この千和の方が好きです・・・

主人公の鋭太とは、幼馴染で家も隣同士という設定で、
何か「ハピネスチャージプリキュア」の誠司とめぐみの関係にもよく似ています・・・
ま、往々にしてこういう幼馴染というのはハピネスチャージでもそうなのですけど、
と゜ちらかというと「兄妹」みたいな感覚に近く、中々恋愛関係に発展しにくいというのが
漫画の定番なのですけど、
千和の場合、そうした感じではなく、「自分は鋭太が好き・・」と気が付き始めているという感じ・・・

元々は剣道部期待のエースだったけど、
全国大会前に交通事故に遭い、大怪我をし、回復はしたが剣道を出来るような状態では
無くなった・・・という設定でもあります・・・



CIMG6931_convert_20140515225331.jpg


千和と真涼の仲良くツーショットで・・・
アニメでも初期の頃はかなりいがみ合っているふたりでしたけど、
後半は、結構面白い展開になっていましたね・・・
(何となく「とらドラ!」の大河と亜美ちゃんの関係に似ているのかな・・・??)


orenokanojotoE4BFBAE381AEE5BDBCE5A5B3_convert_20140515225941.jpg


ストーリーは・・・

ハネ高1年1組の季堂鋭太は、ある理由から色恋沙汰には脇目も振らず、学年トップの高成績を達成していた。
ところがある日、帰国子女で校内一の美人と評判の夏川真涼から突然「一緒に帰りませんか?」と誘われる。

真意を測りかね断ったものの、連日誘われ続けたあげく衆人環視の中で「告白」されてしまう。

実は真涼は、恋愛沙汰に嫌悪感しか抱けない「恋愛アンチ」であり、連日の告白を断る繰り返しに疲れたので、同類と見込んだ鋭太に偽装カップルを演ずることを持ちかけたのだった。
そしてそこから幼馴染の千和、
「元カノ」を自称する秋篠姫香と、風紀委員で「婚約者」の冬海愛衣が次々と加わり、ことあるごとに鋭太が『修羅場すぎる!』と慨嘆する展開が続くことになる。

そういう感じです。

このアニメは、全国で放映されたものではなく、首都圏を中心に放映され、
テレビ埼玉でも土曜深夜に放映されていました。
テレビ埼玉は、意外と深夜のアニメが充実し
また昼間の時間帯の再放送も色々あり、結構楽しませてくれます。
(だっていまだに、あらいぐまラスカルとか天才バカボンが再放送されているのですよ・・・
 自分が休みの火曜の夕方に再放送されている「ALIA」は本当に癒されますけどね・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1206-d153fa89
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |