FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


5/11の「ハピネスチャージプリキュア」は、丁度「母の日」とも重なり
「ハートキャッチプリキュア」の母の日回の「なみなみ」の話の時のように
泣かせる回なのかなと思っていたら、
意外と普通の回でしたね・・・

というか、ハピネスチャージも早いもので既に物語の1/3近くを消化し
既に序盤の段階を超え、中盤に入ろうとしています。
この回は、どちらかというと、これまでの話のおさらいというのか、総集編みたいな感じも
しましたね。
フォームチェンジも3人とも全て出てくるし、
チョイアークもサイアークもクィーンミラージュもディープミラーも全て登場してくるし
「カワルンルン」も忍者・ローラースケートの二つが再登場していました。

特に物語の大きな進展が無い代わりに
これまでの「復習」という感じでしたね。
次週、再度ファントム・フォーチュンが登場してきますし、
やはりこの二人が登場しないと、少し物語がたるんできそうな感じもします・・・






今回の「10周年おめでとうメッセージ」はキュアメロディでした。

私、このメロディ大好きなんですよね。

自分の中では、「ドリーム・ハッピー・ラブリー」と並んで、歴代で大好きなプリキュア四天王の
一人ですね。
2011年のリアルタイムの放映時に見ていた頃は、初期の頃は、
「出来の悪いキュアブラック」という感じもしなくはなかったのですけど、
最終盤には立派なプリキュアとして成長していましたね。

相方のキュアリズムは、見た目の弱そうな印象とは異なり、
歴代でもかなり気が強い方ですし、一見すぐに泣いてしまいそうな雰囲気があるのに
実はシリーズ本編でもほとんど泣かない女の子・・・
対照的にメロディというか響は、明るく元気な印象とは別に
実は歴代プリキュア屈指の「さびしがり屋」でもあります。
その辺のギャップも魅力の一つなのかもしれませんね。



261fd568.jpg



今回のブルースカイ王国潜入に当たっては、
予想通り、「忍者の」の変身アイテムが大活躍でしたね。

というか、これってプリキュアだけでなく
何と妖精のリボンにまで適用されるのですね・・・(笑)



b2c78148.jpg


今回は、ナマケルダ・ホッシーワ・オレスキーの三幹部がまとめて登場しました。

だけど、何かこのマヌケ三幹部は、既に「用無し・・・」という感じすらします。
だって、プリキュアハンターたるファントムが一人いれば既に十分という雰囲気すら
ありますからね・・・

というか、この3人の中で意外と一番まともなのが、ナマケルダなのかもしれませんよね・・・(笑)

せっかくプリキュア達の力がまともに発揮されないブルースカイ王国内での戦いなのに
みすみすプリキュア達を取り逃がすとは、
意外と三人の粛清の日は近いのかもしれませんよね・・・
あ、でも最近のプリキュアの蛍光として、どんなにマヌケ幹部でも最終決戦近くまでは生き残り
最終決戦を終えても生き残るという「救い」の道が用意されていますけどね・・・(笑)

「フレッシュプリキュア」以降、プリキュアとバトルを繰り広げねマヌケ幹部は3人というのが
一つのパタンーになっていると思います。
ハートキャッチもそうでしたし、スイートもスマイルもそうでした。
ドキドキも途中2人増えたものの、いつの間にか3幹部に戻り、
「ハピネスチャージ」もファントムは別格として
現時点では3幹部が毎回毎回マヌケぶりを遺憾なく発揮しているのが楽しいものですけど、
プリキュアの一つの楽しみ方が
「毎回恒例のマヌケ幹部達のアホ振り」なのかもしれませんよね。


だけど正直「ハピネスチャージ」は前作「ドキドキ」同様、中々ストーリーが読みにくい・・
いずれ、ブルー・ミラージュ(巫女さん?)・ラブリーの三角関係・・・??
場合によってはファントムを巻き込んだすさまじい「ドロドロとした人間関係」のドラマが
待っている可能性もあります。

予想がつかないだけに、その辺りの「ドキドキ」も今後も楽しんでいきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1202-6cbf85d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |