FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


よく言われる事ですが、ベルリオーズの「幻想交響曲」は
音楽史を語る上では、途方もない奇跡的な曲だと感じます。

だってベートーヴェン大先生が亡くなって、古典形式が主流の中、
そのわずか3年後に「幻想交響曲」という
現在聴いても先進的な曲が生まれている訳ですから、
これは本当に奇跡としかいいようがないと思います。

ベートーヴェンの時代、和音美とか形式美とか「定められた形式」が尊重されていたと
思いますが、
ベルリオーズの幻想の場合、
「自分の感じたままに書く!!それの何が悪い」という感じに
形式を超越し、和音的にも奇怪な響きや不協和音が結構至る所に炸裂しています。

ベルリオーズ以前にも、ベートーヴェンの交響曲第六番「田園」にみられるような
標題音楽は色々ありましたが、
自分の妄想や欲望、自己顕示欲をグロテスクなまでに
自分の交響曲に取り入れたのは、ベルリオーズが第一号といっても差し支えはないと
思います。

この曲はあるゆる意味でいろいろと時代を先取りしていると思います。

チャイコフスキーやフランクというと、「循環形式」とかいって
一つの主題が各楽章に受け継がれていく形式が有名ですが、
ベルリオーズの場合「恋人の主題」が色々変容していっているのが面白い所です。
この恋人の主題は、第四楽章「断頭台への行進」では、斬首寸前に再現されますし、
第五楽章の「ワルプルギスの夜の夢」では、化け物となった恋人のなれの果てのテーマとして
再現されています。

更に、この時代打楽器は、ほぼティンパニーに限られ
まれにシンバル・大太鼓・トライアングルが入る程度だったのですが、
20世紀の打楽器主義を予感させるように、
チャイムや小太鼓も積極的に使用しています。
また、ティンパニーも第三楽章の嵐の表現では四人の奏者を用いていますし、
第四・第五楽章では常に二人の奏者を用いています。
第五楽章では、大太鼓も二人の奏者を使っています。
指揮者によっては、第四楽章の小太鼓を二人用いる場合もありますし、
第五楽章の最後のシンバルの打音を二人の奏者を使用する場合もあります。

ま、とにかく交響曲に「私情」を大胆に持ち込むのは、
マーラーの良き先例になったとも思えます。

こうしたとんでもない内容の交響曲がベートーヴェンの死後わずか3年で
登場すること自体、
やはり「奇跡」なのかもしれません。

個人的には、
1930年代、ストラヴィンスキーが原始主義を乗り越え新古典主義に到達し
プロコフィエフがモダンと伝統の間に葛藤し、
ショスタコが政治に翻弄され暗号的な交響曲を書いている頃
ラフマニノフがアメリカに亡命してもなお
旧帝政ロシア時代のメランコラリックな曲を書き続けていた事にも
音楽史の上での皮肉というか、奇跡を感じてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/120-febb4480
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |