FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


大学を卒業して以来ずっと(不本意ながら・・?)会社員勤めをしていましたが、
今勤めている会社を別とすると、これまで在籍した会社は全て
破綻・解散・閉鎖などつぶれてしまったものばかりです。

こうして書いてみると、
「何て悲惨な運命」とか「何て運がない」と思うかもしれませんが、
本人には全くそうした意識はありません。

負け惜しみでもなんでもなくて、
「色々な会社・人間・風土・社風・考え方を生で体感できて面白かった」と
胸を張って言えると思います。

勿論生涯賃金とか退職金とか金銭面から考えると膨大なマイナスでしょう。

だけどお金はあの世に持っていけないし、子供には恵まれなかったので
妻と二人で細々とでも生きていければ、それでいいかなと思っています。
大好きなプリキュアを視聴し、音楽を聴いて、たまに日帰り温泉施設でボーーッとし、
ささやかな幸せをたまに実感していければ
それでいいかなと思っています。

一番最初に勤めた会社は「銀行」でした。

自分が大学4年生の時は、バブルに向かう絶頂の時代で、
特に就職活動も苦労せず、
今の学生さんには本当に申し訳ないのですが、
実質就職活動2週間程度で3社から内定を貰えた時代だったのです。

当時の銀行は、本当にイケイケでして、仕事のノルマは預金集めではなくて
お客様にひたすらお金を貸すこと、融資量をひたすら追う時代でした。
本来融資の基本姿勢は、「顧客のヒト(人間性)・モノ(担保価値)・カネ(資産状況)の三つを
バランスよく見て判断すること」のはずですが、
当時は担保価値さえあれば、いくらでもカネは貸せるという誤った価値観に全行員が
支配され、バブル崩壊以降は、ご存知の通り不良資産の山だけが残り、
破綻という最悪の悲劇にたどりついた訳なのです。

でも、銀行員は本当に表の顔と裏の顔は全然違いますよ。

本音と建前の使い道は本当に上手く、上司への告げ口とちくりは日常茶飯事でしたので
これは本当にすさまじいの一言に尽きると思います。

銀行が破綻して以降は、基本的には住宅関係の仕事に従事していますが、
なんかやっと世間の常識にあった仕事をしているというのが本音です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/12-a3e976f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |