fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


高校・大学時代の吹奏楽部のメンバーの中には、
何と今現在も現役プレイヤーであり続ける奴もいて、
「すごいな・・・」と感心することもあります。
ま、ほとんどのメンバーは、大抵社会人になってしまうと、楽器を吹くことからは
足を洗う事が多く、
そういう自分も社会人になってからは、ほとんど楽器を吹いたことがありません・・・
一度たけ、高校の「創部50周年」という記念メモリアルコンサートで
邪魔にならないように吹いたことがある程度ですね・・・

今でも現役プレイヤーにこだわりを持っている自分の友人の話ですと、
なぜ今でも現役プレイヤーにこだわり続けるかというと、
勿論、コンクール・コンサート等が終わった後の開放感とか充実感もいるのですけど、
滅多にない事だけど
ある曲目を演奏して、自分自身も全体も何か「ツボ」にはまったように
全員一体感が感じられる瞬間があるらしいのです。
(ま、そういう感触は自分自身も何回か経験したことがあるからよく分かります・・)
そういう「ツボ」にはまった演奏を
彼は、なぜか「センタリング」と呼んでいます・・・

「センタリング」なんて言葉、自分自身は聞いたことがないのですけど、
なぜか彼は、「演奏中感極まった状態で自らと全体がツボにはまる事」をセンタリングと
呼んでいます・・・

うーーん、よく分からない・・・


〇吉江中学校

 Ⅲ/ケルトラプソディー

 うーーん、この演奏を生で聴いていて、
 上記の「センタリング」という言葉がなぜか思い浮かんでしまいました・・・
 確かに、何かツボにはまる演奏というのか
 人の心にまっすぐと溶け込んでくるいい演奏でしたね。
 一言で言うと、奏者の気持ちがストレートに演奏と音に反映されていました。
 欠点を言うと、幾分響きが生々しいというか、
 ストレートすぎて、気分先行なんて印象も多少は感じました。

 日本人ってこういう民謡みたいな曲に弱いのかな・・・
 何かどこかで聴いたことがあるような親しみがある旋律が抒情的に感情豊かに
 吹かれると、何かついつい「瞳うるうる・・・」みたいな演奏につい惹かれてしまうのですよね・・・

 確かこのチーム、50人編成が多いチームの中で、35~40人程度の
 幾分少人数だったような記憶があります。
 自由曲は、作曲者不詳というのか、イギリスの民謡をベースに
 1986年の課題曲D/テイクオフの作曲者の建部氏が巧みにアレンジしたものですけど、
 実によく計算された構成だと思います。
 前半は、抒情性たっぷりと歌い上げ、
 短い後半は、ドラムスをメインにリズムセクションをガンガン響かせ、
 かなり豪快に鳴らしていました。
 前半と後半の鮮やかな対比も良かったと思います。

 全体的には作戦勝ちという感じもしますね。

 指揮者の山田先生は、以前は、スペイン奇想曲とかラフマニノフの交響的舞曲とか火の鳥みたいな
 アレンジもの中心という感じでしたけど、
 吉江中の98年~2000年の普門館での三年間は、吹奏楽オリジナル作品を
 繊細に時に大胆に演出されていましたので、
 どちらかというと、少しクセのある鳴るオリジナル曲の方が
 合っていたのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1196-919dd414
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |