fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


なんか2000年シリーズの話が随分と中断したまんまでしたね・・・
1981年~82年の東北大会の話ばかり書いていたら、
本人がすっかり忘れ果てていました・・・


〇中間東中学校

 Ⅳ/三つの夜想曲より、Ⅱ.祭り

 このチームは、色々と浮き沈みはあったものの、現在でも全国大会に駒を進め続けているのは
 大したものだと思います。
 1990年~92年に三年連続全国大会出場を果たしたものの、その後一時期停滞し、
 2000年に再度同じ指揮者で全国に臨むことになりました。
 というか、同じ指揮者が同じチームを振り、8年近く全国大会のブランクがあり、
 そのブランクを乗り越え全国にカムバックを果たす事例は
 比較的珍しいので、これは素晴らしい事だと思います。
 東先生がこの中学を去っても、別の指揮者が引き続き、実力を維持し続けることは
 スクールバンドでは至難の業なので、
 その意味ではすごいと感じます。

 このチームは、1990年~92年の3年間の演奏は、
 「ユニークさ」では群を抜いていたと感じますし、年によってここまで当たり外れの振り幅が大きい
 のも大変面白いと思いました。
 90年のドビュッシーの「海」~第一楽章と課題曲A/ランドスケイプは、
 聴き方によっては、ネリベルでも聴いているかのような錯覚する感じる大変ユニークな解釈で
 唐突なffとかffとppの極端な対比とか、打楽器セクションの部分的強調とか
 唐突な場面展開とか
 とても「フランス印象派」の音楽というよりは、
 ネリベルの「二つの交響的断章」の世界を聴いているかのような錯覚すら感じました・・
 ま、解釈に相当なクセがありましたね。強烈な個性を感じたものでした。
 91年の「ダフニスとクロエ」第二組曲は、前年度と変わって
 オーソドックスな解釈で、「夜明け」のひそやかさはお見事という言葉しか出てこない
 素晴らしいものでした。
 課題曲A/斜影の遺跡のトランペットセクションの唐突なベルアップには度胆を抜かされましたけど・・・
 92年の演奏が一番ひどかったな・・・
 何が芳しくないかというと、ピッチが全然合っていないことと
 ソロ楽器の音程、特に「イベリア」のソプラノサックスの音程不良は、
 少しひど過ぎでしたね・・・・
 音楽に個性は感じるのですけど、音程不良が致命的でしたね・・・

 そして8年後に再度全国に駒を進めましたが、
 結果は・・・、正直「うーーん」という感じでしたね。
 相変わらずすごいクセのある解釈で、音楽に個性と表情は十分に感じるのですけど、
 やはりピッチが合っていないのですよね・・・
 雄新とこのチームの演奏が、前半の部では、技術的に一番危い感じはしましたね。
 90年代の演奏もそうでしたけど、このチームは、金管セクションは相当鳴るチームだと
 思うのですが、全体対金管 金管対木管という風にバランスが悪い面が多々感じられたのが
 少し残念な所でした・・・

 このチーム、九州大会では銀賞だったものの
 この年の九州大会はかなり厳しい審査だったみたいで、代表校3チームのうち、金賞の代表は
 1チームのみ、残り代表2枠は、銀賞チームから選ばれたようですけど
 こうした事が21世紀のコンクールでも起きうるのですね。
 何か興味深い感じはしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1194-dc657486
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |