fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


1981年の全日本吹奏楽コンクール、その中でも「東北大会」の事を書く人なんて
いないでしょうね・・・
自分自身も、当時の演奏の記憶なんて、実はそれ程ありません。
何というか、「ワンフレーズ」としての印象ぐらいなのです。

私の場合、コンクールのプログラムの空白の部分に
演奏直後の自分の感想・思いついた事を一言二言三言程度書いてあり、
その言葉と自分の記憶から
断片程度に書き残しているような感じですね・・

例えば、

〇大曲→難しい現代音楽 緊張感 内面的充実感

〇仁賀保→サウンドの透明感 音の美しさ

〇磐城→難曲をほぼ完璧にこなしている 抜群の消化力

そういった言葉が羅列していて、そうした「ワンフレーズ」の言葉と共に
漠然とした記憶の中から
掘り起こしているような感じですね・・・

20年前、30年前の出来事の中でも、部分部分は非常に鮮明に記憶に残っていることもあります。
だけど単なる「老化現象」のせいなのかよく分かりませんが
ほんの2,3日前の出来事
例えば
「三日前に食べた昼ごはんは何だったのか・・」
「三日前に誰と会い、どんな仕事上の話をしたか・・」
「三日前の会社の朝礼で、どんな話があったのか・・」
みたいな事は
スパッと記憶からぶっ飛んでいる事もあったりします・・・

何か人間の「記憶」って面白いものがありますよね・・・


〇仁賀保高校

 B/スキタイ組曲「アラとロリー」

 このチームの翌年の矢代秋雄の交響曲の素晴らしい演奏のことは
 これまで散々書いてきましたが、
 実はこの年の超名演の前年の演奏も聴いていました。
 上記でちらっと触れましたけど
 とにかく「サウンドの透明感・洗練さ・音の美しさ」は、出場チームの中でも
 群を抜いていたと思います。
 この東北大会まで、私自身は宮城県内のチームの演奏しか聴いたことがなかったのですけど
 「他県には、こんなすごい音を持っているチームもあるんだ・・・」と
 ひたすら感動したのは今でもよーく鮮明に覚えています。
 自由曲のプロコフィエフの「スキタイ組曲」は、とにかく荒々しい豪快で骨太な曲なのですけど
 そうした曲であるにも関わらず、
 こうした荒ぶる曲でも「サウンドの美しさ」を感じさせたこのチームは
 さすがとしか言いようが無いと思います。
 スキタイ組曲のどの部分を演奏したのか、コンクールでは定番の第一・第二楽章の演奏だったかは
 全然記憶に無いのですけど
 とにかく演奏が「美的限界」に達していたという印象は鮮明です。
 (ま、この当時の自分はスキタイ組曲という曲の存在すら知りませんでしたけどね・・)

 反面、課題曲Bは、聴いていて少し不満は感じました。
 前半の幽玄的な部分は、このチームの音色と非常にマッチしていて良かったのですけど
 中間部のアレグロは、「美しすぎてかえってひ弱に聴こえる・・・」という感じもなくは
 ありませんでした・・・
 何か民衆のパワーというか土俗的なエネルギーは不足していたのかもしれません。

 当時の指揮者の高野先生は、90年代以降は新屋高校に赴任されますが、
 この新屋高校でむしろ真価を発揮されたような感じもします。
 仁賀保時代の再演となりますが、
 矢代秋雄の交響曲とか三善晃の交響三章とか
 やはり良かったですね。
 「交響三章」は、高野先生は、83年・91年・2000年と計三回取り上げていますが
 自分なんかは91年の演奏が一番しっくりきます。
 また邦人現代音楽路線の他に
 イベール・ラヴェルといったフランス印象派路線も披露されていますが、
 自分個人の感覚としては、高野先生とフランス音楽は、何か今一つしっくりくるものはありません・・
 (94年のスペイン狂詩曲は良かったと思います・・)
 だけど高野先生と言えば、「ロシアもの」が私は大好きでした。
 特に、1992年の「ガイーヌ」とか翌年の「ペトルーシュカ」は本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれたと
 思います。
 「ガイーヌ」も、
 一般的に演奏される、87年の中央大パターンでもなく
 90年の中央大パターンでもなく
 アィシェの目覚めと踊り+レスギンカ舞曲の組み合わせでもなく
 「序奏→近づく嵐→ガイーヌとアルメンのデュエット→収穫祭」という少し珍しい組み合わせが
 非常に斬新で楽しかったですし、
 サウンドもいかにも「荒ぶるロシア」っぽい感じて、私は大好きでしたね。

 話を1981年の東北大会に戻しますが、
 この年の仁賀保は「銀賞」でした。
 自分としては、当然金賞、もしかしたら全国大会出場?と思っていただけに
 何か少し意外感はありました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1191-eb1c4f5d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |