fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


1981年の自分の高校の課題曲はA/イリュージョンでしたけど、
気持ちとしてはB/東北地方の民謡によるコラージュを演奏したかったですね・・・
Bの方が(表現的な問題は別として)技術的には平易だったし、
曲への共感度は全然高いし、
やはり生まれも育ちも東北出身という事で曲に対する「郷愁」みたいなものはありましたね。
前年度の課題曲はC/北海の大漁歌でしたけど、
この際も曲に執拗に引用される「ソーラン節」も北海道と東北は距離的に近いという事で
何か共感度というか思い入れはありましたね・・・

それにしても課題曲A/イリュージョンは、
中々イメージがしにくい曲でした・・・
曲のタイトルは、イリュージョン(幻想)となっているのですが、
この俗っぽい感じのどこが「ファンタジー」なのか当時はさっぱりわかりませんでしたけど、
課題曲の作曲者に言わせると
「訳も分からず、とにかくひたすら脇目も振らずに
 力いっぱい駆け抜けていくイメージ」との事ですが、
 それではこの曲のタイトルとの整合性はどこにあるのだろう・・・という感じでしたね・・
正直、自分自身この課題曲を吹いてみても
「全然イメージが湧かないし、共感もしない・・・
 この曲のどこが面白いのだろう・・・」という感じでしたね。

ま、曲自体、同じメロディーの繰り返しが多く、その執拗さも何か妙に鼻につく感じもしました。
基本的に4拍子で曲が進展していくのですけど
部分的に4分の3+2拍子という妙な変拍子が出てきたり、
中間部は三拍子でしたしね・・・
情緒的な部分は少ない課題曲なのですけど、中間部を妙にたっぷりと歌い上げるチームもたまに
いたりしたものですが、
それをやるとかえって曲全体がアンバランスになったりと、
決して奥深くはないのだけど、
指揮者にとっては「解釈に悩まされる課題曲」でしたね・・・

当時、自分の高校は生徒指揮でしたけど、
(当時は伝統的に2年生が指揮をしていました)
当時の先輩の解釈は、
「砂漠の中を、靴も履かずに裸足で駆け抜け、熱い熱いと言わずに、ひたすらゴールを目指して
 走り抜ける」という基本方針で曲をまとめていました。

ちなみにこの曲、出だしが意外と難しいのですよね・・
冒頭がユーフォとチューバ、トロンボーンとかなり線が細く、
実際のコンクールの場で、この場面をミスるチームが非常に多かったですね・・・

この「イリュージョン」を辞書で引くと
「幻想」という意味とは別に
「忘れてしまいたい嫌な事」という意味もありましたけど、
この年、1981年は色々な意味で「嫌な事」ばかりでしたので、
(一応県内では進学校に進んだので、1年時は、まじで勉強についていけなかつたし、吹奏楽部も
 周りは上手い人ばかりだったので、
 ある意味毎日がプレッシャーの日々でした・・・)
そういう意味では、むしろ自分に相応しい課題曲でもあったのかもしれません・・・


〇釜石南高校

 A/歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール

 上記で、課題曲A/イリュージョンについて愚痴っていましたけど
 このチームの課題曲Aを聴いて
 「なるほど、こういう解釈もあったのか・・・」と少し目からウロコ状態でした・・・
 このチームの課題曲で何が良かったかというと、
 一言でいうと、「演奏がほんわかして温かい・・」という点でした。
 それほど情緒とか感情が湧きあがる曲ではないのは上記の通りなのですけど、
 何でしょうね・・
 音色自体が「おおらか」なせいもあるのでしょうけど、
 自分にとっては「力一杯駆け抜ける」というよりは
 「ファンタジー」感の方が強い「イリュージョン」でした。
 演奏も音色も解釈も、「爽やか」という訳ではないのですけど
 「アクが無い演奏」というのか、
 何となく「性善説」に基づくような演奏だった感じがします・・・
 当時そう感じたのは自分だけなのかな・・・
 後で触れますけど、山形南の課題曲Aが、いかにも男子校らしい力強さに満ち溢れていたのとは
 極めて対照的でした。
 自由曲も、当時しては初めて耳にした曲でしたけど、
 冒頭のオーボエのソロにすぐに惹き込まれましたね・・・
 何かいかにも中東の「インチキ蛇使い」みたいなエキゾチックな雰囲気が濃厚でしたけど
 演奏も非常によく歌われていて
 私自身は、すごーく楽しめました。
 やはり自由曲も「ほんわかしていて演奏が温かい」という雰囲気でした。

 この大会は、全般的に現代音楽系というか難解な曲を自由曲に選ぶチームが多い中で
 日大山形と共に、
 聴くだけで何か「ホッ」と出来ような数少ない瞬間でもありました。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

またまたありがとうございました!

こんばんは。昨日はCGゆうゆう&ハニーちゃん記事に丁寧なコメント
ありがとうございました! とても可愛いと言って頂けたり、お色気も感じて
頂けるとは…! 他にも勿体ない位の誉め言葉をたくさん頂け幸せです♪
pixivにも足を運んで頂き、ロゼッタちゃんやマミさんも見て頂けたとは…!
過去の作品は特に未熟な部分が目についてしまって、少し恥ずかしい気持ちも
ありますが…大好きな気持ちを込めて描いたので、それ以上に見て頂けた事が
嬉しいです! pixivは色々な方のイラストやネタが見れて楽しいです☆

ゆうゆうの大人な感じは際立ってますよね~。あの一言でめぐみもブルーを
意識していた感じでしたし。でも前の回での「王子様でおなかはふくれない」
のセリフの印象も強く、ゆうゆう自身の恋はまだかなぁ…と思いながら
見守っています。カップリングのお話もできて嬉しいです♪
ブルめぐはミラージュ(巫女さん?)とブルーの関係もあるようで、
三角関係になるかもと思うとハラハラしてしまいます。ハニオレは家族
みたいな、ほんわかした感じで一緒にご飯を食べている姿を想像すると
楽しいです! またドキプリのイラりつもお好きと聞いて嬉しいです☆
イーラとのお別れは切なかったですが…公式でのイラりつっぷりは見ていて
微笑ましかったです。イーラ記憶喪失回は六花の優しさ、しっかりした所等
六花の魅力が溢れていて今も印象的な回です。

歴代ピンク中心のカプの表現も的確で楽しく読ませて頂きました…!
初代は熱いイメージが強いのでまさに戦友ですね。
せつなはラブとの生活でどんどん距離が縮まったと思います。
なおれいは幼馴染で、互いに分かり合っている感じが印象的でした。
マナりつは二人共本当にしっかりしていて対等でしたし!
めぐひめは今後のポンコツコンビからの成長に期待大です☆
これからまた色んな組み合わせもできるかもしれなくて、
自分自身もどれにハマっていくか分からずドキドキしています(笑)

感想記事はもちろん、プリキュアショーやグッズの記事も楽しく読ませて
頂いております。いつも更新お疲れ様です! これからも楽しませて頂き
ますね。長文失礼しました。読んでくださりありがとうございました!

こちらこそありがとうございます!!

風月時雨 様

いつも丁寧なコメントをありがとうございます。
それに、自分のホント、しょーもないブログを見て頂き、感謝感激です!!
よく自分のブログは、音楽関係の時とプリキュア等アニメの時とで
表情が全く違うので、とても同一人物が書いているとは思えないというお言葉を頂戴しますが、
ま、真実は、同一人物です・・・・(笑)
自分で言うのも何ですが、「プリキュア」の記事を書いている時の方が自然体に
手が進むような感じもしますね・・・
でも、どうぞこれからもおつきあいくださいね。

でも過去のpixivの過去の作品を拝見させて頂いても、全然未熟という印象は
ありませんよ。
むしろ白黒のイラストの時の方が、他の方には無い骨太・個性が存分に発揮されていて
自分は大変好感が持てます。

さてさて、「ハピネスチャージプリキュア」なのですけど、
自分のブログ内でも妄想(?)しましたけど、
びかり神社の巫女さん(クィーンミラージュ?)とブルー・ファントムは、実は
昔は三角関係ではなかったのかな・・・という勝手な想像をしています。
ミラージュはブルーに、ファントムは巫女さんが好意を抱いていて、巫女さんが失恋の
ショックでミラージュに変えられ、後追いするようにファントムも自ら望んで
不幸の道を選択したのでは・・??と考えています。
ま、こればかりは当面謎のままでしようけど、
前作「ドキドキ」といい、何か最近のプリキュアは「謎」要素もてんこ盛りで
その点でも中々楽しいものです。
「ドキドキプリキュア」では、実は、菱川六花が大好きでした。
イラりつの回も勿論好きでしたけど、
それ以上に、まこぴーが転校してきた回の六花の焼きもちとそれを認めた上で
「誰にでもある事」と大人の対応をしたありすが抜群に素晴らしかったです。

どうぞこれからも素敵なイラストと記事を楽しみにしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1189-0156728b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |