FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


5/4の「ハピネスチャージプリキュア」は、ギャグ回かなと思っていたら
意外としっかりした作りの回で、色々な意味で「意味深」みたいな要素もありました。
というか、歴代プリキュアに関する「小ネタ」というかオマージュが色々と仕掛けられていて
正直、これは初代から見ている人でないと中々わかりづらいものはあるとは
思いますが、
自分なんかはすぐに「ピン」ときて、その意味では中々興味深かったです。

増子美代(マスコミよ)の再登場は、プリキュア5へのオマージュですし、
ラブリーが後半叫ぶ「プリキュアの美しき魂が・・・」のセリフは
完璧に初代プリキュアに対するオマージュですし、
最後にオレスキー将軍が言っていた「その手は、桑名の焼き蛤」は
完璧に「ハートキャッチプリキュア」のブロッサムのパクリでしたね・・・(笑)

さすが今回は、プリキュア500回記念という事で
現役のプリキュアから、過去の歴代の先輩プリキュアに対するオマージュというのか
「受け継がれていく魂」みたいなものは感じましたね・・・

最近、今更みたいなことを気が付いたのですけど、
「ハピネスチャージ」のEDの歌の歌詞で
「夢みるつぼみはあきらめない、倒れそうな時も信じていこう」の部分は、
プリキュア5GoGoのOPの歌の歌詞とほぼ同じですし、
同じくハピネスのOPの歌で、
誠司・ブルー・めぐみ・ひめの4人が並んでいるシーンから、いおな・ゆうこに繋がっていくシーンで
いおなとゆうゆうが手をかざしながら画面左右に離れていく場面は、
2代目プリキュアのSSの後期EDで、満と薫が同じ事をしていましたけど、
あれもよく考えてみると、
ハピネスからSSに対する感謝の気持ちなのかもしれまんよね・・・・



はぴ



今回の「10周年おめでとうメッセージ」は実に意表を突かれました・・・

まさか現役の「ハピネスチャージ」が、しかも4人全員揃うとは
予想外でした・・・
まだフォーチュンは仲間に加わっていないのだけど、
今後の方向性を示唆する感じでしたね。
最初に「フォーチュン」が喋りだしたときは、まじに驚きました・・・




ハピ


今回は、全体的にはギャグタッチみたいな雰囲気もある一方で
「ハピネスチャージプリキュア」に今後襲い掛かる問題の「恋愛問題」を示唆するような問題が
わずかながらでも提示されていたのは
大変興味深いものがありました。

誠司の妹の真央は、当初は、卓真の事を
「アホな奴」という感じの目しかなかったのだと思いますが、
卓真が意外と頑張り屋で、他人への思いやりも持った子だと感じ取った時点で
何かそれがうっすらとした「恋」にも似た感情に変わっていったのかな・・・??

真央の表情からでは何とも判断が難しいのですけど
この場合の解釈として、
①「意外と卓真はいい奴なんだ、全然気が付かなかった・・・だけど気が付かない自分は何て鈍感」

②真央の友達でもあるえりが全然ハマグリガ取れなくて困っているところをさりげなく助けている
 卓真を見て、
 「何よ、この子・・・」とうっすらと焼きもちにも似た感情を感じて、
 そういう感情を抱いた自分に対して
 「あれ、どうしちゃったのかな・・・」と感じた

というのがあると思いますが、
そうした事が今後、めぐみの身にも起きるのではないかと予知するような感じにもなっているのが
興味深いところ・・・



めぐみ


めぐみ自身、
前回ブルーとの間に「本人すら意識しない無意識の恋心」があったのかもしれませんけど、
上記の真央・卓真・えりの一連の流れの中で、
えりを助けようとする卓真をさらに余計なおせっかいを焼こうとするめぐみに対して
ゆうゆうが、そのおせっかいを止めて
「めぐみは、もっと好きとか嫌いとかに興味を持った方が良い」と指摘されるのが
今回の最大のポイントかな・・・??

さすがに、ゆうゆうは既に分かっているし見抜いている・・・

ゆうゆうは、ハニーとしては相当変な要素もあるのですけど、さすがにめぐみとひめよりは
「大人」という感じですね。

めぐみは、歴代ピンク系としては珍しく
自分に対して「確固たる信念」を持ち切れていない珍しいタイプ、同時に
自分自身に対する評価も他人からの評価も低いと思っている感じもしなくはありません。
めぐみに必要なものとは何でしょう・・・??
他人に与える「愛」というのは、実は既にめぐみ自身既に内在し持っている・・・
では何なのか・・・
それは「他人から存在を認められる事」又は他人から与えられる愛・・・
プリキュア活動以外でそれが出てくる面というと、それが「恋愛関係」なのかな・・・

現段階では全く予想は出来ないのですけど、
ゆうゆうの言葉に少しは反応できるほど、めぐみの心の中にも少しは「変化」が
あったのかもしれません。

何かそうした事をうっすらと示唆するような感じでした。

それにしても真央ちゃんは少し気の毒・・・

だって鏡に閉じ込められてしまうのはこれで二回目・・・
歴代プリキュアの中では、
ハートキャッチとドキドキとハピネスチャージの3作品が、人間を材料に怪物が生み出されましたが
同じ登場人物が短期間で二度も対象にされるのは極めて珍しいですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1182-290d01f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |