fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


1981年の課題曲Bは「東北地方の民謡によるコラージユ」なのですけど、
この年の東北大会では、「さすが地元」みたいな郷土愛溢れる演奏もありましたし、
内面的緊張感たっぷりの演奏もあれば、
無機質な感じの演奏もあったりで、
振り返ってみると、この大会で、考えてみると当たり前のことなのですけど
「演奏するチーム、指揮者の考え方によって解釈も演奏スタイルも表現も、全てが違ってくる」
という事に気が付いたような気がします。
というのも、中学の頃は、
顧問の指揮者のおっかない音楽教師によって
「ここはこうやって吹け」
「ここのテンポは速めに」
「いつも指揮者だけを見ていろ、余計なことは一切考えるな」
「普段の練習通り吹け」などと
演奏者の自由とか自発性何てことを考えたことがありませんでしたし、
あの頃は、
「指定された楽譜があるのだから、譜面通り吹けば違いなんてそんなにある訳がない」という
感覚があったと思います。
高校の吹奏楽部に入部し、たまたまその部が伝統的に生徒指揮で、毎年生徒が自発的に音楽を創り上げていく
スタイルを取っていたので
そこで初めて音楽にも「色々な発想がある事」とか
「音楽にも個性が必要」とか
「100人の演奏者がいれば100通りの曲に対する意見が出てくるもの、それを決めるのは指揮者、
 だけど指揮者もたまには演奏者の意見にも耳を傾けなくてはいけない」
という当たり前のことが初めて体感できたのだと思います。

だから初めて東北大会という非常にレベルの高いコンクールを聴いた時も
当時何が一番カルチャーショックだったかというと、
同じ課題曲でも
演奏団体によって、テンポも解釈も全然異なっているという事でした・・・

特にこの年の課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュは、作曲者がかなり自由な方で
楽譜に指定された以外の楽器を自由に使っても構わないし
楽譜に「オプション」として書かれた部分を吹くも吹かぬも自由という感じでした。
そういう背景もあり、
この課題曲Bは、特に演奏団体・指揮者によって様々な表情があったのだと
思います。

特に課題曲Bで印象的だったのは、
午前中の職場の部で演奏した「青森県信用組合」でしたね・・・
あの演奏の何が一番衝撃的だったかというと、
楽譜上アルトサックスのソロと指定された部分とか序奏部の静かな部分のメロディーを
何と本物の「尺八」が吹き、
何とも言えない雰囲気を醸し出していたのです。
あれは、今にして思うと「雅楽」の笙みたいな雰囲気でしたね・・・


〇大曲高校

 B/交響三章第二楽章(三善晃)

 この演奏は、33年以上経過した現在でも忘れることが出来ません。
 一言でいうと
 「とにかく恐ろしいほどの緊張感を孕んだ演奏」でした。
 課題曲Bは、全国大会の実況レコードとか後日聞いた日本ワールドレコード社による
 カスタムテープで色々な演奏を聴きましたけど、
 この大曲高校を超越する演奏は無かったと言えるのかもしれません・・・
 何て言うのかな・・・・
 とにかく聴いていて「何かビリビリするような」緊張感が客席にまで伝わってきて
 冒頭の幽玄さとか
 アレグロの土俗的迫力とか
 一音一音に演奏者の気持ちみたいなものが伝わってくるような演奏でした。
 しかもそれが「温かい」というのではなくて、
 演奏者の内面的緊張感というのか、とにかく真摯な気持ちがひしひしと伝わってくる演奏でした。
 しかもそれが機械的というか冷たいという感覚は全くなく
 「真面目さ」・「真剣な思いで音楽に向き合っている」
 「演奏者たちの練習時の気持ちを本番でも、一瞬でも気を抜くことなく全てを伝えたいという強い気持ち」
 といったものが熱く伝わってきました。
 とにかく大曲の課題曲Bは、
 自分が知る限りでは「最高の演奏」です。

 自由曲は三善晃の交響三章でした。
 この曲は前年度に秋田南が第三楽章を取り上げ、大変な歴史的名演を残してくれました。
 大曲は、第三楽章ではなくて、
 第二楽章を自由曲として取り上げていました。
 当時田舎の高校一年生であった自分は、勿論、三善晃という作曲家も「交響三章」というウルトラ難解な
 曲何て知る由もなかったのですけど、
 とにかくひたすら曲の持つ雰囲気と緊張感溢れる演奏に
 ただただ圧倒されたという感じでした・・・
 課題曲の緊張感もすさまじかったけど、
 自由曲は「難解な邦人現代音楽」なだけに
 当時の感想は、一言でいうと
 「何だかよく分からないけど、とにかく凄い・・・凄すぎる!!」というものでした。
 だけど、課題曲以上の「緊張感」があり、
 演奏終了後は、
 「とにかく打ちのめされた・・・すごい・・・凄すぎる・・・彼らは本当に自分たちと同じ高校生?」という
 感想以外ありませんでした・・・

 1981年のコンクール以降、ピアノを楽器として使用することがOKとなりましたが、
 この年、実際にピアノを使用した演奏はあまり耳にしていません。
 だけど大曲高校は、ピアノもかなり効果的に使用していたのは
 よーく覚えています。

 大曲高校は、この年の東北大会で金賞を受賞したものの
 全国大会には進めず、いわゆる「ダメ金」でした・・・
 自分の当時の採点では、
 東北大会における全国大会代表チームは、磐城・大曲・仁賀保でしたので、
 何か結果も残念でしたし、
 今にして思うと、5000人の聴衆の前で普門館で是非大曲高校の緊張感漲る演奏は
 聴いて欲しかった気がします・・・

 ホント、惜しいダメ金でした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1180-2bcf7d3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |