FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


5/5の明け方の地震は正直驚きました・・・

3.11の大震災のような長時間の揺れではなかったのですけど、
最初に上下にドーンときましたので
「え、またか・・・」と瞬間的に感じたのですが、
比較的短時間で収まり
すぐにニュースを付けてみると
首都圏中心の地震で津波の心配が無いという事でしたので、安心しました・・

東京23区が震度5 埼玉南部が震度4という事でしたけど
感覚としては「震度5」に近いような気がしました。
(ま、川口市は東京23区の隣なのですけどね・・・)

明け方5時頃だったと思いますが、
普通の方はこの時間は眠りにつかれている時間帯だと思うのですが、
実は自分はこの時は起きていました。
前回書いた通り、ツタヤで借りてきた「ガールズ&パンツァー」があまりにも面白いので
これを全巻見ていたら
こんな時間になっていました・・・



ガルパン


こういう「戦車」と「可愛い女子高生」という微妙なミスマッチが
何とも言えないのですよね・・・

他校との公式戦の中で、砲撃を「ドカーーン」と食らわした瞬間に
あの大揺れでしたので、
感覚としては、戦車の砲撃で建物が揺れたという何か不思議な感覚があったのが
何とも言えず面白いところ・・・

ま、だけど明後日の5/7からは「普通の日常」・「普段通りの仕事の日々」が始まりますので
短期間ではありましたけど
こうした「ぐーたら日々」モードは
そろそろ切り替えないといけませんよね・・・(笑)

関係ないのですけど、
3.11の際は、多くの方と同様に自分も「帰宅困難者」でした・・・
普段は埼玉県内での仕事が多いのですけど
当日は足立区内での打合せ予定でした。
埼玉県川口市と東京都足立区って隣接しているのに、なぜか交通が遮断されていて
車でなくて電車を利用する場合、
一度都内に出て、御徒町または日暮里まで行き、
そこから都営大江戸線または舎人ライナー、つくばエキスプレスに乗り換える必要があります。
当日、御徒町から地下鉄の都営大江戸線に乗り、
電車が駅を離れて1分程度過ぎたころに、
あの大震災に遭いました。

地下だったのですけど、とにかく半端ない揺れは感じました。

とにかく何が一番怖かったかというと、
車内の電気が止まり、車内は真っ暗闇となり、
車内放送で「地上で大変な状況となっているので、指示があるまで待機して欲しい」とのことでした。
しかも、携帯は全く繋がらないし
とにかく、「現在どういう状況になっているのか」全く分からないことが
一番怖かったです・・・
あたりは真っ暗闇でしたからね・・・

30分ほど経過し、
一旦外に出て、地下の線路内を歩き、隣の浅草駅まで自力で行って欲しいとのことでした。
ま、地下鉄の線路内を歩くなんて
生涯あるかないかの経験でしたけどね・・・
どうにかこうにか浅草駅までたどり着いたのですけど、
この時点では
「どういう事が起きて地上で何が起きているのか」全く把握していない状況でした。
最初に地上に出るまで
「もしかして地上は壊滅状態・・・??」と不安な気持ちはあったのですけど、
意外でしたけど
地上は普段通りの表情でした・・・

ま、もっともドラッグストアとかお店では
棚から商品が崩れ落ち、
店員さんが復旧作業をしていましたけど、
吉野家・すき家などでは普通に営業していましたので、
この時は「??」という感じでした。

だけど悲惨なのは、この後からでして、
電車・バスは全て止まっているし
会社・社内の誰か・自宅に電話しても全然繋がらないし、
事態を把握したのは、秋葉原まで歩き、電機店内のテレビのニュースで
正確な情報を知ったのでした・・・
その際、電車は当面運休という事を知りましたので、
「どうしよう・・・」と思ったのですが、
すぐに気持ちを切り替え、
まだ日が差していましたので、「明るいうちに自宅に向かおう」と思い、
都内の千代田区から歩いて川口市の自宅まで帰ることにしました。
(ま、帰宅困難者で道路が溢れかえる前の時間帯でしたので
 この判断は結果的に良かったと思います・・・)

何とか4時間近く歩いて、夜20時頃に、やっと家にたどり着きましたけど
家に帰った瞬間に一気に疲れ果ててしまい、腰がヘロヘロになってしまいました・・・
後でニュースで知ったのですけど、
とにかく当時は道路は人と車で溢れかえり、大変危険な状態だったらしいですね・・・
結果的に帰宅困難ラッシュの数時間前に歩いて家に帰る事を選択したのが良かったと
思いますが、
金曜日の週末に普段は電車で帰宅する人が一斉に歩いて帰るという事は
今にして思うと「恐ろしい」感じはしますね。
というか、よくあの時、二次的被害のような帰宅中の事故・トラブルが少なかったのは
奇跡のような気もしますし
「お互い様」とか「譲り合い」がまだ多少は生きている「日本人の美徳」のおかげ
なのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1177-611d0858
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |