fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


これまで何度も書いている通り、1982年の東北大会で自分に劇的振動を食らわせてくれた演奏と曲目は
花輪高校のウォルトン1番と仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲と
秋田高校のプロコフィエフ交響曲第5番なのですけど、
前年度の1981年の大会はどうであったかというと、
とにかくこの頃は、自分自身、「音楽」のイロハも何もわかっていない全く白紙の状態でしたし、
どんな演奏を聴いても
「さすが・・・すごい・・・凄すぎる・・・自分達の演奏とはレベルが全然違う・・・」といった
ようなものでしたし、
とにかく当時の東北大会の圧倒的レベルの高さに圧倒されて
ぐーの音も出ない状態でした・・・

そんな中、
特に印象に残ったというか、感銘を受けた演奏を
四つあげるとすれば、

1.B部門の秋田西高校のショスタコーヴイッチ/交響曲第10番終楽章

2.磐城高校 バルトーク/中国の不思議な役人

3.大曲高校 三善晃/交響三章第二楽章

4.仁賀保高校 プロコフィエフ/スキタイ組曲

あたりですね・・・
特に群を抜いていたのは、大曲高校の緊張感溢れる演奏でしたね・・・
ま、後日触れますけど、大曲の演奏が終わった後の会場の雰囲気は
完全に「飲み込まれた・・・息を呑んだ・・・」という感じでしたね。
1982年の大会で花輪高校がスカ金で全国大会に行けなかった時もぶーたれていましたけど、
1981年の大会で大曲高校がスカ金で全国にやはり行けなかった時も同様に
ぶーたれていましたね・・

ま、審査というのは、正直審査員の好き嫌いの要素も相当ありますし、
その日のというかその瞬間の「感じ方」によって相当差が出ますし、
何よりも審査員全員が一つの方向性を向いている訳ではありませんからね・・・

それと人数が35人編成のB部門の秋田西高校の演奏も壮絶なものが
ありましたね・・・
宮城県大会のB部門でも、ああしたハイテクニックを駆使した圧倒的な演奏ができるチームはまず皆無
でしたので、あの演奏は本当に心の底から感銘を受けましたね・・・
というか、自分自身は、「ショスタコーヴイッチ」という作曲家は
この秋田西の演奏で初めて知りました。
大抵の人は、ショスタコというとやはり交響曲第5番「革命」が一つのきっかけという人が多いと
思うのですが、
自分の場合、ショスタコ入門編がこの10番というのも
何か自分らしい話ですね・・・
秋田西高校の当時の指揮者の佐藤滋先生は、この演奏の6年後に母校でもある名門・秋田南高校に
異動され、秋田南でも2回全国に出場されていましたけど、
1981年のような素晴らしい演奏を秋田南でも再現されることは
ありませんでした・・・
何か少しもったいない気はしますけどね・・・


〇磐城高校

 B/バレエ音楽「中国の不思議な役人」

 この演奏は全国大会でも高い評価を受けましたけど、東北大会の演奏も群を抜いた名演を
 聴かせてくれました。
 会場にいたほとんどの人が感じたと思いますが、
 全国に進んだ代表校3チームの中では頭一つ飛び抜けていたと思います。
 磐城高校は全国でも金賞を受賞しましたが、
 意外なことに、このチームが再度全国大会で金賞を受賞したのは、この年の実に20年後の
 2001年の大会で、
 しかも1981年に一年限り磐城高校を指揮された根本先生が
 2001年に再度磐城高校に戻り
 1981年と同じ自由曲、バルトークの「中国の不思議な役人」での受賞でしたから
 根本先生にとっても感慨深かったのではないかと勝手に想像しています。

 2001年の演奏も素晴らしかったですね。
 課題曲がⅣ.SLが行くという短い曲でしたので、
 1981年の演奏に若干場面を追加していたので、その点も何か興味深いものがありました。
 
 1981年の磐城高校は、まさに神がかりの奇跡のような圧倒的名演でした。

 課題曲は比較的淡泊というか、無難な演奏でしたけど
 自由曲では冒頭から雰囲気が一転し、
 都会の喧騒・荒々しさ・ワイルドさ・野生の雄叫び・丸出しの人間の本能を
 かなり大胆に表現されていました。
 このチームは当時は学ランの男子高校で、
 おそらくは他の男子高校のように慢性的クラリネット奏者不足による木管セクションのパワー不足という
 問題があったはずと思われるのですが、
 (自分の高校も男子校で、慢性的なクラリネット奏者の絶対的不足に毎年泣かされていました・・・)
 この磐城高校は、木管セクション、特にクラリネットパートが非常に安定し
 細かい動きも低音の重量感も問題なく威力を発揮していましたので
 その点は、同じ男子校チームとして
 羨ましくもあり眩しく感じられたものです。

 特に後半の木管セクションのしなやか且つダイナミックな表現は本当にお見事でした。

 ほぼ完璧な演奏で、文句をつける箇所もほぼ皆無でしたし、
 全員が高度に機能し、細かい部分まで完璧に吹きこなしていました。
 同時に曲の持つ「ワイルドさ・本能むき出し」も
 十分に表現できていました。
 後半のトロンボーンのソロも実に見事に決まっていました。

 打楽器セクションのサスペンダーシンバルを叩き付けていたお兄さんの
 オーバーすぎるアクションも何か今でも頭に焼き付いています。
 マリンバを担当されていた方の気合の入った打ち込みも素晴らしかったです!!

 バルトークの「中国の不思議な役人」は
 現在の吹奏楽コンクールでは大変な人気曲なのですけど、
 この曲を全国で初演したのは1979年の駒澤大学
 次に演奏したのが磐城高校なのですけど、
 1996年に花輪高校が全国で演奏するまで
 全国大会で演奏されることが無かったというのも何か意外な気がしますね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1175-8e401c67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |