fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


この年の課題曲は、全国的な傾向なのですけど
B/東北地方の民謡によるコラージユに人気が集中し、
高校A部門では、13チーム中、課題曲Bを選んだチームが実に9チームもありました。
この課題曲は私も大好きな曲なので、
一日だけで実に20回以上この曲を聴いたことになるのですけど、
全然飽きませんでしたね。
むしろ色々な表現とか、演奏団体によって全然異なる解釈が非常に興味深く
聴いていてホント、楽しかったです。
高校A部門は、CとDのマーチを選ぶチームが一つも無く
全体的には重苦しい自由曲が多い中、たまにはマーチを聴いて気分転換したかつたのですけど、
そうは問屋が卸してくれませんでしたね・・・

「東北地方の民話によるコラージュ」は、後年の1994年の課題曲Ⅳ/雲のコラージュと同様に
譜面に記載されている指定楽器は使用しなくても構わないし、
基本的にはどんな楽器で代用してもOKという非常におおらかなものでした。
ま、ほとんどのチームは、譜面の指定通りの楽器を使用していましたけど、
中には、
青森県信用組合のように、アルトサックスのソロの部分をなんと本物の「尺八」で代用したり
弘前南のようにラストのトランペットの二重奏をフルート二重奏で置き換えたケースもあり
色々興味深い演奏は聴けることが出来ました。
でもこの課題曲、例えば「南部牛追い歌」とか「津軽じょんがる節」とか「庄内おばこ」みたいに
自分のように東北で生まれ育った人間には聴き慣れたフレーズが
次から次へと飛び出してくるので
何か「郷愁」みたいなものは感じさせてくれる曲でした。


〇日本大学山形高校

 B/吹奏楽のための第二組曲より、Ⅳ.パソ・ドブレ!

 非常に楽しい躍動感溢れる演奏で私は大好きでした。
 課題曲もたっぷりと歌い上げ、情緒深さを感じさせてくれました。
 だけどラストのトランペットの二重奏は、テンポ設定をかなり遅くしたため、
 ミスはなかったものの、緊張感を最後まで持続できずにいたような感じになっていたのは
 惜しまれます。
 自由曲のリードの「第二組曲」は、
 実はこの時点で、翌年の春の定期演奏会の曲目に内定していた曲でありますので
 そうした意味でも大変参考になる演奏でした。
 とにかく「楽しい」演奏で、
 トランペット・クラリネット・フルートのソロも見事に決まっていたと思います。
 リズム感が抜群に良かったと思いますが、
 中間部はもう少し歌っていても良かったような気がします。
 少し淡々と進行しすぎという印象もありました。

 だけど全般的にはとても素敵な演奏で、私は好きな演奏でした。


〇湯本高校

 B/狂詩曲「スペイン」

 課題曲Bは「郷愁」を感じさせるほど素敵な曲ですし、
 技術的にはそれ程難解なテクニックを要する曲ではありません。
 クラリネット的には、比較的「楽」な部類の曲で
 よほど課題曲Aの方がやっかいです。
 だけど、この課題曲Bは、構成が難しい感じもします。
 このチームの課題曲の印象を一言で述べると
 「部分的には好演の連続なのに、全体として聴くと散漫な印象」という感じです。
 何か場面場面の「民謡」のフレーズにこだわり過ぎ
 部分部分の歌わせ方を強調するあまり、
 結果的に全体の流れが停滞したような感じがします。
 別に「丁寧過ぎた・・・」という感じではないのですけど、
 「流れる水は腐らない」の言葉通り、
 何か音楽として少し停滞気味という印象も感じました。
 ワンフレーズの歌わせ方は、独特なものがあり、大変素晴らしかったのですけどね・・・
 自由曲は、日大山形と同様
 「聴いていて楽しい」という雰囲気は十分伝わってきたと思います。
 1979年の中村学園みたいな「ベタベタ感」は抵抗があるのですけど、
 この演奏のような「リズム感の切れの良さ」は聴いていて溌剌感を感じ、
 聴くだけでわくわく感が感じられたと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1170-bf61f0d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |