FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど
「ドキドキ!プリキュア オフィシャルコンプリートブック」を
購入しちゃいました。
昨年も「スマイル」のこうしたコンプリートブックが発売され、
設定資料集とか第一話から最終回までの概要、声優さんたちの裏話等色々興味深い話が
てんこ盛りでしので
「ドキドキも発売されないかな」と思っていたら
やはり今年も発売され、
大変嬉しく思いました。





こうした「ドキドキ」のメンバー5人の表紙を眺めていると
昨年2013年2月~14年1月の様々な名場面が脳裏をかすめ
何かとても懐かしかったですね。
今回も各プリキュアの細かい設定集とか
誕生までの裏話とか色々興味深い話が昨年以上にてんこ盛りで
中には「目から鱗」状態の裏話もありました・・・

一番驚いたのは、ありすには実は兄がいて
四葉財閥の後継者としての帝王教育が性に合わず、四葉家を飛び出し現在は放浪中とか
キュアソードは、初期の設定はロングの髪だったとか
(ソードの初期設定は、最終決定版とエライ違いがありましたね・・・)
ま、色々とありますね・・・

そんな中、六花の「カエル好き」設定のことも少し触れられていて
面白かったです。

現役の「ハピネスチャージプリキュア」が
あまりにもポンコツ設定なので、
やはり「ドキドキ」のメンバーの優秀さを改めて感じさせてくれますね・・・

というか、歴代プリキュアでこんなに優秀なプリキュアっていましたっけ・・・??
それよりもメンバー全員が聡明で優秀という設定も
極めて珍しい・・・
それゆえ、現役の「ハピネスチャージ」のメンバーが
設定上にポンコツを感じるのは、
やはり「先代のあまりの優秀さ」のせいなのかもしれませんよね・・・(笑)

ま、私個人としては
ポンコツ設定の方が好きなのですけど
たまにはこうした「優秀設定」も面白いものですね。


CIMG6737_convert_20140428213124.jpg


裏表紙は
アニメ本編のEDタイトルでも登場しましたけど、
変身前のメンバーでした。

やはり、個人的には六花さんがいいなーと思いますね・・・(笑)



CIMG6738_convert_20140428213208.jpg


本の中の一コマですけど、
マナとレジーナの光景です。

このシーンは、一時的にレジーナがキングジコチューから逃れ
マナの家に泊まっていた時の一コマだと思いますが、
あの時のレジーナは本当に可愛かったですよね。

レジーナは、「ドキドキ」のストーリーの中では
プリキュア達を除くと、最重要人物でしたね。
レジーナの存在があったからこそ、「ドキドキ」のストーリーが奥深いものになったと思いますし
あの神回である第40話のキュアソードの「こころをこめて」が
輝いていましたよね。

まだ全然早い話なのですけど
「ハピネスチャージプリキュア」もこうしたコンプリートブックは
是非発売して欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1160-ed7d4022
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |