FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4/13(日)、この時はまだ家のPCが修理中で
仕事から帰宅すると何か手持ちぶたさでしたので、何気なくテレビのチャンネルを回していますと
Eテレでまさに、オルフの世俗カンタータ「カルミナ=ブラーナ」が始まる寸前でしたので
思わず見てしまいました。

いやー、「カルミナ=プラーナ」は何度聴いても
ホント素晴らしい曲ですよね。
このブログでも既に何回かこの曲は取り上げていますけど、
N響の演奏に触発されて、
改めて取り上げてしまいました。

以前書いたと思いますが、
日本の年末はベートーヴェンの第九ばかり演奏されていますけど、
第九が今一つ苦手で、
年末年始は何か祝祭的な気分を求める自分にとっては
オルフの世俗カンタータ「カルミナ=プラーナ」の方がしっくりきます。

第九は、通常のオケの編成に4人のソリストに混成四部合唱が加わり
打楽器もティンパニー以外に、大太鼓・シンバル・トライアングルも加わり
作曲当時としては異例の大編成となっています。
「カルミナ=プラーナ」は、20世紀に作曲された曲なのですけど、
「難解」という印象は皆無ですし、
不協和音・難しい表現は全く無く実にわかり易い曲です。
第九もかなり大規模な編成なのですけど、
こちらは、
拡大編成の管弦楽団に加えて、
ソプラノ・カウンターテナー・バリトンの3人のソロに、混成四部合唱、児童合唱が加わり
全編を通じて2台のピアノがいい活躍を見せてくれます。
(カウンターテナーの人は、1時間近い演奏時間で歌う個所は、前半の一曲だけで、
 4分程度の自分の出番が終わったら、最後までお休みですので
 何かヒマそうで少し気の毒な感じもします・・・)
また、打楽器も、シロフォーン・2台のグロッケン・コンサートチャイム・鐘といった鍵盤楽器
カスタネット・タンバリン・ドラなどが登場し
色彩感に華を添えてくれます。
(第22曲に登場するカスタネットのカタカタと鳴るリズム感が大好きです・・・)

この「カルミナ=プラーナ」という曲を知るきっかけは
例によってやはり「吹奏楽コンクール」でした。
吹奏楽に詳しい方ですと、
「ああ、1990年の近畿大学の演奏ね・・」と言うかもしれませんが、
実は「カルミナ=プラーナ」の吹奏楽コンクールでの全国大会初演は、1984年の長岡吹奏楽団で
私は、この演奏を耳にして初めてこの曲を知りました。
吹奏楽コンクールでは「カルミナ=プラーナ」はすっかりとレパートリーとして定着化していますけど、
それを定着化させるきっかけを作ったのが1990年の近畿大学ですので、
その意味では近大の貢献度は相当なものがあると思います。
1984年の長岡吹奏楽団の演奏は、
音色が柔らかすぎるというのか、もやーーッとした演奏で
あまり感銘度が高くないせいか、当時はほとんど話題にもなりませんでしたが、
今にして思うと「パイオニア」でしたね・・・

この曲を初めてCDで聴いたのは
確かプレヴィン指揮のロンドン交響楽団だったと思います。
この曲は色々な名盤・名演があると思いますが、
個人的には、
①スラットキン指揮/セントルイス交響楽団
②プロムシュテット指揮/サンフランシスコ交響楽団がお気に入りです。

この曲を生で初めて聴いたのは
1996年12月のコミッショナー指揮/都響でした。
だけどこの際は特に感銘も無く、不満に感じたものでしたが
その3か月後に同じく都響だったのですけど、指揮者が当時新星日本交響楽団の首席指揮者だった
オンドレイ=レナルトで、
この時は、演奏会場が新宿文化センターという音響が最悪だったにも関わらず
大変素晴らしく感銘度の高い演奏を聴かせてくれ、
結果的にこの演奏が、
「カルミナ=プラーナ」に完璧にはまるきっかけとなったのでした・・・

(②に続く・・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1145-9bd1c6e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |