FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


東北大会の第一日目は、午前中が大学・職場の部
午後が高校B部門とA部門で、これに弘前南高校の招待演奏が加わり、
審査結果発表・表彰式が終わったのは確かPM19:30頃だったと思います。
全ての演奏終了後は、さすがに頭がポーーッとしていましたし、
前日までの修学旅行のフェリーが原因の三半規管麻痺による体が上下に動くように感じる現象も
全然収まっていませんでしたけど、
体は異常に疲れ果てているのに、頭が妙に冴えているのは
終始変わらずでした・・・

この日の高校A部門は16団体出場し、
課題曲Aは一団体のみ、課題曲Dのマーチは一団体のみ
あとの全ては、無調的作風の課題曲B/序奏とアレグロでしたけど、
同じ課題曲でも、各校の解釈の違いとか技術の差は歴然としたものがあり
その対比が極めて面白かったです。
プログラム上では、青森山田の課題曲はAとなっていますが、実際はBが正解です。
課題曲Bについては、やはり上手いチームは、サウンドの透明感とスピードの切れが
全然違うのですよね・・・
それは丸一日同じ課題曲を聴き続けて強く感じたものでした。
特に、花輪・仁賀保の課題曲Bは、ずば抜けて高いレベルでしたね。

A部門の前に、高校B部門【35人編成以下】も開催されていて、
ここは8チームが出場していました。
結果として、金賞が1チーム、銅賞も1チーム、残りが全て銀賞という結果でしたけど
銀賞の中でも、盛岡一高とか雄勝などかなりハイレベルの演奏もあり、
金賞がわずか1団体と言うのも
少し勿体ない感じはしましたね。
ちなみに、当時の福島県の規定では、
福島県大会のA部門の中で上位2チームが県代表としてA部門に出場し
三番目のチームが、人数を15人減らしてB部門に出場するそうです。
1990年代初めに全国大会の金賞常連チームの原町第二中学校が
ある年に突然B部門に出場し(確か自由曲は「ローマの祭り」だったかな・・・)
全国大会に出場出来なかったのは
福島県大会でまさかの三位だったからなのでしょうね・・・


〇盛岡第二高校

 B/火の伝説

 現在はどうなのか分かりませんが、当時の盛岡では
 第一高校が男子校 第二高校が女子高校 第三高校が共学でした。
 自分が当時在住していた仙台は、第一~第三は男子校
 一女~三女は女子高でした。
 ちなみに自分の高校と盛岡三高は兄弟校でした・・・
 なお、現在の仙台の高校事情は、男子校と女子高が廃止され、
 確かほとんどが共学化されていると聞いています。

 盛岡二高の演奏なのですけど、
 響きは「清らかさ」は感じられるのに
 演奏が終始もやーーーっとしていて
 何か曲の開始から最後のppの音に至るまで
 霧がかかっている森の中を彷徨っているような不安定さはありました・・・
 何か奏者が自信を持っていないのか
 「頼りなさ」が伝わってくるかのような演奏でした。

 それとも前の演奏団体の花輪高校の壮絶過ぎる演奏にびっくり仰天し
 動揺し普段の練習の成果がほとんど発揮されないまま
 終わってしまったのかもしれませんよね・・・・


〇秋田高校

 B/交響曲第5番第一楽章(プロコフィエフ)

 前回の記事で書いた通り、私はこの年の東北大会で
 「自分が最も好きな三大交響曲」と出会ったのですが、
 プログラム三番が終わって、いきなり二曲が既に登場した事になります。
 この秋田高校のプロコフィエフの交響曲第5潘は、曲の開始から惹きつけられました。
 フルートの牧歌的な雰囲気から開始され、
 早い部分の箇所は少ないのだけど、
 その霊感に満ち溢れた曲の展開にかなり引きずり込まれました。
 この時点では、プロコフィエフという作曲家も交響曲第5番も何も知らない白紙の状態で
 聴いたわけなのですけど、
 その霊感に満ち溢れたすがすがしさとか
 ゆったりとした中にも垣間見える大きな高まり・高揚感とか
 「これから何かが起きる」みたいな予感とか
 全ての曲の要素が自分の心の中に自然とすーーーーっと入り込んでいきました。

 秋田高校の演奏は、正直演奏は「完璧」ではありません・・・
 盛岡二高みたいにサウンドが何か終始もやーーーーっとしているし
 霧の中を彷徨っているみたいな演奏だし、
 正直、芯というのか「演奏の核」みたいなものは感じられず
 「何を言いたいのかさっぱり分からない」ポケッとした演奏なのですけど
 原曲が素晴らしい故に、
 演奏の素晴らしさと言うよりは、曲の内容の深さで
 この曲と演奏にひきずりこまれたという感じなのかもしれません。

 正直この自由曲よりも、演奏の核がしっかりと確立されていた課題曲の方が骨組みは
 しっかりしていたし、課題曲の方が印象度は高かったようにも思えます。

 だけどプロコフィエフの交響曲第5番の素晴らしさを当時の自分に教えてくれたこのチームの
 この演奏には、やはり感謝の気持ちで一杯です。

 この演奏から32年後の自分から当時の奏者たちに敬意を表したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1116-fb2c6766
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |