FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


ハピネスチャージプリキュアのバンダイ食玩「キューティフィギュア」が
来月、4月中旬にやっと発売されるみたいですね。
この商品は例年ですと、3月下旬には発売されていたような気がしていて
「あれれ、今年はいつ発売されるのかな・・・」と思っていたら
ようやく4月中旬に出るようですね。
何か安心しました・・・





でも、やはり「キュアフォーチュン」は未発売です。
フォーチュンは、第一話の序盤から華々しい登場とプリンセスに対する凄まじい毒舌で
強烈な印象を残しているのに、
オールスター映画には出させて貰えないし、
食玩等の商品化はほとんどなされないし、
何か少し気の毒な感じもしますね・・・

ま、恐らくハニーが4月で登場し
7月頃に、物語の「中盤の一つの山場」あたりで、プリンセスとの「和解」を兼ねて
フォーチュンが登場するという流れなのかもしれませんよね・・・
ま、プリキュアシリーズは例年予想が当たったことはないけど・・・

それにしても、ラブリーが可愛すぎる・・・



fc2blog_201401292343009a8.jpg



性格も素直でいい子だし、
少し頭が悪そうでおっちょこちょいな所は、まさにピンク系プリキュアのお手本のような
感じもします。
その上、「反則!!」と感じるほどウルトラ級に可愛いし、
それでいて、戦闘シーンは、歴代の中でも相当強烈なものがあり、
チョイアークを鷲掴みにし、それをサイアークに叩き付けるわ
眼からビームを発するわ、
アクア・ビューティという青系プリキュアの専売特許の「剣」を武器として使用するわ、
ハッピーロボみたいに、ロケットパンチは繰り出すわ
まー、色々とやりたい放題やってくれるという感じですね・・・

最近発売された「プリキュア新聞」の中で
シリーズディレクターの長峯監督から
「めぐみは実は自己評価が低い・・・」と意味深なコメントが掲載されていましたけど、
何かこれは実に興味深い示唆・・・
確かに、現時点では、相方の「プリンセス」のあまりのポンコツ振りばかりクローズアップ
されていますけど、
ある程度プリンセスの成長が図られ、
同時にハニーの加入以降、
もしかしてラブリー自身のそうした弱さが露呈され、
ラブリー自身が、それをどう克服していくかという展開になるのかもしれませんよね。
それに、めぐみの母親の病弱さと自分の願いの問題とか、プリキュア恋愛禁止令とか
歴代では見られなかった要素も色々とあったりしますから、
これは中々面白い展開になりそうな予感に満ち溢れています。

ま、これだから「プリキュア」は止められないのですけどね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1110-3fcac289
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |