FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


うちの奥様の入院時には、
皆様方には色々とご心配と励ましのコメントを頂き、改めて感謝申し上げます。
その後の経過なのですけど、おかげさまで順調に推移しています。

今回は、体内のカリウムの極度の低下⇒筋力低下⇒体力低下&歩行困難という経過を
辿った訳なのですけど、
入院前の血液検査のカリウム値は1.8というものでした。
カリウムの正常値は3.5~4.5前後という事ですので
さすがにこれは危険水域ですよね・・・
カリウムの極度の低下は、血圧上昇⇒心筋梗塞の誘発というのが最悪のシナリオだそうですので
「生命の維持」という意味では、決して看過出来ない現象なのですね。

入院前は、
極度のカリウム低下により、
自力での起床とか自力での階段の昇降が出来なくなるほどで、
入院当日は、実は車椅子を利用しての搬送だった程でした・・・

だけど、3/20の血液検査では、カリウム地は4.0まで回復し
現在は普通にスタスタと歩き、日常生活も全く支障がありません。

彼女のこうした経緯を見てみると
改めて、人間の「生命の維持」にとって「カリウム」は必要不可欠な要素なんだという事が
ホント、改めて痛いほどよーーく分かりました。
いやいや、ホント痛いけどいい教訓になったという感じです。

ま、彼女の場合
カリウム低下の大きな要因が「消化器系の不調による長年の下剤の処方」だったと診断された訳ですけど
今回の入院を契機に
再度診断と対応の見直しが図られ、
当面下剤を服用せず、代わりに漢方が処方され
当面これで様子を見て欲しいと言われております。

ま、今回は「カリウム」ばかりクローズアップされましたけど、
人間の生命維持に必要なものは、当然カリウムだけでなく
色々な要素があります。
要は、好き嫌いをせずにバランスの良い食事と規則正しい生活を心がけていきましょうという感じ
なのですね。

だけど、今回改めて感じたことは、人間と言うものは案外もろい部分もあるなーという事です。
だって「カリウム」という一つの成分・要素が極度に欠けるだけで
あんなに歩行困難になるほど、体が崩壊するものなのですね・・・
恐ろしい部分もありましたけど、
同時に、カリウムを摂取する事で短期間で回復できるという
「生命の強さ」というものも
改めて感じたものでした・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
奥様、順調に回復されていて、よかったですね。
ぬくぬく先生の愛情を感じます。

普段の食事の中で、カリウムのことを意識したことはないのですが、大切な栄養素なのですね。

「カリウム」は大切・・・

結依 様

お気づかい頂きありがとうございます。
いや、ホント皆様にご心配して頂き、誠に恐縮です。
だけど、人間の生命維持には、「カリウム」は絶対必要な要素なのですね・・・
今回、身近過ぎる実例をまざまざと見せつけられ、恐ろしいほど実感をしたものです・・・
どうぞ、結依様もお気を付けて・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1109-6ce5579d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |