fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
34位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


以前も書いたのですけど、なぜかこの年だけ
支部大会も全国大会も従来より日程が一か月程度前倒しになり
例えば都大会は9月初旬、全国大会は9月末だったのですよね・・・
確か、大学・一般・職場の部は、通常通り10月下旬に開催されていましたけど
「吹奏楽コンクールの練習に時間が取られると、受験生にとって不利益」みたいなクレームが
相次いだせいなのかな、
それとも単なる会場との日程調整の都合だけの問題だったのかな・・??

この当時、都大会の本選は、全部門を丸一日かけて普門館で開催し、
職場・一般の部の本選前の予選会は、毎年
8月中旬~下旬頃、霊友会小谷ホールという何と宗教法人の地下のホールで開催されていましたけど、
(聞いた話だと、普門館は耐震性の観点からコンクール開催はもう無理なようですね・・・
 普門館が学生時代に「憧れ」の象徴だった世代から見ると
 何か少し悲しいものがありますね・・)
この年は、確か本選のわずか二週間前に開催されていましたね。
従ってこの年は、予選が終了してわすが二週間後に本選が開催されたという事になります。

現在は、都大会の一般の部予選会は
江戸川ホール等立派なホールで確か有料で開催されていると思いますが、
霊友会小谷ホールで開催されていた頃は、
入場料は無料で、
当時の有力チーム、例えば、ヤマハ東京・NTT東京・東京ガス・葛飾吹奏楽団・
豊島区吹奏楽団・乗寺泉吹奏楽団・東京正人などの演奏を全て無料で聴けたのが
嬉しかったですね。
だけど、プログラム一番の頃の聴衆の入りは、30~40%くらいでガラガラでしたね・・・
ま、現在では信じられないような雰囲気でしたね。
この小谷ホールの客席も、背もたれは無いし、コンクリみたいな硬い石みたいな作りだったし
大体そこに一時間腰かけているだけで
お尻が痛くて痛くてたまらないような感じでしたし、
何よりも宗教法人の中の地下ホールという何か一般人が入り難い場所での開催でしたので
人気が無いのも仕方が無かったですね・・・

しかもこのホール、音響的には最悪でしたし・・・

だけど、予選会と言えども、中々レヴェルが高いし
下手なチーム・上手なチーム・ユニークなチームと、
一日でバラエティーに富んだ演奏を数多く聴けたのはありがたい事でしたね。


〇宮の丘

 Ⅱ/ヘンゼルとグレーテル

 うーーん、この種の演奏は評価が分かれますよね・・・
 課題曲は可もなく不可もない平凡な演奏で、特に印象無しと言う感じ・・
 自由曲の歌劇「ヘンゼルとグレーテル」~夕べの祈り・パントマイムは、
 終始一貫して、穏やかで静かな内面的な曲だし、
 演奏も、ほとんどfがないゆったりとしたおとなしい演奏でした。
 うーーん、聴いていて「何も感じない」というか
 「訴えるものがない」のですよね・・・
 こういう曲の開始から最後までゆったりとした控えめな音楽に挑戦する事は
 興味深い試みなのだけど、
 やはり音楽というものは、fがあってpがあって、激しい部分があって、ゆったりとした部分があって
 その対比と言うかドラマ性を楽しむという側面がありますので、
 何かこうした演奏は実に単調と言うか
 モノトーン一色だけという感じで、
 聴く方としては、
 ただ「おとなしい」というだけの印象で終わってしまうのですよね・・・

 全く同じ自由曲を同じ北海道の東海大学第四高校が演奏しているのですが、
 こちらは、
 ①サウンド・音が中学生とは比べ物にならないほど洗練されている
 ②静かな曲の中でも、わずかにある「盛り上がる部分」へ至る構成が優れている
 ③地味な曲でも随所に工夫がある
 などの理由で、この中学とは全然異なる仕上がりになっているのは
 大変面白いものです。

 宮の丘中も東海第四も同じアレンジャーなのですけどね・・・

 話は全然違うのですが、
 終始一貫してゆったりとした静かな曲というのもクラシックの交響曲のジャンルにもあったりします。
 いい例が、
 
 Ⅰ/グレツキ・交響曲第三番「悲歌のシンフォニー」

 Ⅱ/ヴォーン=ウィリアムズ・交響曲第三番(田園交響曲)

 があると思いますが、この種の曲は、指揮者の解釈によって全然異なって聴こえる場合が多々あり、
 Ⅱの場合、ボールトのように終始一貫したゆったりとした曲想を貫く人もいれば、
 ヒコックス(ロンドン交響楽団)のように、一生懸命盛り上がり部分を構成しようとする
 解釈もあったりします。

 音楽とは、その感じ方・解釈は、100人いれば100通りの感じ方・解釈はあると思うのですが、
 それをいかに「自分が感じた事を他人に伝えるか」というのが
 指揮者の感性と言うか、腕の見せ所だと思うのですが、
 そういう意味でも、コンクールという観点から言うと
 この種の曲は
 聴衆に何かを伝えるのが非常に難しい曲と思いましたね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1104-80e89d24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |