FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


普段、仕事で色々と外を廻っている事が多いのですけど、
時々「なに、これ・・」みたいな風景とかに遭遇する事もあります。
さいたま市内のある住宅地なのですけど、
なんでこんな普通の住宅街の一角に突然「鳥居」が出没するの・・・なんてのも
あったりします。





ちなみに、鳥居はあるのですけど
別に近くに神社はありません。
すぐ近くにお墓はありますけどね・・・
何で神社も存在しないのに、「鳥居」だけ、しかもこんな普通のありふれた住宅街の中に
ポツンと鳥居があるのでしょうかね・・・??
しかも道路の上にあるから、鳥居の下を自動車とか歩行者は普通に通行しています・・・


002_convert_20140309185728.jpg


しかも、この鳥居の建立は「安政2年」となっています。
安政といったら、「安政の大獄」の頃だから、まだまだ日本は江戸時代・・・・
えー、そんな時代の鳥居がいまだにこうして残っているのかな・・・??
ま、さすがにどこかで改修はしているのでしょうけど・・・

うーーん、少しミステリアスな光景でした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

不思議ですねぇ

おはようございます。
何とも不思議ですねぇ、鳥居だけが残っているんですね。
昔は神社があったけど、何かの事情で鳥居だけが復元されたとかでしょうか・・・。
大震災で倒壊したとか・・・。
何にしても、確かにミステリアスですね。(^^;)

凄いですねー(^O^)とっても不思議です♪

初めまして・・お邪魔します(*´∀`*)ノ。+゜*。
暫らく画像を見つめたままでした
目が点になっちゃいましたわぁーーー

ホーーント・・ミステリアスですよねぇー。

なんでしょうね~。
とっても不思議です。
色々考えてみますが、やはり想像がつきません。もしも分かればまた教えてください(*^^*)

その道が昔、参道だったりしたのでは??

こ、これはシュールですね。

ちなみに自分の知ってる某所には、
遥か彼方の山の上にある神社の鳥居が
かつての街道上にいくつかあるんですが、
それが畑のど真ん中だったりします。

或いはそういう物なのかも知れません…よ。

Re: 不思議ですねぇ

赤影様

コメントありがとうございます。
住宅地のど真ん中ですからね・・・
色々な方からコメントを頂きましたが、江戸時代の参道の「忘れ形見」ではないのかという
意見が多いみたいですね。

参道の忘れ形見

higumano pu-sann 様

コメントありがとうございます。
不思議なのですけど、もしかして江戸時代の参道の忘れ形見として残っているもの
なのかもしれませんね・・・

旧・参道の残骸・・・??

まんねんず 様

コメントありがとうございます。
ホント、住宅街のど真ん中ですからね・・・
確かに少しシュールかもしれませんね。
もしかしたら、旧参道の「忘れ形見」として鳥居だけ残ったのかも
しれませんよね・・・

旧参道の忘れ形見

メグ様

コメントありがとうございます。
確かに謎ですよね・・・
旧参道の「忘れ形見」として鳥居だけが現在でも残っているのかも
しれませんよね・・・
だけど不思議な光景です。
住宅街にポツンと鳥居が建っていて、その下を普通に車が通っていて、
普段誰もお参りとかする訳ではありませんから・・・

旧参道の忘れ形見

tomo 様

コメントを頂きありがとうございます。
この件では色々な方よりコメントを頂きましたが、
ご指摘の通り、旧参道の忘れ形見として鳥居だけが現在まで残ってしまったという
感じなのかもしれませんよね・・・

旧参道の忘れ形見なのかな・・・??

けうけう 様

コメント頂きありがとうございます。
住宅街のど真ん中に、いきなり何の脈絡も無く、いきなり鳥居が出てきますから
ホント不思議です。
この件は色々な方よりコメントを頂きましたが、
確かに旧参道の一つの「忘れ形見」とか「残骸」として鳥居だけ
現在に至っても残っているというのかもしれませんよね・・・

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

旧参道の忘れ形見

株の初心者 様

コメント頂きありがとうございます。

確かに一見ミステリアスな光景だったかもしれませんが、
皆様から色々なコメントを頂き、その結果、
大宮の氷川神社の旧参道内の忘れ形見としての鳥居ではないかという事に落ち着きました。

住宅街をふらーっと歩くだけで色々と発見はあるものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1097-7a474fe1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |