FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇出雲第一中学校

 Ⅰ/朝鮮民謡の主題による変奏曲

 「出雲第一中学校」ってすごい学校ですよね・・
 だって1960年代から既に「名門校」としての地位を確立し
 特に1967年の自由曲「トッカータとフーガ二短調」は今現在でも語り継がれる不滅の名演
 ですよね・・・
 (翌々年の「ジェリコ」も素晴らしい演奏でしたね・・・)
 この当時の指揮者の先生が片寄先生なのですけど、この片寄先生は、出雲北陵高校等で
 つい最近まで現役で指揮・指導をされていましたので、
 その長期間に渡るカリスマ性にはホント敬意を表します。
 この片寄先生から、渡部修明先生⇒錦織先生⇒原田先生と「栄光のバトン」が受け継がれていき、
 この間、何年かの不出場の時代はあったにせよ
 絶え間なく「全国大会」に出場し続け、数々の全国大会での名演を残されているのですから
 いやいや、ホントこれは「すごい」としか言いようがありませんし、
 歴代の指揮者の先生・生徒の皆さん、OB父兄の方のご苦労と努力に
 心の底から敬意を表したいものです・・・
 そして何よりもすごいのが、
 2014年現在も、小西先生の指導の下、
 出雲一中は全国大会の常連校の一つとして君臨しているのは
 「お見事」の一言に尽きると思います。

 1986年から93年まで出雲一中を指揮された原田先生は、
 94年以降一旦一中を離れる訳なのですけど、
 95年~99年は、出雲一中も「低迷期」に入ってしまい、この間は中国大会止まりが続き
 全国大会には出場していません。
 この間の事情は正直部外者なのでよく分かりませんけど、
 ま、色々あったのかもしれませんよね・・・
 そして再度原田先生を指揮者として迎え、1993年以来久しぶりに全国大会に返り咲いたのが
 この年、2000年だったのです。

 この演奏、自分も生で聴いていたのですけど、
 感想は、「うーーーん」と判断に迷う感じでした・・・
 やはり久しぶりの出場という事で緊張感もあったと思いますし、当時の演奏者の生徒さんにとっては
 全国大会はむしろ初出場のような感覚・・・
 色々と大変だったとは思います。
 チャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」は、打楽器セクションの掛け合い以外は
 正直それほどグレードも高くなく、技術的にも表現的にも難解な曲ではありません。
 だけど、聴いていて、感じたことは
 「平易な曲なのだけど、演奏者はそれをこなすだけで必死」という感じで、
 技術的にも精神的にも
 あまり「余裕」と言うものは感じられませんでした・・・
 ま、伝統校の久しぶりの全国大会ですから
 やはり周囲からのプレッシャーも色々あったと思いますし
 大変だったとは思いますが、
 この年は、正直良い印象は感じられませんでした・・・

 むしろ全く同じ課題曲と自由曲を、この後の須恵中が演奏しているのですけど、
 こちらの方が演奏・解釈が実に素直で伸び伸びとしていて
 こちらの方が自分にとっては惹かれる演奏でした・・・
 このチームは、2002年以降、アメリカの騎士とか第六の幸運をもたらす宿で
 改めて全国での素晴らしい名演を聴かせてくれるのですけど
 この年は、それに至る一つの途中経過だったのかもしれませんよね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

朝鮮民謡の主題による変奏曲

私は、この名曲を2000年のコンクールではチューバ、2012年の定期演奏会ではパーカッション(銅鑼)で演奏しております。

仰るとおり、パーカッションの掛け合いでは
大変苦労いたしました(^^;

作曲したチャンスが、朝鮮戦争で出兵した際に聴いた朝鮮民謡を
見事にアレンジし、今なお演奏され続けている名曲です。

Re: 朝鮮民謡の主題による変奏曲

大仏と鹿 様

チューバと打楽器で二回もこの不滅のオリジナル名曲を吹けたなんて
うらやましいです。
クラリネットの出だしの澄み切った音を聴くだけで、なんか「うるうる」してしまう曲ですよね。
「呪文と踊り」とは別の意味で打楽器の魅力満載の曲だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1091-d0bcea49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |