FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


廣瀬量平の吹奏楽のための「祝典音楽」って曲は、
最近は全く耳にしなくなりましたね・・・
この曲、個人的には吹奏楽作品の「隠れた名曲」の一つと思っていますので
何とかこの曲がもう少し世間に広まって欲しいなとも感じます。

廣瀬量平の名前なのですけど、長い間、「広瀬」と「廣瀬」の両方が表記され、混合されていましたけど
最終的には「廣瀬」という事で統一見解が図られたみたいです。

廣瀬さんの吹奏楽のための祝典音楽なのですけど、
この曲が出た当時は、確か「吹奏楽のための祝典序曲」という表記だったような気もします。
この曲が全国大会で初めて演奏されたのは、
1982年の駒澤大学の5年連続金賞の特別演奏だったと思いますが、
確かこの時は、
吹奏楽のための祝典序曲という表記だったと思います。
その2年後に、駒澤高校が全国大会でこの曲を自由曲として演奏した際は、
プログラムの表示には、単に「祝典序曲」として掲載されていました。
そして、1980年代後半に、フェネル指揮/東京佼成のCDにこの曲が収録されて以降は
なぜか「吹奏楽のための祝典音楽」という風にいつの間にか
タイトルが変更されていたようにも思えます・・・
廣瀬氏は既に2008年に逝去されていますし、この辺りの事情を分かっている方は
まだ健在なのかな・・・??

余談ですけど、自分の高校と当時合同演奏をしていた相手方の高校の1984年の自由曲は、
廣瀬氏の「祝典序曲」でした・・・
ま、当時自分は既に卒業し、この曲を吹く事は出来ませんでしたけど、
仙台市内地区予選で、後輩達がこの曲を吹いているのを聴いて
「えー、いい曲だな・・・」と妙に感心したのを覚えています。
確かこの時のプログラム表記も「祝典序曲」だったような気も・・・

この曲は、元々は管弦楽曲でして、
1972年の札幌冬季オリンピックを記念して作曲され、
初演当時は、「管弦楽のための祝典序曲」というタイトルでした。
それがどういう経緯で吹奏楽作品に編曲され、タイトルもいつの間に変わっていったかは
正直よく分からないのですけど、
駒澤大学吹奏楽部の指揮者、上埜先生が多少絡んでいるかもしれませんよね・・・
元々この曲を吹奏楽に編曲したのも上埜氏ですし、
同じ駒澤つながりで、系列の駒澤高校に勧めたのかもしれませんよね・・・

この曲は、一言で言うと「大人の曲」です。
出だしのトランペットのファンファーレが実に爽やかですし、気持ちが良い・・・
展開部も決して騒々しくないし、
全体として「ゆったりとした高み」を感じさせる曲です。
荒々しいffも少ないし、打楽器もそれほど多用していないのだけど、
全体的には「華やかさ」も十分に感じさせてくれますし、
同時に「爽やかさ・清涼感」も感じさせてくれます。
全体としては大人の上品な曲という感じです。

1984年の全国大会・高校の部で駒澤高校がこの曲を全国大会初演を果たしましたが、
その後残念ながら一団体もこの曲が自由曲として演奏されたことはありません。
1984年当時、自分も聴衆の一人として、この駒澤高校の演奏を聴きましたが、
やはり「上品さ・気品・爽やかさ」は記憶に残っています。

「祝典序曲」というと喧噪さばかりをついついイメージしてしまいますが、
こういう曲もあるという事を
少しでも後世の人にも知って欲しいな・・・とも思いますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

祝典序曲やりましたよ!!

ぬくぬく先生さん、こんばんは。
廣瀬量平の祝典序曲は高校時代に定期演奏会でやりました。
『こういう曲もあるという事を少しでも後世の人にも知って欲しいな・・・とも思いますね。』全く同感です!私はトランペットでしたが、結構難しかった印象ですね。久しぶりにyoutubeで聴いて楽しんでいました。ええ曲ですなぁ。

廣瀬量平/祝典序曲

sankichi1689 さん

いやいや、これは嬉しいコメントですね。
まさか廣瀬量平の「祝典序曲」を実際に吹いていらっしゃったとは・・・
トランペット奏者ですと、冒頭のファンファーレは結構難しかったのでは・・・??
この曲、オーボエ・クラリネットのソロもあるのですけど
このソロも中々いいものがありましたね。
この曲の名演は、1982年の駒澤大学の特別演奏だと思うのですけど、
この特別演奏を収録した2枚組のレコード、何とかCDで復刻して欲しいですよね。
その中に、吹奏楽版のフォーレ/組曲「ペリアスとメリザント」の弘前南のウルトラ名演も
収録されていましたから・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1087-369bf2ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |