FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の課題曲はマーチ以外の年でしたけど、4曲ともそれぞれ内容的にも効果的にも優れた作品
ばかりで、課題曲の当り年だったような感じもします。
特にⅠ/道祖神の詩は結構好きでしたね。
親しみやすいメロディーに中間部のあのしっとりとした感じは
何か課題曲として「一つの完成された方向性」を示すような感じの曲でした。
この課題曲の作曲者の福島弘和氏は、98年の課題曲B/稲穂の波という素敵な作品を送り出していますが、
ここ最近では「ラッキードラゴン~第5福竜丸の記憶」とか「シンフォニエッタ第二番・祈りの鐘」が
全国大会でも相当多くのチームが自由曲として取り上げ
何か最近のコンクールの「ヒットメーカー」の一人みたいな印象もあります。
課題曲Ⅳ/吹奏楽のための序曲も少し長めだけど、
演奏効果の高い格好いい曲でしたね。
だけどこの年の課題曲で最も素晴らしいと思ったのは
池辺晋一郎氏のⅢ/胎動の時代でしたね。
あの課題曲は構成に優れ、内容的にも充実し、聴いていて飽きることは無い課題曲でしたね。
池辺氏は、1990年にも「ランドスケイプ」という素晴らしい課題曲を残していますが、それに劣らない課題曲
だったと思います。

池辺氏というと、日本クラシック作曲家の重鎮の一人で
数年前までN響アワーの司会者を務められていた方ですが、
吹奏楽作品も少しばかりですが残しているようです。
池辺氏の最初の吹奏楽作品は、
あまり世間には知られていないのですが
「アマデウスのピアノが聞こえる」だと思います。
1982年に亜細亜大学+駒澤大学+当時のプロのトップ奏者を集めた企画があり、
NHKで実況中継されていました。
確かこの時、自分は高校一年生で、この演奏会の模様もラジオで聞いていました。
リードの第二組曲なんかも確か演奏されていたと思います。
この時の指揮者は、現在も東京交響楽団の指揮者を務めている大友直人だったような記憶が・・・
この時に委嘱作品として演奏されたのが
「アマデウスのピアノが聞こえる」という池辺氏の作品だったと記憶しています。
だけど後にこの演奏会の模様をレポートしたBJの記事の中で
「このアマデウス~は、何かモザイク作品みたいな印象であまりピンとこない」とか書いた記者がいて
この事が池辺氏の逆鱗に触れたようで、
後に池辺氏からの抗議並びにBJの謝罪記事が掲載されていましたね・・・


〇生駒中学校

 Ⅰ/ミシシッピー組曲

 ほぼ完璧な演奏で、文句のつけようが無いという印象です。
 ま、悪く言うと、「優等生過ぎる演奏」というのか、
 ここはこういう感じに表現して、この部分のバランスに気をつけてなどの
 金賞受賞マニュアルに忠実に従って無難に金賞を取ったという感じも一方ではします・・・
 何か演奏がスマート過ぎたのかな・・・


〇筑摩野中学校

 Ⅰ/喜びの島

 若い女性指揮者による素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 一言で言うと「高度な感覚」の演奏・・・
 このドビュッシーの曲は、決して音量的に盛り上がったりする曲ではないのですが、
 音色的に薄いこの曲を繊細に聴かせてくれていたと思います。
 でもこういう曲は、表現するのが難しいし、聴衆に何かを伝えるのは極めて難しいと
 思うのですが、
 このチームは、その「何か」をモヤモヤしながらもかなり高度な感覚で的確に
 伝えていたと思います。
 この指揮者の先生はその後、鎌田中とか三郷中に転任しながらも、着実に実績を
 残している点が素晴らしいですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです(o^ O^)シ彡☆

お久しぶりのメールです(o^ O^)シ彡☆

確かにこの年の課題曲は当たり年で、各部門でもバランス良く金賞が出ていましたね(o^ O^)シ彡☆

ここ最近のコンクールは課題曲選びにバランス悪化が生じてしまっているので、どうかな…(;>_<;)って感じです(;>_<;)

勝ちに行く演奏よりも楽しさの伝わる演奏を目指して欲しいという感はありますね…(;>_<;)

課題曲・・・

esakui69さん

コメントありがとうございます。
そうですね、最近は人気がある課題曲とそうでもない課題曲との間の人気の落差が
少々目に付く感じは確かに否定できませんよね・・・
古い話ですけど、1978年の課題曲で、全国大会で課題曲B/カントが一団体も取り上げられなかったという
極端な事例も過去にはありましたけどね・・・
でも、ホント課題曲も自由曲も奏者の自発的な意思で楽しんで吹いて欲しいものですよね。

そうですね(;>_<;)

確かそうでしたね(;>_<;)

一通りの課題曲の参考演奏を聴きましたが、カントは何か避けたいって感じは有りましたね(;>_<;)

マクベス氏には申し訳ないですが、あれは致し方無い結果ですね(;>_<;)

解釈はしやすいですが、この先は…(;>_<;)って感がありますね…(;>_<;)

「カント」は結局生で聴いた事が無い・・・

「さくら、さくら」というメジャーなメロディーを引用しているのに
なぜかピントが外れた課題曲でしたね・・・
メロディーは親しみやすいのに妙な違和感と言うのか、
例えて言うと、日本の能や歌舞伎をアメリカ人が演じている感覚ですね・・・
この曲、地区予選・県大会でも一度も聴いたことが無かったですね・・・

確かに…(;>_<;)

手拍子を入れたりして新しさを出したかも知れないですが、発想が悪かった様な感がありますね(;>_<;)

何か外国人が作った日本料理の感が致し方無いですね(;>_<;)

でも課題曲の変換って見ていると結構面白いですね( ^∀^)

時代と共に・・・

なるほど、そうですよね。
吹奏楽コンクールの課題曲も、時代と共に色々と変化しているのかも
しれませんよね。
反面、1970年~80年代に見られたようなポップス系の課題曲
(例/ディスコ・キッド、かぞえうた、高度な技術への指標など)が最近とんと聴かれなくなったのは
何か寂しい気はしますね・・・

課題曲

うーん(;>_<;)

確かにポップス系の課題曲って今は無くなりましたね(;>_<;)

自分の現役の頃の課題曲はマーチオンリーかそれ以外のどちらかでした(;>_<;)

個人的には98年のブラジリアン・ポートレートは好きでしたね( ^∀^)

単純な曲ですけど(サンバとワルツの繰り返し)、盛り上がりには持ってこいの曲です(o^ O^)シ彡☆

稲穂の波

そうそう、98年の課題曲Ⅳ/ブラジリアンポートレイトは、ポップス系ではないのだけど、それに近いノリはありましたね。特に財光寺中学の演奏が印象的でした。
98年の課題曲といえば、Ⅱ/稲穂の波は当時結構好きでしたね。
神奈川大学の正統派みたいな演奏が印象的でした・・・

98年といえば

この年の習志野高校の課題曲Ⅰ/童夢もかなり衝撃的でしたね( ^∀^)

演奏途中に奏者がいきなり立ち上がって踊り出すってのも何か不思議な感じでしたね(;>_<;)

この年の課題曲も個性があって個人的には好きなんですが、Ⅳを選ぶバンドがもう少しあっても…って思いましたね(;>_<;)

ある意味この年も課題曲の当たり年なんですが…(;>_<;)
どちらかというと優等生的な選曲メインなのが残念ですね…(;>_<;)

別の年の「抒情的祭り」

あ、習志野の課題曲Ⅰはそう言えばそんな事もありましたね・・・
だけどもっとすごい事例を知っています・・・(笑)
確か1993年頃の関東大会B部門で、神奈川県代表のある高校の
伊藤康英の「抒情的祭り」の演奏の際、途中から奏者の1/3が次から次へと舞台横に消えていったので
何かあると思っていたら、
「ラッセー、ラッセー、ラッセーラー」の掛け声とともに、ハッピをまとった奏者が
踊りながら舞台上に登場し、
会場にいた聴衆をあっと言わせた珍事(?)もありました・・・
あれを目撃出来て、ある意味幸いですね・・・

時代を感じますね

ある意味B部門だから出来る荒業ですね(笑)

A部門でやったら多分失格喰らいますね…(;>_<;)

でもそれぐらい演奏を楽しむ気持ちは大事ですよね(o^ O^)シ彡☆
暗い表情じゃ演奏の楽しさは伝わりませんからね(;>_<;)

Re: 時代を感じますね

esakui69 様

ま、現在ではこうした事が出来る吹奏楽団も皆無と思いますけどね・・・
非常に古い話で恐縮なのですが、
1984年の東京都大会予選で、ウィリアムズの「交響的舞曲第三番・祭り」の演奏中に
奏者全員と指揮者が、マラカスを鳴らし
「指揮者は演奏に参加できない」という規定違反で失格となってしまった例も
あったそうですね。
ま、この曲は底抜けに楽しい曲だから、そのくらい大目に見て欲しい気もしますけどね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1084-4de25b39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |