FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2000年と言うと、前にも書いた通り自分的には「不安な時間」でしたね。
1999年に当時13年間勤務していたある地方銀行が破綻し、破綻管財人が営業譲渡先が
確定するまでは、全てを取り仕切り、
これまでのような「営業ノルマ」とか「目標数値」が無くなった代わりに
淡々と機械的に、預金流失防衛管理と不良債権管理(優良債権と整理回収機構へ売却される
不良債権を明確に分離し、不良債権者達との交渉)を
行う日々でした・・・
ボーナスとかこれまでの業績手当は、ほぼカット・・・
(当時の自分達行員の給料は税金から支払われていましたので
 これは当然ですよね・・・)
だけど一つ良かった点は、意外かもしれませんが、破綻後の方が手取り給与は上がった事・・・
なぜかというと、破綻前は、当時残業は月間70~80時間程度ありましたけど
大体10時間程度残業代が付き、残りは「サービス残業」扱い・・・
破綻後は、国が管理しているためなのか、この点はむしろ厳しくなり
逆に「残響時間」が大幅に少なくなりましたけど
月間20~30時間程度の残業代はきっちりと支払われるようになり
破綻後の方がむしろ手取り給与が増えるという妙な事態になってしまいました・・・
ま、もっとも年収は全行員は「激減」でしたけどね・・・


〇江戸川女子

 Ⅲ/吹奏楽のための神話

 江戸川女子高校と同じ指揮者ですけど、付属という関係があるにせよ、一人の先生が
 中学と高校の両方の指導をされるという事はホント、大変ですよね。
 同じようなケースは、土佐女子にもありましたね。
 江戸川女子高校は、ピンク色のスーツという鮮やかなステージ衣装で、
 バーンスタインの「ディヴェルティメント」とかドビュッシーの交響組曲「春」とか
 アーノルドのピータールーとか色々素晴らしい演奏は聴かせてくれるのですが、
 あと一歩全国に届かない感じでした。
 江戸川女子中学の方は、都大会の常連ではありませんでしたけど、
 高校に先駆けて全国大会出場を決めたのは、何か少し皮肉なものがありました。

 このチームの演奏は、都大会でも聴いたのですけど、
 その時の印象は、一言で述べると
 「クリスタルみたいにもろい感じがし、サウンドがやせ細っている」雰囲気でした。
 特にクラリネットセクションが、何か全員「ガラスのマウスピース」を使用しているみたいな
 金属質的な感じの音がし、全体的にも崩壊寸前の危うさを感じるような演奏でした。
 都大会では、正直あまり上手な学校も無く
 初の全国大会代表の座をゲットしたのですけど、当時の自分の感覚としては
 「うーーん、だけど全国では文句なく銅賞だろうな・・」と予想していました。

 だけどその一か月後の全国大会で改めてこのチームの演奏を聴いて正直驚きました・・・

 課題曲も自由曲も見違えるほどというか別の演奏団体ではないかと思ってしまう程
 都大会の時に比べて格段の進歩がありました。
 何よりもサウンドが驚異的に分厚くなり、
 都大会で感じたクリスタルみたいな響きはほとんど感じませんでした。
 「神話」のティンパニー奏者の打点の効果的な叩き付けも実にツボにはまっていました。
 木管セクションのソロも中々聴かせてくれていました・・・

 でも改めて感じるのですが、
 中学生・高校生の進歩って「無限の可能性」を秘めていますよね。
 わずか一か月で、全国大会初出場にも関わらず、大変な進歩と成長の賜物の演奏を聴かせてくれた
 このチームに、改めて敬意を表したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1081-1c3313c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |