fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


1977年の課題曲

全日本吹奏楽コンクールの課題曲がA~Dまでの四曲で、その内1~2曲がマーチという
スタイルが確立したのは、翌年からで、この年は変則スタイルとなつています。
(中学→ドリアンラプソディー 高校以上→バーレスク 共通→ディスコ・キッド)

課題曲が三つという所なのですが、この年の課題曲は、実によく出来ていると
思います。
ドリアンラプソディーは、不思議な感覚の曲です。妙な哀愁感もありますし、
おちゃらけな部分もあります。
自分の高校の定期演奏会で、自分が卒業した3年後になぜかこの曲を演奏していましたが、
改めて聴いても「不思議」としかいいようがない曲です。
この課題曲は、三木中学校が抜群に良いと思います。自由曲の「天地創造」と合わせて
かなりの名演だと思います。
どうしてもこの年の中学の部の名演というと、今津(運命の力)を想像してしまいますが、
この学校もなかなかのものです。
何より音楽が実に自由なのが素晴らしいと思います。

バーレスクは、同じ作曲家の「仮面幻想」を想起させる曲です。
これは、正直日本人にしかわからないリズムと感性の曲だと思います。
3分半程度のホント、短い課題曲なのですが、中身は濃い曲です。
全体的におどろおどろしい部分がいかにも邦人らしい曲なのですが、
これが「吹奏楽のための神話」の世界を彷彿させるものであり、
おぞましいのだけど、舞踏の感覚も感じられる素晴らしい曲だと思います。
自分自身も、現役の時はこういう課題曲と巡り合いたかったです・・・
この曲の名演は色々あります。
個人的には秋田南高校を推したいのですが(どうしても自由曲の「春の祭典」の
印象が強いのですけどね・・・)
新鮮な感覚という観点では、弘前南を推したいと思います。
この学校は、この年が全国初出場なのですが、それを全く感じさせない
生き生きとした演奏です。
自由曲の「エル・サロン・メヒコ」も今聴くと結構荒っぽい演奏ですけど、
演奏が実に初々しい感覚に溢れています。
聴いていて、とても楽しいと思います。
弘前南は、結果的に初出場のこの年で初金賞を受賞し、5年間金賞を取り続け、
特別演奏を披露しています。
そして、この特別演奏の後は全国には一度も出場していません。
つまり、全国での演奏の全てが金賞という珍しいチームなのです。

また、当初は女性指揮者が3年間振っていましたが、4年目のドリーから
男性指揮者に交代となりましたが、
五年連続金賞の中で指揮者が交代した事例はレアなケースだと思います。
(他には、天理高校と1984~88年の神奈川大くらいかな・・・)

ディスコ・キッドはいま改めて聴くと、本当に奇跡のような自由曲ですよね。

これを選んだ吹連の勇気と見識の高さに敬意を表したいと思います。

前半で、「ディスコ!!」と声をあげているチームとあげていないチームがありますが、
譜面上では、このかけ声は「オプション」だったのでしょうかね・・・?
中には亜細亜大学のように、更に意味不明の叫び声が入っているケースも
ありますが・・・
この曲の名演は、何と言っても瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
(オーボエが非力な所が実に惜しい・・)
他には金津中学校も爽やかな好演を聴かせてくれています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

77年は・・・

私は中2で、ディスコ・キッドと「うんりき」でした。
個人的には、ドリアン・ラプソディーのほうが好きでしたねぇ。

さて、ドリアン・ラプソディーの名演ですが・・・
私は愛媛県大会での松山市立拓南中学校がイチオシです。
拓南中は、当時愛媛県を代表する強豪中学で、課題曲のモデルバンドにも選ばれ、その年の講師をされた上岡洋一先生が、講習会で絶賛していました。

ただし・・・

県大会では講習会で上岡先生に指導されたことなんか全く無視(?)でもしたかのような、講習会とは全く違った解釈で、ド迫力のドリアン・ラプソディーを聴かせてくれました。

もちろん菊間中も素晴しかったんですが、あの拓南中の演奏はそれぐらい凄い演奏でした。
もちろんその音源はレコードで持っていますが、そのうちCDに焼きなおしたいところです。

そして、ディスコ・キッドの掛け声なんですが、アレは当然譜面には書かれていません。

あの掛け声を最初にやったのは、鹿児島県の高校が鹿児島県大会でやったのが最初らしいです。
その演奏が県大会で一大センセーションを巻き起こし、その高校は見事県代表。

しかし、西部大会では、奏法違反を取られて失格となりました。
恐らくあの掛け声で奏法違反を取られた唯一の団体ではないでしょうか。

そのときの指揮者(学生指揮)が、後に大河ドラマのメインテーマを作曲することになる吉俣良氏ということです。(ご本人が雑誌のインタビューで答えてましたからガチだと思うんですけど・・・)

Re: 77年は・・・

なおりパパ  様


難しいですね・・・

「ディスコ・キッド」に掛け声で失格と言うのならば
亜細亜大学とかブリジストン久留米などは「失格」のはずですので
もしかして・・・
支部独自の規定なのかもしれませんよね・・
よく分からないですけど・・・

例えば・・・

昔、確か・・・・都立新宿高校だったと思いますけど
ウィリアムズの交響的舞曲第三番「フィエスタ」を演奏中に、指揮者も全奏者と共に
部分的に「マラカス」を鳴らしただけで奏法違反という事で「都大会予選失格」という事例は
あったそうですね・・・

実は・・・

BS久留米は、当時の西部大会の時点では、あの掛け声をかけてなかっんです。

まぁ、演奏も全国のときと違ってもっとテンポが遅く、かなり無骨な演奏でしたが・・・(指揮も全国大会では山口清高氏でしたが、支部大会のときは小山卯三郎氏でした)

しかし、全国大会では、掛け声による奏法違反を取られた団体は1つもありませんでした。

正直、あれで奏法違反を取られたら、74年の阪急百貨店の「高度」や、81年の青森県信用組合の「東北地方民謡によるコラージュ」なんか一発アウトでしょうねw

恐らく、新宿高校(?)の場合は、奏者以外の【指揮者が「楽器を演奏」した】ということで奏法違反喰らったんじゃないでしょうか。

んなこと言ってたら、演奏中歌いながら指揮している先生方も結構おられるようなのでアレなんですが・・・同じ77年の愛媛県大会の金賞受賞団体のレコードにも、指揮者の声が思いっきり収録されてる団体ありましたからねぇ。。。


Re: 実は・・・

なおりぱぱ 様


ブリジストンは支部と全国では指揮者が違っていたのですね・・知らなかった・・

「東北地方の民謡によるコラージュ」ですけど、あれは作曲者が「楽器の持ち替え等なんでもOK」という
事で、そのあたりは後年の「雲のコラージュ」と同じみたいですね。
コラージュで一番驚いたのは、弘前南がラストのトランペット二重奏を
フルートに置き換えていた事ですね。

指揮者のうなり声・・・

ま、これは・・・クラシック音楽でもよくある話で
小林研一郎さん(コバケンさん)のチャイコフスキー5番なんて、
サントリーホールの後方席で見るとよーく分かるのですけど
ずーーっと唸りっぱなしです・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/108-d1aec7b1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |