FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前にも書いたと思いますが、
全日本吹奏楽コンクールは、1996年以降は、前半・後半の入替制となり、
それ以前は、例えば高校の部なら一枚の入場券でよかったのに、
1996年以降は、一日通しで聴く場合は、前半・後半両方のチケットを買わなければならなくなり
何か面倒くさくなったようにも思えます。
前半が終了すると、一旦普門館から強制的に退出させられ、
改めて後半の部を聴くための行列に並ばないといけないのが
何かうざかったようにも思えます。

全日本吹奏楽コンクールの全国大会、特に高校の部の入場券は、既にこの頃から
「プレミア」みたいな感じになりつつあり、
子の頃も既に結構入手しにくい感じになっていました。
事実、2000年の中学の部は、
「チケットぴあ」で購入したものでしたけど、
これだって入場券発売当日の午前中にぴあに行ったのに、既に後半の部は売り切れていて
前半だけしか購入出来ませんでした・・・
だから、この記事も【後半】は書くことは出来ません・・・

以前にも書いたことがありますが、
私が初めて全国大会・高校の部を生で聴いたのは1984年・・・
だけど、この年の高校の部は土曜でしたけど、
開催日当日に、特に列に並ばなくても普通に「当日券」を購入出来ましたし、
1984年のプログラム一番は、
天理高校/フェスティヴァルヴァリエーションという大注目の内容なのに、
会場の入りは8分程度でした・・・
まだこの時代は、色々な意味でのんびりしていたのかもしれませんね・・・
当日券が買えなくなりつつなったのは1986年あたりからかな・・
自分自身、全国大会の入場券は、1985年~1993年あたりまでは
吹奏楽連盟宛の「郵便振替」を利用しての購入だったかな・・・
この「郵便振替」なんて、現在の学生さんには既に「死語の世界」なのかな・・・??

さてさて、この記事の一つ前の記事にて
2000年当時の自分の置かれた当時の立ち位置について少し触れましたけど、
何か今振り返ってみても、
この時代は「重たい・・・」という雰囲気・印象しかありませんでしたね。
そういう重苦しい雰囲気の中だったから、こうした吹奏楽コンクールを聴くという事は
何か重たい中で「一つの救い」だったような気もします。


〇雄新

 Ⅰ/ローマの祭り

 この学校は、鈴木先生時代は大変見事な名演を数々と聴かせてくれ、その後を受け継いだ白石先生が
 転任された1994年以降は、事情はよく分かりませんが、
 毎年毎年顧問というか指揮者が一年ごとに変わり、生徒さん達も何か気の毒だったような
 気もします。
 この年の雄新は、うーーん、評価が分かれる演奏ですね・・・
 課題曲「道祖神の詩」は、中間部の歌をしっとりと聴かせてくれて大変感受性豊かなチームと
 感じたものの、一転して自由曲の「ローマの祭り」は
 技術的な難しさばかりが目につき、
 良く言えば、「勢いのある演奏」
 悪く言うと、手に負えない難曲に立ち向かったものの、残念ながら討死・・・
 みたいな感じでした。
 課題曲の中間部のように「しっとりした感じ」の曲を選んだ方がかえって良かったような気も
 しました。
 全体に金管セクションが荒削りでミスしまくりで
 演奏に「余裕」というものが全く感じられない演奏だったのですけど、
 トランペットに一人だけ優秀なプレイヤーがいて
 一人「孤軍奮闘」している感じがしていたのが印象的です。
 結果的に、限りなく銅賞に近い銀賞を受賞・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1075-585a24af
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |