FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2/25の記事の一つに
マスネー/歌劇「ル・シッド」のバレエ音楽の事を色々と書かせて頂き、
お勧めCDとして、ルイ=フレモー指揮の演奏をあげましたけど、
実はこのフレモーの指揮は一度だけ生演奏で聴いたことがあります。
1996年の日本フィルの横浜での演奏会だったのですけど、
フランス系のプログラムでしたけど、中々色彩感溢れる演奏を聴かせてくれて楽しかったです。
フレモーは、ちなみにサイモン=ラトルで有名になる前の「バーミンガム市交響楽団」で音楽監督を務め
同響の演奏能力を飛躍的に向上させ、
ラトルにバトンタッチさせた事でも知られています。
この方は、第二次世界大戦中は、フランスの「レジスタンス闘士」としても大変苦労をされた方との事ですが、
中々気骨がある方なのかもしれませんね。

日本フィルの横浜定期
(現在のようにみなとみらいホールではなくて、神奈川県民会館の時代・・)
では、曲目の一つにラヴェルの「ピアノ協奏曲」がありました。
その時のソリストが高橋多佳子さんだったのですけど、
これが実にうっとりさせるほど抒情性の高い演奏で、
特に第二楽章の陶酔感は「素晴らしい!」以外の言葉が出ませんでした。
コールアングレとの絡みが実にお見事で、
自分自身、ラヴェルのピアノ協奏曲はこれまで何度も生で聴きましたけど、
この日の演奏を超越する演奏はいまだにお目にかかっていません。
その位素晴らしい名演でした。

確かこの演奏会から数か月後に高橋さんのピアノリサイタルがあったので
聴きにいきました。
ま、リサイタルといってもそんなに堅苦しいものではなくて
高橋さんの軽妙なトークあり、高橋さん自身による曲解説があったりと
おしゃべりサロンコンサートみたいな感じでした。

高橋さんは、1990年のショパン国際コンクールで5位入賞を成し遂げ、その後もショパンの
作品を年代別に取り上げたCD『ショパンの旅路』(全6集)をリリースするなど、
「ショパン弾き」として高い評価を得ている方ですけど、
その時のコンサートは、子犬のワルツとか比較的ライトで親しみやすい曲を数多く演奏されて
結構楽しかった記憶があります。

個人的な感想なのですけど、
高橋多佳子さんは、確かにショパン弾きなのですけど、
初期の頃のリリース作品で、「ロシア名作集」というCDもポニーキャニオンから出していますが
この中のプロコフィエフの「ピアノソナタ第7番」(戦争ソナタ)の出来が
極めて秀逸と思っています。
たまーには、プロコフィエフとかスクリャービンとかラフマニノフみたいな
ロシアものも聴いてみたいなーとも思います。

そのコンサートの後、
何と会場ロビーで、高橋さんのCD購入者にサイン&握手会というまるでアイドルみたいなイベントも
行われていました。
「これも何かのご縁」と思い、CDを購入し、列に並び、
自分の順番が廻ってきましたけど、
何か妙に緊張してしまって、何を話したか全然記憶にありません。

「〇か月前の横浜でのラヴェルの協奏曲、良かったですよ」なーんて事を言ったら
「ありがとうございます。私もラヴェルのあの曲大好きなんですよ」と笑顔で
言われていたのが印象的でした。

この方のショパンの「ピアノ協奏曲第一番」なんかは是非生で一度聴いてみたいものですね。

この時のCDに記してもらった「サイン」はまだ大切に保管しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1073-80600da9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |