FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇就実高校

 B/「アロンソの結婚」間奏曲

 最近「就実高校」の校名を全国大会ですっかり耳にしなくなりましたね・・
 何かオールドファンとしては少し寂しい気持ちも・・・
 この学校の全盛期だった頃と自分の中学~大学時代が被りますし、
 特に1980年の「ル=シッド」、82年の「幻想舞曲集」の歴史に残るウルトラ名演が
 極めて印象に残りますので、
 何か「就実」と聞くと、当時の記憶・出来事が何かいまだに脳にフィードバックされる感じです。

 現在のスクールバンドは、圧倒的に女の子が多く、
 何か男子生徒は肩身が狭そうですね・・
 見た感じでは、50人中40~45人程度が女の子というチームが多い感じもします。
 自分が吹奏楽に関わり始めた1970年代後半は、
 大体部員の男女の構成比率は50対50という感じだったと思いますし、
 現在のように、精華女子・光が丘・鈴ヶ峯・玉名・江戸川女子・安城学園などの素晴らしい演奏をする
 「女子高チーム」はまだまだ珍しい時代でもあったような気がします。
 1978年に中村学園が女子高校として全国大会に初出場し、
 その翌年にこの就実高校が女子高校として二番目に全国大会出場をなしどけています。

 厳密な話をしますと・・・
 「女の子だけのチーム」の演奏と言うと、
 一般的には、中村学園が初めてという印象が強いと思いますが、
 マニアック的に言うと・・
 (ずっと以前このブログでも取り上げましたけど)
 1960年代前半に、職場の部に
 「林兼産業女子吹奏楽団」というチームが存在し、
 交響詩「フィンランディア」・エルザの大聖堂への行列・組曲「リチャード3世」などの演奏で
 全国大会にも何度か出場し、
 確か一度は三位以内の入賞を果たしています。
 だけど残念ながら、1970年代以降は、その名前を聞く事はなくなりましたけど・・・
 解散したのかな・・・??
 
 古い書籍ですけど、
 1983年頃にエイト出版から出された「吹奏楽と11人の先生」という本があり、
 この中で、就実高校の村松勲先生も取り上げられています。
 いやいや、これを読むと中々面白いものがありますね。
 村松先生自身、地理の先生で、音楽とは実は全く縁もゆかりもない方だったのに、
 昭和30年代に、岡山県で開催された国体のマーチングバンドの就実の指導者として
 たまたま任命され、しぶしぶ引き受け、なし崩し的にそのまま「吹奏楽部」の指揮者兼顧問に
 なってしまったとか、
 村松先生自身は音楽の素人でも、奥様が一日中クラシック音楽のFMを聴いていて、特に
 「スペイン音楽」に造詣が深く、その影響を受けて、就実の自由曲には
 スペイン系の作曲家が多いとか、
 中国大会にまでは進めるのだけど「全国大会」の壁が分厚く、中々全国大会に進めなかったとか
 初出場を決めた1979年の中国大会は、朝から大荒れの台風の中での大会で、
 この年、出雲・川本・基町などの常連校を抑えて初出場を成し遂げ、
 「就実台風」が到来したと感激した話とか
 例えば1982年の課題曲D/サンライズマーチのように、メロディーの中に
 オリジナルで歌詞を付け、部員がこれをハミング・歌う事で、
 「自分達の音楽」として自然とすんなり入り込めるとか
 色々興味深い記事が満載でした。

 この1979年の演奏も、実に「鮮やか!」という印象ですね。
 ヒメネスの「アロンソの結婚」なんて曲、当時誰も知らなかったと思いますが、
 たまたま来日し岡山県で演奏したあるスペインの管弦楽団がこの曲を演奏し、
 「是非この曲を自由曲として演奏したい!」と思った村松先生が、
 直接このスペインの楽団と交渉したり、スコアを当時としては珍しい個人輸入をしたりと
 色々と苦労があったみたいですね。
 課題曲の幾分抑制された感情を一気に自由曲で爆発させてしまったような感じで
 その対比も実に鮮やかでした。
 
 だけどこのチームが真価を発揮するのは、翌年のマスネーの「ル=シッド」です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

懐かしの林兼女子

林兼女子。
よほどのオールドファンかマニアックな方しかわかりませんね。音源も一切残って無いのですから。

いつからかは定かでは無いのですが、1960年代の山口県は中国支部では無く、西部支部(現、九州支部)でした。

87年の福岡県大会コンクール会場で隣席の女性がたまたま林兼女子OGで、ブリヂストンから代表をもぎ取った頃の話を熱く語っておられました。


ちなみに林兼産業は当時大洋漁業が下関市に本社を構えており、吸収されるのを機に吹奏楽部は解散したと聞きました。
最近ではツヅキボウ交響吹奏楽団も似た様な経路で消滅しましたね。時の流れで仕方ない事ですが…何とも寂しい気持ちになります。

訂正

林兼産業は大洋漁業とは兄弟会社ですが、単体で現在も存在してます。

女子バレー部もかつては強かったみたいですが、吹奏楽団は早くに解散したって事でしょうね。

誤った書き込みをした事、お詫びいたします。

林兼産業女子吹奏楽団

渚スコープ様

林兼の事を知っている方からのコメントはありがたいものです。

聞いた話では、当時のステージ衣装は赤のブレザー&白のスカートということですが、
この組合せは市立川口が最初と思っていたら、既にその10年以上前からあったのですね・・・
自分の知人が、昔、林兼のリチャード三世とエルザのトラヤのカスタムテープを所有していて
聴いたことがありますが、
ま、一言で言うと「荒っぽい」感じですね・・・
音がバリバリに鳴らし過ぎています。
だけど「熱さ」は伝わってきます。

就実とか中村学園が全国で活躍する前の時代の丁度過渡期の演奏だったのでしょうね。

ありがとうございます。その時の就実のクラリネットです。

偉大なる就実高校!

ゆうこ 様


就実のOGの方よりコメント頂き大変光栄です!

当ブログの就実高校記事においては、過去に何人かの就実OGの方から貴重なコメントを頂いていたりもしていて
本当にありがたいものがあります。

1979年のプレリュードとアロンソの結婚でもって、念願の全国初出場を果たされたのですけど、
その時の中国大会が台風直撃の大変な豪雨の中での大会だったようで、就実の全国代表は、
「就実台風到来!」と当時話題になっていたようですね。

就実のル・シッドや幻想舞曲集やルーマニア狂詩曲第一番などは私も今でも大好きな演奏です!

最近の全国大会は、精華女子・玉名女子など女子高パワーが大活躍をみせてくれていますけど、そのパイオニア的存在が
中村学園であり就実でありますので、
就実高校の果たされた意義は大変大きいものがあると思います。

現在は男女共学となっているようですけど、2015年にも全国に出場されていますので、今後も過去の先輩たちに
ひけをとらないようなすてきな名演と新しい歴史を期待させて頂きたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1068-836d13ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |