FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近声優の永井一郎さんがご逝去されましたね。
本当にアニメ作品への貢献度は極めて高い方でしたし、まだまだお元気な方でしたので、
正直驚きましたが
とにかく心よりご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

永井さんというと、やはり「サザエさん」の波平が印象的ですし、
やはりあの「バカモーン」の声が聞けないと思うと寂しいですね・・・

前にも書いたと思いますが、自分自身は、2001年以降は土日出勤の業界に在籍していますので、
日曜夕方のテレビは2001年以降は、生ではほとんど見た事がありません。
(ま、もっともプリキュアだけはしっかり毎回録画し、帰宅後の楽しみとしていますが・・・)
だから「サザエさん」も2001年以降は、ほとんど見た事がないですね・・・

個人的には永井一郎さんというと、
うる星やつらの「錯乱坊」(チェリー)が極めて印象的ですね。





この記事の一つ前の記事で「えびてん」というマイナーアニメの事を少し記しましたけど、
この最終回が「うる星やつら」の映画「ビューティフルドリーマー」のパロディーともなっていましたので、
何かついつい「錯乱坊」を思い出してしまいました・・・

「錯乱坊」は、実は原作でも、あたるとしのぶに続いて登場するキャラクターであり、
初期から最終回に至るまでかなり頻繁に登場する名物キャラの一人でしたね。
初期の頃は、何となく錯乱坊自体がトラブルメーカーみたいなものでしたけど、
段々と、役割的には、ストーリーの一種の起爆剤的要素が濃くなり、
物語の中で、何の脈絡もなく唐突に出没して、
ストーリーを強引に展開させていくみたいな役割も持っていて、
その「ひょっこり感」とか「脈絡の無さ」が結構当時大好きでしたね・・・
中盤以降、なぜか「コタツネコ」と行動を共にしている描写が多かったようにも思えますけど、
そのコタツネコもいい味出していましたね・・・

そうそう、「錯乱坊」といえば、その姪でもある、保健室の先生の「サクラさん」も
かなり魅力的なキャラでしたね・・・
インチキ巫女みたいな感じもするのですけど、
ま、妖怪の扱いはかなり手慣れたものの一方で
とてつもない大食いキャラでもあったのですけど、
錯乱坊共々かなり印象に残っているキャラでしたね・・・

でも、ホント、改めて永井さんには
改めて敬意を表したいものですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1065-041bb67a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |