FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


交響曲の世界には、不思議な感覚の曲も色々とあると思います。

自分にとっては、不思議な感覚の曲というのか、
何というのか、
一度死亡し、この世から消え去ったのに何らかの事情によりもう一度蘇って
あの世からこの世を眺めるようなイメージの曲があります。

それが何かというと、マーラーの交響曲第9番なのです。

この曲は、アダージョで始まりアダージョで終わる古典形式を超越した曲なのですが、
それ以上に「死」の香りが終始ぷんぷんしているのも
何か珍しい気がします。

「死」を意識した曲というと、よくチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」と
比較されますが、
悲愴の場合は、曲自体がどことなくセンチメンタルで甘い感じがする反面、
「死」というものを受け入れ難くとらえ、
結局印象としては、後味が悪いようにも感じてしまいます。
というか、悲愴の場合、
「ああ、本当は自分は死にたくない」という生きる事への未練がたらたらで、
決して「浄化」されないようなものを感じとります。
同時にこれまで歩んできた「軌跡」にも後悔たっぷりという感じもします。

一方マーラーの場合、なぜか未練とか後悔という雰囲気はあまり感じとられません。
どちらかというと、
「自分はこんなに精一杯生きたて来たのだから、何をびくびくする必要が
 あるのだろうか。
 これまで歩んできた自分の軌跡には誇りを感じるし、
 この世でやるべき事は十分やってきた。
 後は、神のお召しのなすがままに・・・」という
メッセージを感じとります。

死後の世界から、かつて自分が生きてきた現生と現生の頃の自分を振り返るという
感覚をこの曲から感じ取ってしまいます。

特に第一楽章のホルンの低音から始まり、ハープに響き、テーマに至る部分は
「諦観」というものを感じてしまいます。
一番最初にこの曲をCDで聴いた時は、この出だしだけで、強い感銘を受けてしまいました・・・
スケルツォ的要素の第二・三楽章をはさんでの
終楽章のアダージョは本当に絶品だと思います。
チャイコの悲愴と異なり、その終楽章には未練の文字はありません。
全てを許して、全てを受け入れて、何の未練もなく「死」を受け入れるマーラー自身が
そこに存在しているのかなと思います。

もっともマーラー自身は、この曲を作曲した時点で己の死を意識していたり、未練や後悔が
全くなかったというわけではないのかなとも思えます。
というのも、亡くなる直前まで交響曲第10番の作曲に取り組み、
10番では、死の要素を超越した更にドロドロした世界を描こうとしているからです。

9番作曲の頃は、妻アルマとの別離やいつヨーロッパの表舞台に戻れるのかという不安を
抱え込んでいたと思いますので、
この時点では、一つの終止符を自分自身で打ちたかったのかもしれませんよね。

マーラーの交響曲は、「不安」に対する恐れと超越の二つの香りがする時もあります。
マーラー自身は1910年に亡くなっていますが、
もしも後30位生きていたとしても、
第一次世界大戦の勃発とドイツ=オーストリアの敗北、戦後の混乱、ナチスの台頭、
ユダヤ人に対する迫害など
不安の要素は尽きなかったとも思います。
もしもマーラーがもう少し長生きし、交響曲第10番以降の世界をどう描いていたかは
何か興味深いものはあります。

私自身は、マーラーの交響曲第9番を聴いたのは、96年頃の大友直人指揮/東京交響楽団の
東京芸術劇場シリーズだったと思います。
大友さんが指揮台に立ち、実際に演奏を始めるまでの時間は結構長かったと
記憶していますが、この間というか、緊張感は聴衆の自分にとっても
全く同じでした。
ホルンの低音が響くまでは、自分自身もものすごーーく集中していて
すごい意識が研ぎ澄まされていた感覚がありました。

それから10か月後位に、インパル指揮/東京都交響楽団の演奏も聴きましたが、
こちらは、何と第一楽章の終了後にインパルが舞台袖に休憩のためなのか一旦引っ込んでしまい、
五分後くらいに大汗をかきながら戻ってきましたが、
何となく集中が途切れてしまったような演奏になつてしまったのは、気のせいでしょうか・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/106-29cbe0b0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |