FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2/2より「ハピネスチャージプリキュア」が始まって以来、
何か私、このブログでは、この新しいプリキュアの事ばっかり書いていますね・・・(笑)

そうですね、たまには私の本来のホームグラウンドである
クラシック音楽の事でも書いてみたいと思います。

何かこうやって寒い日が続き、先日の関東の大雪の被害の痕跡を見ると、何かついつい暗くなってしまいがち
なのですけど、
こういう時こそ、何か底抜けに明るくてファンタジーのあるバレエ音楽なんかを聴きたくなります。
そうした場合、うってつけの一曲がありました。

ドリーブ作曲のバレエ組曲「シルヴィア」です。

ドリーブと言うとやはりバレエ音楽「コッペリア」が有名ですし馴染みがあると思うのですけど
この「シルヴィア」も負けず劣らず素晴らしい音楽です。
コッペリアもシルヴィアもバレエ音楽の中から5曲ピックアップされバレエ組曲として編曲されていますけど、
この編曲は共にドリーブ自身によるものではないそうです。

バレエとしての「シルヴィア」は、同じ時代のアダンの「ジゼル」と共に
現代においてもクラシックバレエとして世界中のバレエ団のレパートリーとして完全に定着している事は
凄い事ですよね。
色々と理由はあるとは思いますが、やはり音楽が良いのもその一つの理由かとも思います。

バレエ「シルヴィア」は、ギリシア神話から題材を取っています。

簡単にあらすじを書くと・・・

羊飼いの青年アマンタは、美しい妖精シルヴィアに恋をしてしまつた・・・
しかし、妖精と人間の恋愛はタブーで、二人の恋は元々ご法度もので成就出来そうにもない・・・
そんな二人を愛の神エロスが近づけようするが、悪しき狩人のオリオンがシルヴィアを奪い
自分の洞窟に連れ帰ってしまう・・・
拉致されたシルヴィアはオリオンをお酒で酔いつぶし、
そのすきにキューピットに助けられて洞窟から逃走を図る。
最後は愛の神エロスの慈愛により、めでたくシルヴィアとアマンタは結婚し、
大団円を迎える・・・

確かそんな感じの話だったと思います。

それ程難解なストーリーではないし、音楽も明るく楽しく美しくファンタジーに溢れていますので
実にこのバレエとマッチしているようにも思えます。

このバレエから別の人がアレンジ・編成したのがバレエ組曲「シルヴィア」なのですけど、
以下の4曲から構成されています。

Ⅰ.前奏曲と狩の女神

Ⅱ.間奏曲と緩やかなワルツ

Ⅲ.ピッチカート

Ⅳ.バッカスの行列


印象的なのはⅡかな・・・ 後半のワルツははっとする程美しくロマンに溢れています。

Ⅰは、荘厳な感じで始まりますが、この部分はⅣでも再現されます。
Ⅲは、終始弦楽器のピッチカートが曲全体をリードしますけど、
何かチャイコフスキーの交響曲第4番第三楽章もこういうピッチカートで奏でられる楽章なので
何か似たような雰囲気があります。
そう言えばチャイコもバレエ音楽のジャンルで素晴らしい名作を残していますしね・・
Ⅳは、この組曲の一つの圧巻とも言えるぐらい華やかな音楽が展開されていきます。
出だしのトランペットの響きが極めて印象的です。
ラスト近くで一旦曲が静まり、ティンパニーのソロで再び曲が躍動し、華麗に曲が閉じられていくます。
バッカスと言うと、「ディオニソス神」、つまり酒の宴席の神様なのですけど、
いかにも豪快な酒宴という感じもします。

この組曲、吹奏楽にも編曲され、
たまーにですけど全国大会で自由曲としても演奏されています。

この組曲版をCDで聴く場合、お勧めは、ボニング指揮/ニューフィルハーモニアですね。
よく他の人はアンセルメ指揮盤を勧めるみたいですけど、少しというかかなり録音が古いのが
玉にキズ・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1057-9b26f2ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |