FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年当時は仙台近郊の中学二年でしたけど、
この当時はまだ前年1978年の「宮城県沖地震」の被害跡が全て払拭されていない感じもありました。
勿論、2011年の東日本大震災の甚大な被害よりは、小さい規模かもしれないのですが、
(昨年今年と会社の仕事の関係で何度か仙台に行っていますが、やはり海岸部の被害の痕跡は
 まだ相当大きいみたいです・・・)
この「宮城県沖地震」も相当の被害が出て、
この地震でコンクリートブロックの下敷きで亡くなる方がかなりいて、
それが一つのきっかけで
確かコンクリブロックの間に鉄骨支柱を入れることが確か義務化されたような記憶があります。
事実、自分の通っていた中学の同級生の弟さんが、この地震でコンクリブロックの下敷きとなり
亡くなられています・・・
1978年~79年前半の学校給食もストップされることはなかったものの
確か調理センターの建物に被害が出て、調理が出来ず、
パン・牛乳・ヨーグルト・チーズなどは出るものの
「おかず」はこの期間中は自宅から持ってきても良いという特別ルールが適用されていました。
そうそう、確か翌年の1980年から、自分の中学では学校給食として初めて
「ご飯」が登場し、当時は正直「えー、白いご飯かよ・・・」と驚いたものです。
でも、栗ご飯とかおこわとか五目飯とかたまーに出ていましたので
結構面白かったですね。


〇福岡工大付属高校

 D/狂詩曲「タラス=ブーリバ」

 この学校は、1960年代前半に天理高校から二年に渡って「一位」を奪取し、
 「ローマの松」・チャイコの交響曲第4番終楽章で鮮やかな演奏を聴かせてくれていました。
 だけどこの学校は一度学校倒産という憂き目にあってしまい、
 その後「福岡工業大学付属高校」として蘇るまでは色々と苦労はあったようです。
 その辺りは、1983年にエイト出版から出された「吹奏楽と11人の先生」という本に色々と掲載されています。
 (この本、中々入手出来ないのですよね・・・アマゾンで検索したら何と3万の値が付いていた・・・)
 この学校が十数年ぶりに全国大会に戻ってきた時は、やはり関係者は当時相当感慨深いものは
 あったらしいです。
 そうした事情が背景にあるのかどうかは不明ですが、
 この演奏を一言で述べると「ホットな演奏」です。
 実に熱い!!
感情が、叫びが、気持ちの高ぶりがストレートに伝わってきます。
 後年の洗練された福岡工大付属の演奏と同じ学校と思えないほど、音もサウンドも荒っぽいのですけど
 「何かを伝えたい」という気持ちはストレートにガンガン伝わってきます。
 いや、この演奏は今聴いてもかなり泣けてきますね・・・
 課題曲はこの大会唯一の課題曲Dですけど、
 木管セクションがあまりにひ弱い・・・
 一方自由曲の「タラス=ブーリバ」~予言とタラス=ブーリバの死は
 金管、特にトロンボーンの武骨な響きが半端なくすさまじいです・・・・
 金管セクションは音が割れる寸前までバリバリに鳴らしていますが、
 その悲壮感が実にこの自由曲の「叫び」とマッチしていて、非常にたたみかれるような演奏を
 展開しています。
 拙い部分は多々ある演奏なのですけど、聴いている者に
 「何か」を確実に伝えている演奏だと思います。
 限りなく銅賞に近い演奏なのですけど、ギリギリのところで銀賞をキープ出来て
 良かったと思います。
 だけど、音楽的充実感・感銘度はトップクラスの素晴らしい表現力だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1053-d0c2f4f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |