FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


大分「ハピネスチャージプリキュア」にも慣れてきました。
どうしても前作の先輩プリキュアというかエリート集団(?)の「ドキドキ」の優秀振りに
慣れてしまうと、どうしても最初は
「えっ?、なにこのポンコツプリキュアは・・・」という感じになってしまいがちなのですが、
やはり「キュアラブリー」があまりにも可愛いので
全部許せちゃう感じなのかも・・・
それに今回のプリキュアのポンコツの役割は、「キュアプリンセス」の方ですから・・・

だけど、このプリンセスも中々可愛いのですけどね。
2/16の第三話にて、初めてまともなプリンセスを見たような気もしますけど、
ま、元々この人は「王女様」なのだから、
やればできる娘であり、出来ないのは、リボンの指摘する通り「気持ちの問題」なのかもしれませんよね。

今回の話は、めぐみのおっちょこぶりとか落ち着きの無さ、慌てんぼう振りが
出てきましたけど、
ま、この辺りはいかにも伝統的なピンク系に受け継がれてきたものですね・・・
今回は、プリンセスがフォローに廻り、
ラブリーが初めてサイアークの浄化に成功し初撃破となりましたが、
やはり主人公の敵撃破は、絵柄的にもすっきりとしますね。

ハピネスプリキュアの売りの一つに「フォームチェンジ」があるのですけど、
今回初めて、ラブリーが、通常モード⇒チェリーフラメンコにチェンジしましたけど
中々格好いい・・・
というか化粧をしているせいか、意外と大人っぽい感じがしました。
こうなると早く「ロリホップヒップホップ」へのフォームチェンジも見てみたいものですね。
あれは、公式のHPでも番組内のOPの歌で既にお披露目されているのですけど、
何かあのラブリーの黄色い衣装とツィンテールが気になって仕方がないのですよね・・・
プリンセスのマカダミアフラダンスと合わせて、番組内でのお披露目が楽しみで
仕方が無いですね。





こうした「フォーチェンジ」のプリキュアと言うと、二代目のSSを思い出します。
SSの場合、例えばブルームの場合、花のプリキュアか月のプリキュアになるかは
当人はおろか、パートナーの妖精にすら変身してみないとわからないという
大らかなアバウトさがあり、
映画版では、花⇒月 鳥⇒風にそれぞれ瞬時にフォームチェンジしていますが、
本編では、一度月のプリキュアに変身したら、フォームチェンジは出来ないという
ものでした。

「ハピネスチャージ」の場合、一旦通常フォームで登場し、
一時的にフォームチェンジし、そしてまた元の通常フォームに戻るような感じなので
中々色彩的にも楽しめます。

今回、めぐみのパジャマ姿とかポニーテールをおろした髪形が登場しましたけど
やはり予想通り中々可愛いものでしたね。
というか、パジャマのまま外出するなんて、
やはり少しピンク系らしくアホっぽいのかな・・・??
(そう言えば、昔ハートキャッチでパジャマ姿で学校に来たつぼみもいましたけどね・・・)

「ハピネスチャージプリキュア」では歴代に比べて面白い試みが幾つかありますけど、
その中の一つが、今回出てきましたけど、
「男の子」の存在かな・・・
歴代プリキュアでは、
初代における藤P先輩とか、SSの和也さんとか、プリキュア5ののぞみとココ(こまちとナッツ)のように
上級生への淡い憧れとか、異世界同士の淡い感情とかありましたし、
日常的にプリキュアと同級生の男子が接点を持つというと、
SSの健太とかフレッシュの大輔とかいましたけど、
今回のように、その男の子がプリキュアとしてめぐみとひめを認識し、
プリキュア達との戦闘にも今後関わっていくというのは中々面白い試みですね・・・
今は幼馴染という事でお互いに何も意識していないめぐみと誠司の関係が今後どうなっていくのかも含めて
中々面白くなりそうな雰囲気ですね。
しかもなぜか知らないけど、「恋愛禁止」というルールもあるみたいですから・・・
めぐみと誠司の関係に、ひめも関わっていくのかな・・・
でも現時では、ひめはコミュニティ障害みたいだし・・・・

今回から敵幹部として「ホイシーワ」という女性幹部が登場しましたけど、
どーもこの名前は、「プリキュア5GoGo」のホシイナーみたいで
何か多少被りますね・・・(笑)
ホシイーワの声優さんは、SSで霧生薫とフープを演じた方ですけど、
妖精系と敵幹部を両方演じた方としては、ドーナッツ国王とウエスターを演じた声優さん以来かも・・・

さてさて次回は第一回以来久しぶりに「フォーチュン」も登場するみたいですけど、
早く4人のチームとしての「ハピネスチャージ」も見てみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1052-26f33d3f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |