fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


スマイルプリキュアの前作「スイートプリキュア」のテーマにもなっていましたが、
幸福と不幸は表裏一体、短調があるから長調があるし
不協和音みたいな一見雑音(ノイズ)も、美しいメロディーと融合する要素は
十分にあるという事をメッセージとして
伝わる面もありました。

管弦楽曲の場合、不協和音みたいな響きは、ワーグナー以降はそれが
当たり前のようにもなっていますし、20世紀現代音楽、特に無調的な音楽は、
メロディーも何もあったもんじゃない、不協和音を超えた雑音みたいな曲は
ホント、ごまんとあります。
(正直、聴いていて楽しいとは思わない・・・)

吹奏楽の世界の場合、管楽器の響きやメロディーを堪能する要素が強いせいか、
無調音楽みたいな響きの作品は少ないと思います。
だけど、中には不協和音を前面に出した作品も存在します。
その一つが、ネリベルの世界なのかなーと思います。

ネリベルを初めて知ったのは、「フェスティーヴォ」です。
ネリベルの曲としては、シンプルな曲なのですが、
「遠くから祭りの音が聞こえてくる・・・」というようなイメージを感じさせる曲です。
(ドビュッシーの「三つの夜想曲」より、Ⅱ・祭りもそういうイメージです)
中間部は、鍵盤楽器の繰り返しのリズムをベースにどんどん高潮化していき、
エンディングに入ります。
そういえば、18歳の時に大宮で初めて一人暮らしを始めた夜き、雨の日でした。
少し寂しい気持ちと「これで親から解放されてうれしー、これから一人を満喫できる」と
うれしい気持ちが、何となくフェスティーヴォの世界の曲想にはまったせいなのか、
布団の中で、なぜかこの曲が頭の中で鳴り響いていました・・・

ネリベルには色々と素晴らしい名曲が数多くあるのですが、
不協和音という観点から言うと、「交響的断章」と「アンティフォナーレ」は
双璧だと思います。
高校生の頃、この二曲を知って初めて
「ああ、不協和音も響かせ方によっては、こんなに美しい響きにもなるし
 オルガンみたいな重厚感溢れるサウンドになるものだ」と
感心したものでした。
交響的断章は、そのテンションの落差の大きさには、毎回ゾクゾクするものはありますし、
中間部のシロフォーンのソロリズムには感動してしまいます。
こういう不協和音の塊のような曲でも、パイプオルガンを彷彿とさせる響きにもなり、
人に何かを伝えることができるものなのですね。
アンティフォナーレの、木管楽器の前半のすさまじい不協和音の響きは、
これは「叫び」以外の何物でもないと感じます。
ムンクの「叫び」ではありませんが、
何か正体がわからないものに対する不安やおののき、それに立ち向かっていく絶望感を
醸し出した曲のようにも感じます。
だけど、アンティフォナーレは不協和音の響きは、本当に「美しい」としか
言いようがないのが不思議な所です。

前にも書いたかもしれませんが、
アンティフォナーレは、82年の近畿大学
交響的断章は、同じく82年の愛工大名電が
素晴らしい名演だと思います。

※学校名は記憶にないけど、94年の関東大会・中学B部門にも
 交響的断章を知的に聴かせてくれた学校もありました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/105-701290dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |